親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年10月12日

クレーンも動く!ダンボールクレーンゲームを作って景品をGET♪

ゲームセンターに欠かせない定番の「クレーンゲーム」も、実はダンボールで作れちゃうんです。
「えっ、ダンボールでどうやってクレーンゲームを作るの!?」と思わずびっくりしてしまいますよね。

しかも、今回の工作、クレーンを動かして景品を取ることだって出来るんですよ!
どうです、驚きでしょ? それでは気になるその作り方をご紹介したいと思います。

ダンボールクレーンゲームに必要な材料と道具

[材料]

  • ダンボール……2個
  • 紙コップ……1個
  • ストロー ……1本
  • クリアホルダー ……1枚
  • ペットボトルキャップ……1個
  • バネ……1個
  • 強力磁石……1個
  • ハギレ……数枚
  • 色紙(色はお好みで)……2~3枚

[道具]

  • カッター
  • ハサミ
  • ガムテープ
  • マジック
  • 定規
  • マジック
  • ボンド
  • キリ
  • グルーガン

普段、お家ではなかなか使わない材料もありますので、材料を揃える場合は「100均」か「ホームセンター」に行って、必要な道具を揃えるようにしてください。

またダンボールに関しては「箱」状のものを、そのまま展開し、材料とする方が作業を進めやすくなるので、事前に準備しておきましょう。

1.蓋の部分に景品落下口をあける


ダンボールを組み立て、蓋となる部分にカッターを使い「景品の落下口」を作ってください。

この時、カットする「景品の落下口」は正方形(8cm✕8cm程度)になるようにしてください。
(景品が大きい場合は、景品の大きさに合わせてもOK!)

2.ダンボールの側面側に9cm✕12cmの四角い穴をあける


ダンボールの側面部分に長方形(9cm✕12cm)の四角い穴をあけてください。

3.2で切り出したダンボールより、1cmほど大きくクリアホルダーを切り出す


2で切り出したダンボールのパーツをガイドに1cmほど大きく線を描き、その線に従ってクリアホルダーをカッターで切り出してください。

4.3のパーツを本体の「景品取り出し口」部分にガムテープで貼りつけ、ダンボールを箱の形に組み立てる


3で切り出したパーツを本体の「景品取り出し口」部分に一箇所だけガムテープで貼りつけてください。

貼りつけ終わったら、ダンボールの箱を組み立て、底の部分をガムテープで固定しましょう。

5.ダンボールから9cm✕15cmのパーツを切り出し、それを落下口から取り出し口に向けて取りつける


ダンボールから長方形(9cm✕15cm)のパーツを切り出してください。
パーツを切り出したら、それを「落下口」から「景品取り出し口」に斜めになるようにガムテープを使って取りつけましょう。

その後、ガムテープで蓋部分を固定して、クレーンゲームの下部分は完成です。便宜上、1~5の作業で出来たパーツを「A」と呼称します。

6.Aパーツを同じ大きさのダンボールの大きい面を片方のみカットする

カッターを使ってAパーツと同じ大きさのダンボールの「大きい面」を片方のみカットしてください。

7.6で切り出したダンボールの蓋面部分をさらにカット


6で切り出したダンボールの蓋部分をさらにカットしてください。
どちらのパーツも今後使えるので、捨てないように!

8.三面側の小さい面の上側にペットボトルキャップと同じ大きさの穴をあける


6でパーツを切り出された方、三面側の"小さい面の上側"に、ペットボトルキャップと同じ穴をカッターを使ってあけましょう。

穴をあけることが出来たら、蓋をせずにダンボールを組み立てましょう。

9.ペットボトルキャップの内側に木工用ボンドでバネを固定


ペットボトルボトルのキャップの"内側"部分に、ボンドを使ってバネを固定します。
うまくバネが固定できない、という方はグルーガンを使うのもオススメです!

10.7で切り出した「蓋」部分に8の本体の上にのせる

7で切り出した「蓋」部分を8の本体にのせてください。

11.10の蓋部分をダンボールをカットして作り、ガムテープで固定する


10の蓋部分の余分なダンボールをカットして作り、ガムテープで固定します。

見栄えを気にする方は、ガムテープを外側ではなく、内側に貼りましょう。
さぁ、これで本体部分の約半分が完成しました。

便宜上、10で作ったパーツを「B」とします。

12.ストローを4cmの長さにカットします


ストローをハサミで4cmの長さでカットします。

13.3cm✕2.5cmのダンボールを2枚切り出し、それぞれにストローが入る穴をあけてください


余分なダンボールから「3cm✕2.5cm」の大きさのダンボールを2枚切り出し、それぞれの中心部分にストローが入る穴をあけてください。

14.ストローと13のパーツを画像のように組み合わせる


12で切り出したストローと13のパーツを画像のように組み立てて保管しておいてください。

15.紙コップの口部分と同じ大きさのダンボールを切り出し、ボンドで固定する✕2


紙コップの口部分と同じ大きさのダンボールを2つ切り出し、1つをボンドで紙コップの口部分に固定してください。

16.強力磁石を15のパーツにくっつける

15のパーツのダンボール部分に強力磁石を4つ、同じ向きで等間隔にボンドを使ってくっつけてください。

うまくくっつかないという場合は、こちらもグルーガンを使ってもOK。

17.16で作ったダンボールに強力磁石をくっつける


16で作った紙コップと同じ大きさのダンボールに、こちらも16の要領で強力磁石をくっつけて行きましょう。

なお、この時にくっつける強力磁石は16とは"全部逆向き"になるように注意してください。

18.ダンボールからアーム部分のパーツを切り出す

  • 4cm✕5cmのダンボール……2枚
  • アームの形のダンボール……2枚

この2つのパーツをダンボールから切り出してください。

19.ハギレを3.5cm✕本体の高さにカットします


ハギレを横3.5cmに、そして縦は"本体の高さ"と同じ長さになるようにカットします。

20.19のパーツを18で作ったパーツでハサミ、アームを作る


19で切り出したハギレに、18で作ったダンボールのパーツをそれぞれボンドで挟むようにくっつけ、アームを作りましょう。

この時、アームを開き気味にすると雰囲気が出ますよ~!

21.20のパーツに12で切り出したストローをくっつける


20でアームをくっつけた側とは"反対側"に12で切り出したストローをくっつけます。

22.Bのパーツを色紙などで飾りつける


これまでボンドでくっつけたパーツが乾くまで、Bのパーツを色紙などを使って、本物のクレーンゲームの機械のように飾りつけてください。

23.13で切り出したパーツを17にダンボールで貼りつける


13で切り出したダンボールのパーツを強力磁石を貼りつけて作った17のパーツの"裏側"の端から1cm程度の場所に1枚目のパーツをガムテープで貼りつけます。

もう1枚目のパーツを貼りつける前に、22でくっつけたパーツのストロー部分を穴に通し、もう1枚のパーツを貼りつけてください。

24.23のアーム部分に強力磁石を1個ボンドでくっつける


23で作ったアームの中心部分に強力磁石を1個、ボンドでくっつけましょう。

25.3.5✕2cm、高さ7cmの台形型のパーツを切り出す


余っているダンボールから3.5✕2cm、高さ7cmの台形型のパーツを、カッターで切り出してください。

26.1.5cm✕1.5cmの正方形のパーツを5枚切り出す


さらに余っているダンボールから1.5cm✕1.5cmの正方形のパーツを5枚切り出しましょう。

27.25で切り出した台形のパーツの2cm側に26のパーツを重ねて接着


25で切り出した台形のパーツの、小さい上辺側から約2cmの場所に、26で切り出した正方形のパーツをボンドで重ねて、画像のように塔のようにしましょう。

28.27のパーツと9のペットボトルキャップをボンドでくっつける


27で作ったパーツと9で作ったバネがついたペットボトルキャップの"キャップ側"をボンドで下辺から3cm側に接着してください。

この時、正方形のダンボールを重ねた側とは反対側にペットボトルのキャップを接着しましょう。

29.23のストロー部分にキリで穴をあけ、穴に28のバネを通し、ボンドで固定

23で作ったストローの"片端"にキリで穴をあけ、その穴に28のバネを通し、最終的にボンドで固定します。

さぁ、これでアーム部分は完成です!

30.Bのパーツの上に紙コップを置き、その下に29のアームを磁石でくっつける


すでに完成しているBパーツの"蓋側"に磁石がついた紙コップを置き、その"真下"に29で作ったアームが磁石でくっつくように画像のように入れてください。

上手に作れていたら、磁石がついた紙コップを動かすとアームも同じ動きをするハズです。

31.アームについたバネをBの側面に空いた穴にフックで固定

アームのペットボトルキャップ部分から伸びているバネをBパーツの側面の"丸い穴"の部分に、フックで固定します。

上手に出来ている場合は、バネがついたフック部分を前後に動かすことで、バネの長さを調整出来るハズ。

32.AパーツとBパーツをガムテープで固定する

Aパーツの上に31でアームがついたBパーツをガムテープで固定し……。
おつかれ様です! ダンボールクレーンゲームの本体が完成しました~♪

33.景品となるおもちゃにクリップをつける

本体が完成しても、これだけではクレーンゲームは遊べません。
そう「景品」がないと、クレーンを動かすだけのゲームになってしまいますよね?

景品自体はなんでもOK。お菓子でも小さなぬいぐるみでも。
ただし、磁石にくっつくクリップを必ずはさみ、アーム部分の磁石に景品がくっつくようにしてくださいね~!

超大作完成! お友だちと一緒にクレーンゲームで遊ぼう♪

見た目以上に難しい、ダンボールクレーンゲームがやっと完成しましたね!
本物のダンボールクレーンゲームのように、紙コップのコントローラーを使って、アームを動かし、景品が取れた時の感動はひとしお……。

「ありきたりなダンボール工作には、もう飽きた!」という方は、今回のダンボールクレーンゲームに挑戦されてみてはいかがでしょうか?

編集部外部ライター 山本

ママの苦手分野を分かりやすくサポートする情報をコラム化します!
「簡単工作レシピ」や「コラムの書き方」など、ママ困ったを解決します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう