親子の時間研究所

[工作動画]走るぜ!格好いいダンボールプルバックカーの作り方

車のオモチャを自分で作れるとしたら、どうしますか?
実はダンボールとペットボトルの蓋を使って、びゅんびゅん自分で走る「車のオモチャ」を作れるんです。

しかも、輪ゴムを動力として使うので、輪ゴムを巻くと自分で動き出す「プルバックカー」に変身!

さて、見た目は簡単ですが、作り方は難易度高めなので今回の記事をしっかり読んで作ってくださいね♪

プルバックカーに必要な材料と道具

[材料]

  • B5サイズのダンボール……1枚
  • 竹串……3本
  • ペットボトルの蓋……4個
  • 輪ゴム……10本

[道具]

  • ニッパー
  • カッター
  • えんぴつ
  • グルーガン

※ダンボールは竹串が通るほどの穴があいているモノを使うようにしてください。

1.画像を参考にダンボールを切り抜く


画像を参考にダンボールに線を引き、線の通りダンボールを切り抜いてください。


スポンサーリンク

2.竹串を出っ張っている中心部分に通す


1で切り出したダンボールの出っ張っている"中心部分"の前後に、それぞれ竹串を通しましょう。

3.ペットボトルの蓋にカッターを使って穴をあける✕4


ペットボトルの蓋にカッターを使って、穴をあけましょう。
(難しいという方はキリを使ってもOK!)

この作業を4つのペットボトルの蓋全部に行ってください。

4.穴をあけたペットボトルの蓋に竹串を通し、グルーガンで固定する


穴をあけたペットボトルの蓋に竹串を通してください。
これを2回繰り返し、それぞれの竹串の方端にペットボトルの蓋を通し、グルーガンで固定します。

5.4で作ったパーツを2の本体に通し、残りのペットボトルの蓋を固定する


4で作ったパーツの竹串を2の本体に通し、残りのペットボトルの蓋を竹串に通しましょう。

この4のパーツを通す時には、ペットボトルの蓋とダンボールがちょうど当たらないくらい、ちょっと隙間を残して、グルーガンで固定してください。

6.5で通した竹串の余計な部分をニッパーでカットする


5で通した竹串の余計な部分をニッパーでカットし、整えましょう。

7.輪ゴムを2本使って、動力部分を作る


輪ゴムを2本連ねて、動力部分を作ってください。

8.7で作った輪ゴムを後輪側の竹串に固定する

7で作った輪ゴムを後輪側に通し、竹串に固定してください。

9.8の本体に竹串を通し、さらに輪ゴムを通す

8で作った本体にもう1本の竹串を通し、さらにその竹串に輪ゴムを通し、固定してください。

10.それぞれのペットボトルの蓋に輪ゴムを二重に巻いて……完成!


最後に、本体に固定した4つのペットボトルの蓋に、それぞれ輪ゴムを二重に巻いて、ダンボールプルバックカーの完成です!

見た目以上に難易度高め!アナタもダンボールプルバックカーを作ってみよう♪

ダンボールを使って作るオモチャの車には、いろいろありますが中でも、今回紹介した「プルバックカー」は、手順が多いこともあって難易度は高め。

なお、ご紹介した作り方を参考に上にかぶせるパーツを工夫することで、オリジナルのプルバックカーを作れますよ、お試しあれ♪

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク