親子の時間研究所

[工作動画] レモンの皮がキャンドルに!?可愛い、使える工作動画

この記事は約1分で読めます。

お料理を作る時やお菓子を作るときによく使う「レモン」。
まるごとぎゅーっと絞ってそのまま残りはポイ……なんて、ちょっともったいなくないですか?

今回は100均のキャンドルとレモンの皮を使って、可愛いキャンドルを作ります!

レモンキャンドルに必要な材料と道具

[材料]

  • レモン……1個
  • 100均のキャンドル……1個
  • ラメ……お好みで

[道具]

  • スプーン
  • 包丁
  • ボール
  • 割り箸

今回の工作は材料も柔らかいし、加工しやすいものばかりなので、小さなお子さんでも作ることが出来ます。

ただし、1部火を使う工程があるので、その部分だけは大人の人にやってもらいましょう。

1.レモンを2つにカットする

まず、レモンを2つに包丁でカットしてください。


スポンサーリンク

2.ボールの中でレモンの中身をくり抜く

1のレモンの中身、果肉(かにく)の部分をスプーンでぐりぐりくり抜いてください。
くり抜いた果肉を絞って、レモン汁にしても良いし、なにかのジュースに入れても美味しいですよ♪

3.100均のキャンドルを包丁で細かく刻む

100均などで購入することが出来るセットのキャンドルのうちの1つを、包丁を使って細かく刻んでください。

4.刻んだキャンドルをスプーンの中に入れ、ガスコンロで炙る

3で刻んだキャンドルをスプーンの中に入れ、ガスコンロなどで炙(あぶ)り溶かしてください。

この時、キャンドルの「芯」は後で使うので、別に取っておきましょう。

5.2のレモンの中に4の溶けたキャンドルと芯を流し込み、固まれば完成!

2で中身をくり抜いたレモンの中に、4の溶けたキャンドルを流し込み。
最後にキャンドルの芯をちょうど真ん中あたりに割り箸で固定し。
その上からラメなどをふりかけ、キャンドルが固まれば完成です!

捨ててしまうレモンの皮が、ステキなキャンドルに大変身♪

いつもなら、レモン汁を絞ってすててしまうレモンの皮もひと手間加えることで、おしゃれでステキなキャンドルに大変身します!

しかも、この方法を使って、レモンだけでなくミカンやライムなどの果物のキャンドルを作ることだって出来てしまいます。

なお「なんだかとっても、美味しそうだなぁ……」と思っても、当たり前ですが食べられないので、ご注意を!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク