親子の時間研究所

【私の出産】妊活から出産まで

この記事は約2分で読めます。

はじめまして。
現在9ヶ月の女の子を育てている32歳のママです。

私の妊娠から出産までのお話をしたいと思います。

まずは妊娠に至るまで。

2016年9月に結婚。2017年3月に10年間働いた会社を退職しました。
結婚後から妊活するも全く妊娠せず。5月に不妊専門の産婦人科を夫婦で受診しました。
検査結果は二人とも特に問題なしでした。ただ私の卵巣年齢が高めで妊娠希望であれば急いだ方がいいとのことで次で妊娠しなかったら人工授精を勧められました。

その結果…なんと自然妊娠が発覚。10月に妊娠したことがわかりました。
検査には日数もかかり、来院日も指定されてしまうので仕事を辞めていなかったら検査することも難しかったのではないかと思います。

つわり

妊娠からすぐつわりが始まりました。私の場合、常に気持ち悪いけどご飯は食べられるくらいでした。チョコレートやグレープフルーツが食べたくなりたくさん食べました。
妊娠4ヶ月にはつわりも治まっていたのでかなり軽い方だと思います。

お腹が張ることはよくありましたが順調に育ってくれました。

妊婦健診

赤ちゃんがお腹の中で大きくなるにつれて毎回のように頭が少し大きいと先生から言われていました。
そして、正産期に入ってからの38週の健診では「早めに産まないと頭大きいから出てこれないかも」と言われました。これはまずいと思ってたくさん散歩しました。
焼肉を食べると赤ちゃんが生まれるというジンクスを聞いたことがあったので試してみようと夫婦で焼肉を食べに行こうとしていたら…なんと陣痛が始まってしまいました。


スポンサーリンク

陣痛

朝から軽い生理痛くらいの痛みが続いていましたが出産予定日の11日も前だし今日の夜は焼肉♪と思っていたのでまさかこれが陣痛になるとは思ってませんでした。
午後からだんだん痛みが強くなり夕方には我慢できなくなり産婦人科へ電話。陣痛タクシーに登録していたので主人が電話をしてタクシーに乗って病院へ。
内診ではまだ子宮口が4cmしかあいておらず。生まれるのは明け方かもと言われ、あと何時間もこれが続くのかと絶句。
そのまま入院することになり20:30には子宮口が7cmまであいていました。急に進んだらしく21:30に分娩室に移動。分娩室までの数メートルも歩くのがやっとでした。

スピード出産

分娩室に移動してからはやっと生まれるんだと先が見えてきて頑張れました。
やっぱり最後の最後でも頭が大きくて引っかかってなかなか出てこれず、会陰切開してすぐ生まれました。
22:30頃には生まれたので入院から5時間半のスピード出産で一人目とは思えないと助産師さんからも言われました。

赤ちゃんとご対面

出産後は会陰切開を縫合してから赤ちゃんとご対面。
ずっと頭が大きいと言われてきましたが見た感じは普通サイズで一安心しました。
翌日から母子同室でそこから不眠不休の日々が始まることに…

出産を終えて

実家が近いこともあり、生まれてから里帰りしました。
産後はホルモンの影響で実母に対してもイライラしたり早く家に帰りたいとも思っていました。
里帰り期間は1ヶ月半でその後は家族3人での生活が始まりました。
主人はイクメンと呼ぶには程遠い状態でやっぱり実家が楽だったたなぁと痛感しました。
赤ちゃんのお世話も大変ですがイクメンの教育のかなり大変です。
今現在も寝れない日々が続いてますが家族3人で頑張っています。

最後に~陣痛中に役立ったもの

①テニスボール
陣痛が来るたびにおしりを主人に押してもらいました。だいぶ楽になります。
②ペットボトルのストロー付きキャップ
とにかく喉が渇きます。産後も起き上がらずに飲めるので里帰り中も使ってました。

この2つだけは必ず病院に持っていくことをお勧めします。

 

妊娠から出産は本当に人それぞれ。
私の経験談がこれから出産を控えてる方達の役に立てれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク