親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年10月29日

[工作動画]バンバン当てよう!牛乳パックで的を作って射撃の腕を磨いちゃおう♪

『親子の時間研究所』ではコチラの記事にもあるように、ダンボールやペットボトルで作る空気砲の作り方をご紹介しています。

「空気砲」は空気を"弾"として打ち出すオモチャですが、より楽しく遊ぶためにも「的(まと)」が欲しくなりますよね?
今回は、そんな空気砲遊びや射的遊びが楽しくなる、牛乳パックで作る的の作り方をご紹介したいと思います!

牛乳パックの的(まと)に必要な材料と道具

[材料]

  • 牛乳パック……2本
  • 竹串……2本
  • ストロー……1本
  • 画用紙……2枚
  • 画用紙……数枚

[道具]

  • ハサミ
  • のり
  • マジック
  • キリ
  • ボンド

お家にある余った牛乳パックとストローで今回のオモチャを作ることが出来ますが、厚紙がなかった場合は、ダンボールなどで代用してもOKです。

1.牛乳パックの飲み口を切り落とす

まずは、今回の的作りでは使わない牛乳パックの"飲み口"部分をハサミやカッターを使って、ジョキッと切り落としてください。

スポンサーリンク

2.1の牛乳パックに画用紙を貼りつける

1で飲み口を切り落とした牛乳パックに、のりを使って画用紙を全面的に貼りつけてください。

3.両端からそれぞれ高さ4.5cm、横3.5cmの所にマジックで印をつけ、穴をあける

2の画用紙を貼りつけた牛乳パックの両端から、高さ4.5cm、横から3.5cmの部分にキリを使って、穴をあけます。

4.ストローを3cmずつ切り落とす

1本のストローを3cm程度ごとに切り落とし、的の"骨"となるパーツを作ってください。

5.4のストローに、それぞれ厚紙を貼りつける

4の切り落としたストローに、それぞれ厚紙を貼りつけます。

的の真ん中にストローを通し、厚紙を「十」の形になるように、のりなどを使ってくっつけ、6~8つ程度大きさもバラバラな的を作ります。

6.3の牛乳パックに竹串を通し、さらにその竹串に5で作った的を通す

3の片方の牛乳パックのキリで穴をあけた部分に、竹串を通します。
さらにその竹串に5で作った的を通します。

7.最後にもう片方の牛乳パックにも竹串を通し完成!

6の牛乳パックの反対側に、もう片方の牛乳パックをドッキング!
後は竹串の位置を調整し、竹串に通した的がくるくると回れば完成です。

的に点数を書いたりして遊ぶとわかりやすいよ!

牛乳パック的は、空気砲だけでなく、ゴムや紙を飛ばすオモチャの的としても遊ぶことができます。
また、友だちと射的遊びをする時には、的に「10点」「50点」「100点」と点数を書いておくと、どっちが多くの的に弾を当てたのかがわかりやすくなりますよ、お試しあれ♪

編集部外部ライター 山本

ママの苦手分野を分かりやすくサポートする情報をコラム化します!
「簡単工作レシピ」や「コラムの書き方」など、ママ困ったを解決します。


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう