親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年8月7日

【工作動画】工学的なスキルが学べる「ルーレット貯金箱」の作り方

牛乳パックをまるまる使い切る大作オモチャをご家庭で!

楽しみながら工学的なスキルも学べる、ルーレット貯金箱の作り方をレクチャーさせて頂きます。

ルーレット貯金箱に必要な材料と道具

[材料]

  • 牛乳パック……1本
  • 竹串(10cmにカット)……1本
  • ストロー(3cmにカット)……4個
  • 厚紙……1枚

[道具]

  • ハサミ
  • カッター
  • 定規
  • ホッチキス
  • ボンド
  • セロハンテープ
  • キリ
  • 色鉛筆(クレヨンなどでも可)

1.牛乳パックの飲み口部分をハサミでカットして切り落とします


牛乳パックの飲み口部分を、ハサミを使ってジョキっと切り落としてください。

2.1の切り口から5cmのところをハサミでカットします


1で飲み口を切り落とした牛乳パックの切り口から、下5cmのところを測って、ハサミでカットしてください。

カットした牛乳パックは、どちらも後で使うのでハサミで丁寧に切りましょう。

3.2でカットした牛乳パックを十字型に折る


2でカットした、小さい方の牛乳パックを画像のように十字型に折ってください。
折り方がよくわからないという人は、動画を詳しくチェックしてね!

4.3の十字型の牛乳パックをホッチキスでとめる


3で折った牛乳パックの真ん中をホッチキスで4箇所ほど、とめましょう。

5.4で出来た羽の先端を5mmの所で折り曲げる✕4


4で出来た4つの羽を「卍」のような形になるように、先端から5mmのところを同じ方向に折り曲げてください。

これを4つの羽全部に行います。

6.5の真ん中に竹串を通す

5のちょうど穴があいている真ん中部分に、竹串を通しましょう。
竹串を通し終わったら、ボンドで竹串を固定します。

7.大きな牛乳パックの四隅にハサミで4cmの切り込みを入れる


2で切り分けた大きい方の牛乳パックの四隅にハサミで4cm程度の切り込みを入れましょう。

8.切り込みを入れた部分を牛乳パックの内側に折る

 

7で切り込みを入れた牛乳パックの切り込み部分を、牛乳パックの内側に折ってください。

牛乳パックの内側に折り込んだら、セロハンテープを使って蓋をしましょう。

9.8の牛乳パックの底から5cmの中心にキリを使って穴をあける

8で折り込んだ牛乳パックの底から5cmの牛乳パックの中心部分の前と後ろに、それぞれキリを使って穴をあけます。

10.穴をあけた方面をカッターで四角く切って、ドアを作る


9の穴をあけた牛乳パックの"穴側"の片面をカッターを使い四角く切り、ドアになるようにしましょう。

11.穴をあけた面の隣にコインが入る細長い穴をあける


10で穴をあけた面の隣側に、ハサミかカッターを使って、コインが入る細長い穴をあけてください。

これがルーレット貯金箱の本体になります。

12.6で作った竹串の両端にストローを通す

6の竹串部分の両端にストローを通してください。

13.12を11に組み合わせる


12の竹串を11で作ったルーレットの本体の穴に通して、合体させます!

14.13の竹串部分にストローを通す


13で穴から出ている竹串に、それぞれストローを通してください。

15.厚紙を丸く切って、色を塗りルーレットを作る

厚紙を丸く切って、画像のように線を引き、自由にイラストを描いてください。
その後、ルーレットのちょうど真ん中部分に、キリを使って穴をあけましょう。

16.15を14の竹串に通して、ボンドで固定すれば完成!


15で作ったルーレットの穴をルーレット本体から出ている竹串に通して、ボンドで固定すればルーレット貯金箱の完成です♪

お疲れ様でした~!

牛乳パックで出来る大作楽しい遊べる貯金箱!

牛乳パックで出来たルーレット貯金箱は、実際に小銭を入れると、クルクルとルーレットが周りだすスグレモノ。

遊びながら工学的なスキルが身につくオモチャをこの機会に、お子さんと一緒に作ってみよう!

編集者YA

まとめ系や技術系が得意な編集部専属ライター!専門的なことはお任せください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう