親子の時間研究所

豊富な種類、妊婦さんのつわり事情。

この記事は約4分で読めます。

【こんなはずじゃなかった…】妊娠初期。

こんにちは、HAPPYchanです。
突然ですが、皆さんつわりは経験されましたか?
食べつわり、吐きつわり、ヨダレつわり、ニオイつわり、etc...
私はつわりが重い方で、全種類制覇したんじゃないかと思います(笑)
今では良い思い出。我が子の成長が感慨深いですね。

コラムをご覧下さっているのは妊娠を経験された方も多いと思いますが、私の妊婦経験談をご紹介させて頂きます!
友人や知人から、3人目だけ辛かった!2人出産してどっちも妊娠悪阻で入院した!とい話も聞きました。ご主人、パートナーも含め、身近な方や妊娠をご希望の方の参考になれば幸いです。

私は娘を授かる前、仕事のストレスがめちゃくちゃ溜まっていました。
月経不順・冷え性・運動不足・乱れた食生活、etc...
帰宅も遅く決して健康的な生活ではありませんでした。
結婚しても赤ちゃんは当分先かなと思っていたところ、なんと直ぐに妊娠。
まさかと思いましたがそれ以上に嬉しくて、検査後トイレで泣いてしまいました。

雑誌などの情報では早くて妊娠5週からつわりが始まるとのこと。
気づいたのが3週目と早かったので、幸せなマタニティライフを夢見て「吐き気も何も無いなあ、ラッキー」くらいに考えていました。そう、あの日が来るまでは・・・。

【つわりの始まり、地獄の始まり】ニオイつわり。

私は生理前とてもむくみやすい体質ですが、いつも以上にむくみが酷く、尋常じゃない程めちゃくちゃ眠い!お腹の子に気づくまで、生理前だからと決め込んでいましたが妊娠超初期症状だったんですね。

そして少し寒気はあったものの、嗜好の変化も無く妊娠5週に突入しました。
ちょうどその頃、結婚式に招待されていたので、美味しいお料理を楽しみにしていました。
もともとお酒は弱かったのですが、少しだけシャンパンを使ったゼリーがとても妙な感じがし、いつもならペロリと平らげる量のお料理がお腹いっぱいに。

何か違う…異変を感じたのはこの日でした。
でも軽いつわりかな?程度で特に気に留めていなかった私。
翌日から旅行だったので浮かれていたのかもしれません。
旅先でなんとなくムカムカするなあ、と感じていましたが夫婦2人きりの楽しい旅行も終わり、お土産や新幹線で食べるお弁当を選んでいた時です。
『うっっっ!』食べ物のにおいに突然吐き気をもよおしたのです。
本当に突然やってきました。

急激な体調の変化で不機嫌になる嫁を目の前に、妊娠はもちろん、つわりの知識が無に等しい主人は別段気にとめる事もなく、1人ビール&お弁当を楽しんでいました。(怒)

その後、少し気持ち悪さが続き数日がたった頃、夫婦でよく飲んでいたコーヒーがあまり美味しくない。何か奇妙な感じがする。
そう感じた数日後、コーヒーの香りが不快になってしまい悪臭にしか感じられない、それは私にとって衝撃的な出来事でした。
まだまだ序の口、そうして徐々につわりが悪化していくのでした。


スポンサーリンク

【ペットボトルが必需品です。】ヨダレつわり。

泉のように湧き出る・・・地味に一番辛かったつわりです。想像しにくいかと思いますが、本っ当に辛いんです!思い返せばニオイつわりが出てきた頃から唾液の量が増えました。

母子手帳をもらいに町役場へ伺った際、保健師さんに唾液の量が増えましたと伝えるとビックリされていたので本当にマイナーな症状なんだなと痛感。
保健師さんいわく、妊娠すると唾液の量が減る方が多いんだとか。
やっぱりちょっと普通と違うんだと思った私は、インターネットで調べこれがヨダレつわりだと知りました。

皆さんどんな対処法をされているのか早速チェック。
ほとんどの方がカバーをした空のペットボトルに出している様子。
途中まで通っていたクリニックの看護師さんも昔ヨダレつわりを経験していたとの事!
「経験者がいた!」私は心の中で歓喜しました。
この辛さをわかってくれる人がいると思うだけで気持ちも上向くものです。

「昔はペットボトルなんてないから、ビニール袋に出してたのよ。出すしかないのよねえ。」
とやはり特に症状を抑える術は無いらしく、私もただひたすら出すのみ。
飲み込めばいいじゃん、と思う事なかれ。飲み込むのも気持ち悪くて出来ません。
次から次に溢れ出てくるので、一言話すのも一苦労。
コンビニで店員さんとのちょっとしたやり取りも一苦労。
外に出るのも億劫になってしまいました。

唯一、友人とおしゃべりしている時は分泌量が減ったように感じます。
ストレスなど心的要因も関係しているのかもしれませんね。

この症状は妊娠後期に入る頃パタッと収まり、やっとあの煩わしさから解放される喜び、心の中で小躍りしました。
ただ、ペットボトルを常に携帯していると水分補給の為と思われるので、トラブルを避ける為にもお店に入った時や事情を知らない方には面倒ですが、一言説明をしておくといいと思います。

実際、飲食店でちょっとした
トラブルになりかけた事があったのでお気をつけ下さい!

【食べつわりから吐きつわりへ】短期間だった症状。

まだニオイつわりが酷く無い頃、数日だけ食べつわりがありました。
食べたくないけど何か食べないと気持ち悪い。だけどニオイが邪魔して
2〜3日単位で食べられるものが変わる…昨日平気だった物が今日から受け付けない…。
けど食べたい、という日々が続きました。
一週間もしないうちに食べつわり〜吐きつわりに変わり、水を飲んでも吐くという日々が続きました。

大好きなアイスクリームやケーキは見るのも嫌。
同じく大好きなレモンなら大丈夫かもしれないとレモン水を試すも大失敗。
つわりでここまで変わるとは想定の大範囲外でした。何か口にしないといけないと思い食べるもやっぱり無理、吐血寸前。脱水症状も現れ、ただ横になっているしか出来ない状況&自分にガッカリでした。

そんな状況でも主人はあまり理解していない様子。
男性の皆様、つわりって死ぬ程辛いんです!
もし奥様や身近の方が苦しんでいたら、背中をさすったり何かして欲しいことは無いか?
など積極的に助けてあげてください!そして積極的に理解しようと努めてあげて下さい。
一番身近な人が、自分の状況や赤ちゃんの事をわかろうとしてくれるのが励みになったりします。

気にかけ過ぎると逆に怒られると思いますが、『え、こんな事で怒るの!?』という事でも妊娠中〜産後間もない頃はイライラしやすいです。
ホルモンの影響や慣れない生活のストレスなど原因は様々ですが、《これも今だけ》と大きな心で受け止めてあげて下さい。

【ニオイは凶器】ニオイつわりの悪化。

様々なつわりが続く中、ニオイつわりが益々悪化。
一番辛かったのは、家の臭いが無理だった事です。
当時は築年数は古いけど綺麗な賃貸に住んでいたのですが、なんとも言えない妙な臭いがし、
それだけで吐き気をもよおす程でした。

自宅では生活できないので、妊娠7週くらいに実家へ逃げ込みました…。
敏感になり過ぎた私の嗅覚は研ぎ澄まされ、義父には犬並みだなと言われました。
家で使っていた洗剤類、柔軟剤はもちろんダメ。ハンドソープは使ったら最後、手に染み付いた香りが消えるまで死ぬ思いでした。
シャンプーも歯磨きも無理!清潔にしたいのに2〜3日に1回シャワーを浴びるのがやっとで、最低限体を拭くという日々でした。
どこにダメなものが潜んでいるかわからない、マスクをしても気休め程度、主人の体臭が無理、空気清浄機が信用できない、というネガティブな感情ばかり出てきます。
ニオイつわりは出産するまで続き、妊娠中ダメだった香りは今も苦手です。

ここまで大袈裟に書き立てていると思っている方、大袈裟じゃありません。
むしろ文章にしきれない部分が多過ぎて足りないくらいです!
そしてこの一連の流れは約2週間の間に起こった変化です。
毎日毎日ちょっとづつ、時には急激に変わる身体と向き合い無事出産まで持ちこたえる。
母は強しとはよく言ったものです。この経験をしてから私は母への見方が変わりました。

まだだまある妊婦トラブル、妊娠中期〜後期編へ続きます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク