親子の時間研究所

[工作動画]牛乳パック1本で出来る知育に◎な絵合わせパズルの作り方

この記事は約2分で読めます。

親子で一緒に脳トレができる絵合わせパズルが、1本の牛乳パックから出来ちゃいます。

作り方はちょっと複雑ですが、説明通りに作ればちゃ~んと完成するからご安心ください。
ちなみに最後に、この絵合わせパズルの遊び方も説明しているので、コチラも要チェック!

絵合わせパズルに必要な材料と道具

[材料]

  • 牛乳パック……1本

[道具]

  • ハサミ
  • カッター
  • 定規(あると便利)
  • ペン
  • のり

1.牛乳パックを切り開く


牛乳パックをハサミを使って、切り開きます。


スポンサーリンク

2.切り開いた牛乳パックをハサミを使って3等分にする

切り開いた牛乳パックの飲み口を切り落とし。残りの牛乳パック本体がちょうど同じ大きさになるように3等分にハサミでカットしましょう。

この時に定規があると、上手に牛乳パックを3等分することが出来るので、後の作業が楽になりますよ。

3.2の3等分した牛乳パックに動物の絵を描く


2で3等分した牛乳パックの4つの面に、それぞれ2種類の好きな動物の絵を描いて行きましょう。
どんな動物の絵でも良いですが、同じ動物の絵を「1つと3つ」「2つと2つ」「3つと1つ」になるように描いてください。
説明が分かりづらいと思った方は、動画をよく見るか下のような順番で動物の絵を描きましょう。

  • (パーツA)●▲▲▲
  • (パーツB)●●▲▲
  • (パーツC)●●●▲

※●▲は、それぞれ動物の絵を表しています。

4.パーツAとパーツCを四角く組み立てる

3で作ったパーツAとパーツCを四角く組み立てて、それぞれの端と端をのりでくっつけましょう。

5.四角く組み立てたパーツAとパーツCをパーツBでつなげるように組み立てる


四角く組み立てられたパーツAとパーツCの真ん中にパーツBを通し、さらに真ん中を通したパーツBを四角く組み立てて、端と端を4と同じくのりでくっつけたら……完成です!

カンタンに出来る知育オモチャを作って、親子で脳トレしよっ!

牛乳パック1つで、手軽に出来る知育オモチャ「絵合わせパズル」が、これで完成です。
さて、どうやって遊べば良いのでしょうか……という方は、ここでルービックキューブを思い浮かべてください。

この絵合わせパズルは、ルービックキューブのように、バラバラな面に違う動物の絵が描かれていますが、この絵合わせパズルのルールは「1つの四角形のすべての面を同じ動物になるようにする」というもの。

動画のようにガシャガシャとパーツの組み合わせ方を変えると……あら、不思議!
全部の面がウサギさんの四角形が完成します♪

このようにルービックキューブの要領で手軽に知育が出来るオモチャなので、ぜひお子さんと一緒に遊んで、親子で脳トレに励んでみてくださいね~。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク