親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年11月26日

鬼ムズ!コントローラーで動かすダンボールピンボールの作り方

自分で作ったコントローラーを使って、ゲームがしてみたいと思いませんか?
まるでテレビゲームのようにコントローラーを使って、ゲームが出来るダンボール工作『ダンボールピンボールゲーム』の作り方を今回はご紹介します。

ダンボールピンボールゲームに必要な材料と道具

[材料]

  • 大きなダンボール……大2枚程度
  • 竹串……3本以上(自信がない人は多めに準備)
  • 爪楊枝……4本以上
  • モーター(DCギアモーター)……2個
  • 四角電池(9V角型電池)……2個
  • 丸いボタンスイッチ……2個
  • 動線(赤・黒)……2本
  • カラー輪ゴム……数十本
  • 太い輪ゴム……1本
  • ハンドスピナー……3個
  • アイスの棒……1本
  • ビー玉……複数個

[道具]

  • グルーガン
  • カッター
  • サインペン
  • 糸(裁縫用でもOK)
  • 接着剤

なかなか自宅では揃えることができない材料がいっぱい!
ホームセンターやネットショップなどで購入することが出来るので、上記リストを参考に、材料を揃えてみてください。

1.ダンボールをくっつけてベースを作る


まずは大きなダンボール(A4以上)をグルーガンを使って組み立て、長方形の箱を作ります。

2.ダンボールを切り出し、ピンボールゲームのパーツを作る

次に、ダンボールを動画と書き文章を参考に切り出してください。

  • A:(小)三角のパーツ✕4
  • B:(中)三角のパーツ✕2
  • C:三角のガイドとなるパーツ✕2
  • D:丸ばった長方形のパーツ✕4
  • E:ピンボールを弾く三角のパーツ✕4

3.2で切り出したパーツを1のパーツに貼りつける

2で切り出したA~Dまでのパーツを2枚ずつ重ねてグルーガンで固定し、さらに1のピンボールゲームのベースに画像のように貼りつけます。

4.竹串をカットし、ベースに通し固定する

3本の竹串を2cmごとにカットし、画像を参考に3のパーツに通してください。
竹串を通し終わったら、裏側からグルーガンを使い竹串を固定します。

5.輪ゴムとハンドスピナー✕3をグルーガンを使って貼りつける

4で通した竹串にカラー輪ゴムを最低でも2本ずつ通し、ボールが跳ね返るトラップを作りましょう。

またハンドスピナーの"中心部分"にのみ、グルーガンを使ってピンボールゲームのベース部分に貼りつけてください。

6.ベースの下側部分に長方形の穴をあけ、その隣に小さい穴をあける

ピンボールゲームのベース部分に、1cm✕2cm程度の四角い長方形の穴をあけます。

その四角い穴の隣に、モーターのピンが通るぐらいの穴をあけてください。
穴をあけたらグルーガンでモーターを固定します。
(この時、モーターのピンが動くように注意して!)

7.Eのパーツを重ねて固定し、裏に2つの穴をあける

Eのパーツを重ねて固定し、裏に2つの穴をあけ、片方の穴には竹串(爪楊枝でも可)
同じものを2つ作ります。

8.6であけた四角い穴に7のパーツを通し、さらに下5cmのところに竹串をさす

7であけた四角い穴の上に8で作ったパーツの竹串を通し、さらにもう1つの穴にはモーターのピンをさします。

8の竹串から5cmほど離れたところに、それぞれ1本ずつ竹串をさします。

9.8の「竹串」に紐を通して動きを制御する

9で通した竹串通しを、紐でつなげて「跳ね上げるパーツ」を固定します。

10.コントローラー型にダンボールをカットし、真ん中に2つのスイッチをはめ込む

好きなコントローラーの形にダンボールをカットし、真ん中にスイッチが2つはまるぐらいの大きさの穴をあけます。

その穴に、それぞれのスイッチを入れ、グルーガンで固定。
さらにスイッチに銅線を通しましょう。

11.コントローラーの側をダンボールで作り、グルーガンで固定

10で作ったコントローラーの側部分をダンボールで作り、グルーガンで固定します。
この時、ダンボールの中から銅線が通るようにしてください。

12.コントローラーに「モーター」と「電池」を接続する

コントローラーから伸びる銅線に「モーター」と「電池」を接続します。
これを左右のモーターにそれぞれ接続。

スイッチを「ON」「OFF」することで"羽"(跳ね上げるパーツ)部分が動けばOK!

13.本体の右角に穴をあけ「竹串」「ダンボール」を通す

本体の右角部分に竹串が通るぐらいの穴をあけます。
さらに四角いダンボール(3cm✕5cm程度)を2つ切り出し、コレをグルーガンで固定。

このダンボールに竹串を通します。
この竹串の下から5cm程度の部分に、ちょっとむずかしいですが穴をあけてください。

14.右角に「アイスの棒」と「輪ゴム」を使ってピストンパーツを作れば完成!

右角の外側に2本に切ったアイスの棒を固定します。
次に13の竹串に穴をあけた部分に輪ゴムを通し、さらにその輪ゴムを、アイスの棒に引っ掛ければ完成です。

超大作!アナタもぜひ『ダンボールピンボール』に挑戦してみて♪

ピストンパーツを引っ張って、ビー玉を発射し。
発射されたビー玉をコントローラーを使って操るというのが本ゲームの楽しみ方です。

本工作は一言で言うなら「超難しい」工作です。
腕に覚えがある方は、ぜひこの機会に完璧に作って遊んでみてね~!

編集部外部ライター 山本

まとめ系や技術系が得意な編集部専属ライター。


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう