親子の時間研究所

[工作動画]キラキラ輝く不思議な光景!牛乳パック万華鏡の作り方

筒をのぞくと、キラキラと輝く不思議な光景が……。
今回は牛乳パックでキラキラと輝く不思議な光景が見られる「万華鏡(まんげきょう)」を作ることが出来ますよ!

それでは気になるその作りかたとは……?

牛乳パック万華鏡に必要な材料と道具

[材料]

  • 牛乳パック……1本
  • 黒い紙(A4程度)……1枚
  • 透明な薄いプラ板……4枚
  • ビーズなど……ひとつかみ程度

[道具]

  • セロハンテープ
  • ハサミ
  • のり
  • ハサミ

1.透明なプラ板を横に並べセロハンテープでそれぞれをくっつける

透明なプラ板3枚を横に並べ、それぞれの端をセロハンテープでくっつけてください。

この時、なるべく指紋などが残らないようにキレイにセロハンテープを貼りましょう。


スポンサーリンク

2.1の透明なプラ板を「△」の形にし、セロハンテープで固定する


1でセロハンテープでくつけた透明なプラ板を「△」の形にし、セロハンテープを使って、「△」の形のまま固定します。

3.プラ板を2の口に合うように三角形に切り出す

2で作ったプラ板の「△」の形の口部分に合うように、プラ板を三角形に2つ切り出してください。

4.2のプラ板の片端から2cm程度の部分をカットする

2で作ったプラ板を片端から2cm程度の部分をカットし、小さい三角柱を切り出してください。

動画では三角柱を切り出す場面がありませんが、イチから小さい三角柱を作るより、すでに作った大きな三角柱から切り出した方が楽ですよ!

5.2の大きな三角柱と3のパーツを組み合わせる

2で作った大きな三角柱のパーツの片端に、3で切り出した三角形のパーツを1枚、セロハンテープを使って貼ります。

6.5で作った本体部分に4で作った三角柱のパーツを貼りつける

5のパーツに4で作った小さな三角柱を貼りつけます。

7.6で貼りつけた三角柱にビーズを入れ、4で作った三角形のパーツを貼りつける

6で貼りつけた小さな三角柱は、まだ蓋をしていないので三角の穴があいています。
この穴部分にビーズを入れ、最後に4で作った三角形のプラ板を貼りつけ穴を塞ぎます。

8.牛乳パックを切り開く

ハサミを使って牛乳パックを切り開いてください。

9.切り開いた牛乳パックの"3面部分"にのりを塗り、黒い紙を貼りつける

8で切り開いた牛乳パックの"3面部分"にだけ、のりを塗ってください。
のりを塗ったら、すばやく黒い紙を貼りつけてください。

10.9のパーツで7のパーツを包み、セロハンテープでとめる

9のパーツで7で作った三角柱のプラ板を包み、セロハンテープでとめてください。

11.黒い紙を三角形に切り、さらに黒い紙に大きめの穴をあける

黒い紙を10で作った本体の三角型の穴を塞ぐように、三角の形に切ってください。
さらに、その三角の紙の真ん中部分に大きめの穴をあけましょう。

12.10のパーツに11のパーツを重ね、セロハンテープで固定する

10のパーツに11のパーツを重ね、セロハンテープで固定します。
さて、これで万華鏡は完成です!

このままでも万華鏡の美しい、不思議な光景を楽しむことが出来ますよ!

お手製のアタッチメントをつけて、よりキレイな牛乳パック万華鏡に!

牛乳パック万華鏡は、コレにて完成です。
でも、動画にあるように、アタッチメントパーツを作ることで、牛乳パック万華鏡をより楽しむことが出来ます♪

また「よし、自分なりにアレンジしてみよう!」という方は、動画を参考に入れるビーズの色や種類を変えてみるのも楽しいですよ~!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク