親子の時間研究所

[工作動画] 布と厚紙で作る!オリジナルの手帳型スマホケース

最近では100均にもバラエティ豊かなスマホケースが売られていますが、どうせなら自分だけのオリジナルスマホケースが欲しくないですか?

今回は布を使って手帳型のスマホケースを作る方法をご紹介しちゃいます!

オリジナル手帳型スマホケース作りに必要な材料と道具

[材料]

  • 厚紙……1~2枚
  • 布……複数枚(色や材質はお好みで)
  • 厚みのある布……2枚
  • 鏡……1枚
  • レース……複数枚
  • 透明なスマホケース……1個
  • 磁石……2個

[道具]

  • ボンド
  • ハサミ
  • カッター
  • 定規

基本的な材料は100均で揃います。もし鏡がない場合はホームセンターなどで探すと手頃な小さな鏡が見つかるかも?

また今回作成する手帳型スマホケースに必要な布はなんでもOK!
自宅にある余った布や着なくなった服を使っても良いですよ~。

1.スマホの大きさに合わせて型を取る

まずは型紙となる厚紙に、スマホケースの型を画像のように取りましょう。
ちゃんとカメラ部分や折りたたむ部分がわかるように、線を引かないと作る時に失敗しちゃうのでご注意を!

スポンサーリンク

2.1の型をカッターで切り取る

1で作った型をカッターで切り取ります。
ここでは便宜上、以下のよう呼称します。

 

  1. A-1……カメラ用の穴が空いていない1枚目の型紙
  2. B-1……カメラ用の穴が空いている1枚目の型紙
  3. A-2……カメラ用の穴が空いていない2枚目の型紙
  4. B-2……カメラ用の穴が空いている2枚目の型紙

 

3.A-1とB-1の片面にボンドを塗り、布を貼りつける

A-1とB-1の厚紙の片面(それぞれ同じ面)にボンドを塗り、お好みの布を貼りつけましょう。

4.A-2とB-2の片面にボンドを塗り、布を貼りつける

 

3の要領でA-2とB-2にもそれぞれ布を貼りつけます。
動画では表面と裏面で異なる布を使っていますが、同じ布同士を使っても、それはそれでオシャレに仕上がりますよ!

5.厚みのある布に3のパーツをそれぞれ貼りつける

動画のように厚みのあるベルトのような布を真ん中に起き、それぞれの左右に3で作ったパーツを貼りつけます。

6.厚みのある布に磁石をくるむ

5で使ったものと同じ厚みのある布の片側に磁石をボンドで固定し、その磁石を布でくるみます。

7.5の片側に磁石をもう片側に磁石を貼りつけた帯をくっつける

5のカメラ用の穴が空いていない側に磁石を貼りつけます。
もう片側に6の磁石を埋め込んだ帯を貼りつけます。

8.7に4で作ったパーツをくっつける

4で作ったパーツを7の上に、それぞれ対応するようにボンドでくっつけます。
なお、この時にカメラ用の穴がふさがってしまわないように注意!

9.鏡の上下左右にレースを貼りつける

本体の裏側に小さな鏡を貼りつけ、さらにその鏡の上下左右にボンドを使ってレースを貼りつけましょう。
なお、この時にボンドをたっぷり使ってしまうと、レースからはみ出て鏡が汚くなってしまうので気をつけてくださいね。

10.9の鏡とスマホケースを8にくっつけたら完成!

9で作った可愛らしい鏡と100均で売られているスマホケースを8で作ったスマホケースの本体にくっつけたら、完成です!

しかも、磁石がくっついているから市販品の手帳型スマホケースのように、パカパカ開けたり、閉じたりすることが出来ますよ。

キレイに作るのは見た目以上に難しい……

今回ご紹介したスマホケースは動画でこそカンタンそうに作っていますが、実際にキレイに作るのは結構たいへんですし、難しいです!

工作難易度は意外に高めなので、ワンランク上の工作を作りたいという方はオリジナルスマホケース作りに挑戦してみてね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう