親子の時間研究所

[工作動画]売り物みたい!オシャレなバルーンライトを100均素材で作ろう♪

ステキなカフェにいった時に「わ、ここ照明もオシャレ~♪」って、思ったことありませんか?

普通に買うとああいった"オシャレ照明"って高いのですが、実は100均の素材でカンタンに作ることができちゃうんです。
風船とボンド。そして、麻ひもでどうやってオシャレなバルーンライトを作るの~!?

バルーンライトに必要な材料と道具

[材料]

  • ゴム風船……1個
  • 麻ひも……1巻
  • 電球……1個
  • 紙コップ……1個

[道具]

  • ハケ
  • ハサミ
  • キリ(普通のハリでもOK)
  • ボンド
  • 水(100cc程度)

工作に必要な材料も道具も、必要なのは少しだけ。
たったこれだけでオシャレな間接照明をどうやって作るのか、不思議になりますが、本当にカンタンにオシャレなバルーンライトが作れちゃうんです!

1.膨らませたゴム風船に水で薄めたボンドを全体的に塗る

まずゴム風船を膨らませ、次に濃い目に水で薄めたボンドをゴム風船全体にハケを使ってベタベタと塗りたくりましょう。

この時にむらなくキレイに塗る必要はありません。塗りむらがあっても良いので、ボンドを濃いめにゴム風船全体に塗っちゃいましょう。


スポンサーリンク

2.ボンドが乾く前に麻ひもでぐるぐる巻きにする

さぁ、ここからは時間との勝負です!
ボンドが乾く前に、麻ひもで1のゴム風船をぐるぐる巻きにしていきます。

上に下に、右に左に……といろんな方向からゴム風船を麻ひもで巻いて、巻いて巻きまくちゃってください!

3.2の上から更にボンドを塗る

2のゴム風船――麻ひもの上にボンドをベタベタと全体的に塗りたくりましょう。
麻ひも全体を塗り残しなく、水で溶いたボンドを塗ったら1日ほど、そのゴム風船を放置して、ボンドをしっかり乾かしてください。

この時、紙コップの上にゴム風船を置いて乾かすとお家が汚れずにすみますよ!

4.風船を割り、100均のライトが入る大きさの穴をあけたらOK

1日乾かした3のゴム風船をハリで割りましょう。
するとキレイにぐるぐる巻きになった麻ひもだけが残ります。

その麻ひものお尻側をハサミでカットして、100均のライトが入る大きさの穴をあけましょう。
最後にその穴から100均のライトを入れれば、バルーンライトの完成です♪

カンタンなのにオシャレ過ぎて超びっくり!

今回の工作は、ゴム風船にボンドを塗って、麻ひもでぐるぐる巻きにするだけ。
ほんとうにたったこれだけの作業で、オシャレなバルーンライトが作れるんですから、びっくりですよね♪

ちなみにバルーンライトの中に入れる電球は安全のことを考えて、火事にならないように表面が熱くなりすぎないものを使うようにしてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク