親子の時間研究所

[工作動画]牛乳パックで「サッカーボール」が出来る!?

運動が大好きなお子さんのためのオモチャが、牛乳パックで出来るとしたらステキじゃないですか!?

今回ご紹介する牛乳パック工作は牛乳パックで作る「サッカーボール」です!
牛乳パックで手軽に作れるサッカーボールなら、すぐなくしたり、すぐ壊したりしても大丈夫だから家計にも優しい。

それでは、さっそく必要な材料と道具を見て行きましょう♪

牛乳パックサッカーボールに必要な材料と道具

[材料]

  • 牛乳パック……たくさん(失敗しても良いように)
  • 黒のカラーペーパー ……1~2枚
  • 新聞紙……数枚

[道具]

  • コンパス
  • カッター
  • 定規
  • ハサミ
  • のり
  • ペン
  • ホッチキス

1.まずは型紙を作る


牛乳パックで作るサッカーボールも、普通のサッカーボールと同様にたくさんの五角形を組みあわせて作ります。

画像の1辺3cmの五角形と六角形の型紙を作ります。
この時、のりしろも画像のように切り抜いておきましょう。


スポンサーリンク

2.型紙に合わせて牛乳パックを切り抜く


1でつくった型紙を六角形は20枚。
五角形は12枚作ります。

この時、黒のカラーペーパーも型紙を使って同じように五角形を12枚作ります。

さらに切り抜いた12枚の六角形に黒のカラーペーパーを「のり」で貼り付けていきます。
この時、黒のカラーペーパーを貼り付けた五角形の「のりしろ」に折り目を付けておきましょう。

3.それぞれの、のりしろを「両面テープ」で貼り付けていく


さあ、ココからがタイヘンですよ!
それぞれののりしろに「両面テープ」を貼り付け、画像のように貼り付けて行きましょう。

細かな作業の連続ですが、我慢してがんばりましょう。
「ちょっとココ強度が心配だな……」という部分は、ホッチキスを使ってね!

4.小さく新聞紙をちぎって、ボールの中に入れる


1枚、2枚……と牛乳パックを貼り付けて「あと2面」となったら、最後に小さく新聞紙をサッカーボールの中に入れて行きましょう。

サッカーボールの中がスカスカだと強度がなく、ちょっとした刺激で壊れてしまうので、ショックを吸収させるように新聞紙を小さくちぎって中に入れてください。

サッカーボールの中が新聞紙でパンパンになるようにしたら、最後の2面を先程までと同じ要領で貼り付けて……完成!

作るのがたいへんな分、完成した時の感動もひとしお。
小さなお子さんとせっせせっせと作っていくと親子の絆が深まりそうな気がします♪

牛乳パックサッカーボールは水にも汚れにもある程度、耐えられます!

牛乳パックで出来たサッカーボールは、家の中で遊ぶにはもってこい!

本物のサッカーボールと違って、そこまで重みがあるワケではないので、子どもが家の中で蹴っ飛ばしても、家のモノを壊しにくい。
(ただし、あんまり乱暴にするとモノを倒してしまいますが……)

しかも、牛乳パックはダンボールと違って撥水性があるので、水に強い。

外遊びにも持っていけるので、小さなお子さんと作ったサッカーボールで、お外で遊ぶことだって出来ちゃいますよ~!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
2019-09-05_ad_05_sp