親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年12月21日

[工作動画]ギーギー音色を奏でて遊ぶ「ダンボールギロ」を作ろう♪

音楽の授業などでも使われる、独特の「ギーギー」という音色がする楽器「ギロ」をご存知ですか?
もともとはひょうたんに溝(みぞ)を掘って作る楽器だそうですが、今回はダンボールのギザギザを利用して「ダンボールギロ」を作りますよ!

ダンボールギロに必要な材料と道具

[材料]

  • 牛乳パック✕1
  • ダンボール✕1
  • 折り紙✕複数枚(いろんな種類をいっぱい準備しましょう)
  • 細長い丈夫な棒✕1(割り箸でもOK)

[道具]

  • ハサミ
  • カッター
  • ボンド
  • 布ガムテープ
  • 紙ヤスリ(ない場合は爪切りのヤスリで代用可)
  • クレヨン

動画では、秋っぽい色の折り紙をギロの本体に貼りつけていますが、自分の自由にアレンジしてもOK!
余っている色画用紙や白い画用紙に色を塗ったりして、オリジナルのギロを作ってみてくださいね。

1.牛乳パックの飲み口をハサミでカットする

まず、牛乳パックの飲み口部分をハサミでカットし、切り落としましょう。

スポンサーリンク

2.牛乳パックの両端に布ガムテープで蓋をする

牛乳パックの両端に布ガムテープを使って蓋をしましょう。
さらに、布ガムテープで蓋をした部分に水で溶いたボンドを塗り、画用紙を貼りつけましょう。

3.ダンボールのギザギザを2の牛乳パックに貼りつける

2の牛乳パックにダンボールのギザギザ部分を上にして、ボンドを使い貼りつけます。

4.折り紙をぐちゃぐちゃにしてシワをつけ、指で切り裂く

折り紙(或いは色画用紙)をぐちゃぐちゃに折り曲げ、シワをつけてください。
シワをつけた折り紙を指で動画のように細かく裂いてください。牛乳パック全体を飾るために必要なので、とにかくいろんな色の折り紙を使って、いっぱい裂いてください!

5.牛乳パックに水で溶いたボンドを塗り、その上に4の折り紙を貼りつける

牛乳パック全体に水で溶いたボンドを塗り、さらに4で裂いた折り紙を牛乳パック全体に貼りつけます。

さらに、貼りつけた折り紙の上から水で溶いたボンドを塗って、コーティングします。
これで一応完成ではありますが、動画のようにしたい場合は、次の項目を実践してください。

6.木の棒に折り紙の葉っぱを貼りつける

木の棒の先端を紙ヤスリで削り、削った所にボンドを使って、葉っぱの形にした折り紙を2枚貼りつけます。

7.5の牛乳パックの両端の折り紙にクレヨンで木目を描く

5の牛乳パックの両端の折り紙部分に、クレヨンを使って木目を描いたら……完成!

後はダンボールのギザギザした部分に木の棒をこすりつけて、ギーギー独特な音色を奏でましょう。

細かな作業が結構たいへん? 根気が求められる工作です!

作り方を見ると、結構かんたんに作れそうですが、細かな手順が意外に多いので、完成させるのにはある程度の根気が必要です。

工作初心者には、ちょっと難しいかもしれませんが、腕試しにはもってこい!
気になる方は、ぜひこの機会に「ダンボールギロ」を作ってみてくださいね♪

編集部外部ライター 山本

ママの苦手分野を分かりやすくサポートする情報をコラム化します!
「簡単工作レシピ」や「コラムの書き方」など、ママ困ったを解決します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう