親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年10月29日

[工作動画]シンプルだけど可愛い♪牛乳パッククリスマスツリーをお子さんと作ろう!

お子さんがいるご家庭では、12月が近づくと「そろそろ準備しなきゃ……」と普段しまっているクリスマスツリーを表に出される方が少なくありません。

もちろん、大きなもみの木があれば言うことはありませんが、今年はいつものツリーだけでなく、子どもと一緒に牛乳パックで可愛らしいクリスマスツリーを作ってみてはどうでしょう?

可愛くデフォルメされた牛乳パッククリスマスツリーは場所も取らないし、何より作って楽しいですよ~!

牛乳パッククリスマスツリーに必要な材料と道具

[材料]

  • 牛乳パック……1本
  • トイレットペーパーの芯……1本
  • 緑色のカラーダンボール……1枚(なければ普通のダンボールでもOK)
  • 手芸綿……1袋程度
  • 緑の画用紙……1~2枚
  • 折り紙(赤・緑・白)……それぞれ1~2枚ずつ

[道具]

  • ハサミ
  • カッター
  • 定規
  • のり
  • セロハンテープ

この中で緑色のカラーダンボール以外は、100均で手に入れることが出来ます。
もし、緑色のカラーダンボールが手元に無いという方は普通のダンボールを絵の具などを使って、緑色に塗って代用すればOKです。

1.牛乳パックを切り開き、4cm幅にカットし4つのパーツを作る

牛乳パックをハサミで切り開き、飲み口をカットします。
その後、4cm幅の同じ長さのパーツを4つ切り開いた牛乳パックから切り出します。

スポンサーリンク

2.1で切り出したパーツを三角にし、テープで固定✕4

1で切り出したパーツをそれぞれ三角にし、テープで固定します。

3.2の三角を組み合わせ画像のような大きな三角を作る

2で作った4つの三角を画像のように組み合わせ、大きな三角を作りましょう。

4.3の大きな三角を画用紙に型取り、のりを使って3のパーツに貼りつける

3で作った大きな三角を緑色の画用紙の上にのせ、型を取ります。
型をとった画用紙をカッターで切り出し、切り出したパーツを3で作った大きな三角の片側に貼りつけます。

5.さらに側面も型取りし、同じように貼りつける

4の要領で、3で作った大きな三角の側面部分も型取りし、緑色の画用紙を3面すべてに貼りつけクリスマスツリーの「葉っぱ」の部分を作ります。

6.トイレットペーパーの芯を半分に切り、貼りつける

5で葉っぱ部分が出来たクリスマスツリーの下部分に、半分に切ったトイレットペーパーの芯を貼りつけ、クリスマスツリーは、ほぼ完成です!

さぁ、これから綺羅びやかに飾り付けていきますよ~♪

7.カラーダンボールのギザギザ部分を6の側面に貼りつける

緑色のカラーダンボールのギザギザ部分が表になるように、6の側面に貼りつけます。

8.7の三角のスキマ部分に綿を詰め、色画用紙などで飾り付けたら完成♪

7のクリスマスツリーの三角形のスキマ部分に、綿を詰めて雪を表現しましょう。
後は色画用紙などを使って、ほんもののクリスマスツリーのように飾り付けたら完成です♪

クリスマス気分を盛り上げる工作を、ぜひ作ってみて♪

牛乳パックでクリスマス気分を盛り上げる可愛らしい工作が完成しました!

簡単に作れる割りには、結構本格的。お家にすでに立派なクリスマスツリーがあるというご家庭も、ぜひこの機会にご紹介した牛乳パッククリスマスツリーを作ってみてはいかがでしょう?

編集部外部ライター 山本

ママの苦手分野を分かりやすくサポートする情報をコラム化します!
「簡単工作レシピ」や「コラムの書き方」など、ママ困ったを解決します。


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう