親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年8月7日

[工作動画]思わずびっくりな牛乳パックお化け屋敷の作り方

牛乳パックでお化け屋敷が出来ちゃうってホント!?

難易度高めで、ワンランク上の工作をしたいお子さんにオススメな、牛乳パックお化け屋敷の作り方とは……

牛乳パックお化け屋敷に必要な材料と道具

[材料]

  • 牛乳パック……1本
  • ストロー……1本
  • 傘用ビニール袋……1袋
  • ストロー……1本

[道具]

  • カッター
  • ハサミ
  • ホッチキス
  • キリ
  • 黒い油性ペンorカラー油性ペン
  • セロハンテープ
  • 定規(あると便利)
  • ペン(あると便利)

1.牛乳パックの飲み口2ヶ所に10cm程度の切り込みを入れる


洗った牛乳パックの飲み口側の左右2ヶ所に10cm程度の切り込みをハサミで入れます。
間違って、牛乳パックを切り開いてしまわないように注意!

スポンサーリンク

2.切り込みを入れた面を押し込んで蓋を作る


1のハサミで切り込みを入れた面を指でしっかり押し込んでから、飲み口側を閉じましょう。

ハサミで切り込みを入れた側を牛乳パックの内側に入れたら、飲み口をホッチキスでとめ、蓋が開かないようにしましょう。

3.牛乳パックの底から3cm程度のところにストローが通る穴を開ける

牛乳パックの底から3cm程度のところに、キリを使ってストローが通るぐらいの穴を開けましょう。

4.3の反対側に8cm✕6cm程度の窓を作る


3の反対側に8cm✕6cmの窓を作ります。
定規を使って、長さをきちんと測ってから、カッターで切れ込みを入れていきましょう。

この時に四角く切り抜いてしまわないように!

5.傘用ビニール袋を半分に切る


雨の日にスーパーなどに置いてある傘雨用のビニール袋を半分に切ります。
なお、この時に「袋」になっている方を、今回の工作では使いますので、もう片方の袋とごっちゃにならないようにしてください。

6.5のビニール袋にお化けの絵を描いてください


5の袋になっている方のビニール袋に自由にお化けの絵を描きましょう!
動画では、ガイコツの絵を描いていますが、どんなお化けでもOKです。

7.ストローの先端8cm程度をハサミで切り落とす


ストローの先端8cm程度を、ハサミでジョキっと切り落としてください。
ジャバラになっている方を使うので、コチラもやはり切った方のストローとごっちゃにならないように。

8.6にストローを差し込んでテープでとめる


6で作ったお化けの絵が描かれたビニール袋の袋になっていない側にストローを差し込んでから、テープで空気がもれないようにしっかりととめます。

9.8を4の窓側に入れ、穴からストローを通す


8で作ったお化けの袋を4で作った牛乳パックの「窓」側に入れてください。
この時にストローをキリで穴を開けた方から通し、それから袋を入れると、上手にお化けの袋が牛乳パックの中に入りますよ~!

10.牛乳パックを飾り付けたら完成♪


9でほぼお化け屋敷は完成ですが、より見栄えを良くするために、厚紙や色鉛筆などで、お化け屋敷っぽくしましょう。

ちなみに動画のようなお化け屋敷にしたいなら、牛乳パックをアクリル絵の具などで黒く塗り、白い折り紙などで十字架を飾り付けると、それっぽくなりますよ!

思わずびっくり!仕組みが楽しいオモチャを作ってみて♪

牛乳パックと捨ててしまうような、傘袋からこんなに楽しいオモチャが出来てしまうなんて、びっくりですよね。

ちょっと作り方が難しいですが、出来上がった時の感動はひとしお。
「ワンランク上の工作がしたい!」というお子さんは、ぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか?

編集部外部ライター 山本

ママの苦手分野を分かりやすくサポートする情報をコラム化します!
「簡単工作レシピ」や「コラムの書き方」など、ママ困ったを解決します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう