親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2017年10月3日

【育児あるある☆】寝かしつけのポイント~生活リズム編~

元気がないママと赤ちゃん

つらい気持ちを押し込めて、頑張りすぎていませんか?

子育ては、周りの人の助けがないとできません。

だから、一人で悩まないでくださいね。

眠りの疑問記事をお読みいただくと赤ちゃんのメカニズムがより一層わかりますよ。

今回は、生活リズムを整える事で、寝かしつけをスムーズにするポイントをお伝えします。

ママと赤ちゃんねんね2

■生活リズムを見直してみよう。

人の体には体内時計(体内時計は25時間周期)があります。生後3ヵ月を過ぎると徐々に備わってくると言われています。体内時計の25時間をリセットしてくれるのが、朝日なのです。本来は、太陽の光に合わせた生活がとても理想的です。

では、一度お子さんの生活リズムがどんなだったか書き出してみましょう。

ポイント

眠りのトラブルになりがちな生活リズム

●朝8時を過ぎても寝かしたまま。

●夜9時以降に寝かせている。

●寝に入るまで明るい部屋にいる。

●夜遅くにお風呂に入る。

●外出が少なく部屋にいることが多いい。

●夜中のドライブや、(夜泣き対策で)TVをつけて寝かしつける習慣にしている。

トラブルに繋がる生活リズムを数点書き出してみましたがどうでしょう?皆さんはトラブルリズムありましまか?

私は、夜中のドライブやどうしても夜寝かすのが遅くなってしまっていた事がありました。かえって大変になり困った事につながり自分で反省です。

■どのような生活リズムがいいの?

時計を持つ子ども

モデルケースはありますが、とらわれすぎてしまうと出来ない苛立ちやストレスになってしまうので。ママやパパのリズムと生活習慣のなかで数点ポイントをしっかり押さえられれば大丈夫です。

○朝は8時までに起床

いきなり抱き上げて起こすのはNG!

起きる準備が出来ていないので機嫌が悪くなります。優しく声かけし、反応があればそっとゆすったり体に触れて起こしてみましょう。カーテンを開け朝だと分かる空間にしておきましょう。

朝の儀式を作るのもGood!

例えば、朝にふさわしいようなゆったりした音楽を流しながら起こしたり。

体に触れながらマッサージしながら優しく声かけし起こしたり。

このような、五感の刺激でパッチリお目覚めトレーニングをしてみるのもいいですね。

○日中は外の空気や日光浴(雨じゃない時)

体を程よく疲れさせる事で、夜の眠気を誘うポイントになります。日中に新鮮な刺激を受けた脳は、気持ちよく疲れます。

雨の場合は、家の中を散歩してみたり、体操や室内遊びをしてみてください。

※刺激が強すぎてしまうと脳が興奮しちゃうので、夜寝グズになってしまうので注意です。

○お昼寝は2時間程度にしましょう

新生児はまだまだ起きたり寝たりの時期なので気にせず寝かしてあげましょう。

生後3~4ヵ月位に昼寝などのリズムが定まるのでその子に応じたお昼寝をしましょう。

生後6ヵ月を過ぎたらお昼寝は1日合計2時間ほどにしていきます。この時期が体と心の成長が伸びる時期なので夜をぐっすり寝るとリズムを鍛えられるチャンスです。 午後からのお昼寝は遅くても15時半までには起こしましょう。また、朝寝坊など起こすタイミングがずれてしまった場合、その分のお昼寝を短くしたりして、調節していきます。

ワンポイント

中途半端な時間のお昼寝は寝はじめてから30分前後が起こし時です。レム睡眠(浅い眠り)が来るのがそのぐらいのタイミングなので起こしやすくなります。また、もぞもぞと手足やまぶたや目玉など動かし始めた時そのタイミングですかさず起こしましょう。

○入浴後1時間以内に寝かしましょう

体温が下がるときに眠気が訪れる為、入浴後30分~1時間がベストタイミング。体温が下がり切ってしまうと寝グズになります。

ワンポイント

お風呂が熱すぎると脳が目覚める要因になるので、ぬるめのお湯にゆっくりとつかりましょう。

お風呂後はTVはNGです。興奮しないように絵本やゆったりした音楽で過ごす事がポイントです。

○夜9時までに就寝

ダラダラと起こしてしまうと、脳が疲れきってしまいリセット出来ずに次の日になってしまいます。そのため、朝から夜までグズグズし、子供の成長の妨げになりますので注意しましょう。

全部は無理でも、朝の時間とお昼寝を最低限を守ってみましょう。2点守れば自然と眠気が訪れてくるはずです。

■生活リズムを変えたけど、まだ寝かしつけ大変。

最短でも1週間~2週間は、お子さんの生活リズムを整えるにはかかるとおもいましょう。※個人差あります。

焦らず、ゆっくりといきましょう。

※ここでは、夜間断乳に深くは触れませんが。夜泣きの対策として、1歳前後で離乳食がちゃんと食べており体重の増え方に問題なければ、3日間ぐらい苦労しますが、断乳をおすすめします。1歳になっても夜中に何度もおっぱい欲しがるのは、クセです。

※断乳についてどうしたらよいかは、次回書き下ろしますのでお待ちください。

子ども お姫様ねむり

上記で生活リズムのポイントをお伝えしましたが、そのポイントが全ての子に当てはまるわけではありません。まず型通りにやってみると、その子の個性が見えて来ることがありますので、参考までに見直してみてください。

■保育園に通ってる場合は?

保育園 イラスト

日中は保育士さんがお昼寝など調整してくれるので安心ですよね。

平日の園でのお昼寝や昼食(授乳)の時間を聞いておき、休日にも同じような生活を心がけることにより、お子さんが生活しやすくなります。

夜はやっぱり寝かせるのが遅くなってしまったりしますよね。そこで、効率よく寝かしつけまでの工夫をしときます。

例えば、離乳食は作り溜めストックにしてみたり、夕食はTVを消して食事に集中させて食べるなどするだけでも、かなりの時間を節約できます。

また日中子どもと離れているからと、夜に沢山時間を作って遊ぶのは逆効果です。

朝はスッキリ起き、沢山ご飯を食べて園で沢山遊ぶ事をポイントにし早めに寝かしてあげましょう。

親子関係は、寝る前の30分程度をお子さんの為だけのスキンシップ取る事で、この分濃い時間となるのでそれだけでもGood!それにプラス休日でのスキンシップでok!

 

まとめ

十人十色なのでお子さんにあった生活リズムを探してあげるて、1日を快適に過ごせるようにしてあげましょう。もちろん、ママやパパのリズムに合わせて行かなくてはならないこともありますが、体内時計を狂わせないように上記でお伝えした。朝8時までに起床し遅くても夜は9時までには就寝。昼は寝かしすぎないことを守りつつアレンジしてみてくださいね。

寝かしつけのポイントを3編成でお届けいたします。

ご興味がありましたら以下よりお読みください。

寝かしつけのポイント~眠りの疑問~

寝かしつけのポイント~入眠導入テク~