親子の時間研究所

[工作動画]牛乳パックで手軽に作れる「パッチンカエル」で楽しもう♪

この記事は約2分で読めます。

いつも捨ててしまう牛乳パックで、カンタンに子ども向けのオモチャが作れちゃいます。

しかも、そのオモチャは牛乳パックと輪ゴムだけでOK!

今回ご紹介する手作りオモチャは「パッチンカエル」です。
お手軽に作れるので、まだまだ手先が不器用な小さなお子さんと一緒に楽しむことだって出来ますよ~。

パッチンカエルに必要な材料と道具

[材料]

  • 牛乳パック……1つ
  • 輪ゴム……3つ

[道具]

  • カッター
  • ハサミ
  • 定規
  • マジック

パッチンカエルに必要な材料も道具も、必要な物が少ないので初心者向き!
工作は好きだけれど、イマイチ上手に作れない……という親子にこそ、今回ご紹介するパッチンカエルはオススメです。

それでは、パッチンカエルの作り方を紹介して行きますね!

1.牛乳パックをカッターとハサミで切る

まずは画像のように牛乳パックの"底"の方に、カッターで切り込みを入れ、ジョッキジョッキと切って行きます。

牛乳パックの底が切れたら、次は牛乳パックを潰し、牛乳パックの頭の方をカット!

牛乳パックの上下共に切れたら、次に移りましょう。


スポンサーリンク

2.潰した牛乳パックに5cmごとに印をつける


牛乳パックの上下を切り落とし、潰したら次は5cmごとにマジックで印をつけて行きましょう。

3.印をつけた牛乳パックをハサミで切る


5cmごとに印を付けた牛乳パックを、画像のように横側にハサミで切って行きます。

小さなお子さんは安全のために、なるべく大人の人といっしょにハサミを使ってくださいね!

4.切り分けた牛乳パックに切り込みを入れる


さて、次に切り分けた牛乳パックに、ちょうど画像のようにマジックで印をつけてから、ハサミで軽く切り込みを入れてください。

この時に間違って深く切りすぎないでくださいね!
この部分は、あとで輪ゴムをはめるのに使います。

5.印部分に輪ゴムをはめる✕3


④で出来た牛乳パックの切り込みに、輪ゴムをはめましょう。

さぁ、これでパッチンカエルが完成です!

すでに切り分けられた牛乳パックが3つ出来ているので、残りの2つにも同じように輪ゴムをつければ、パッチンカエルが完成します。

出来たパッチンカエルを3つ連ねて、大きなパッチンカエルにするのもアリ!


牛乳パックと輪ゴムだけで手軽にできるパッチンカエルですが、3つ出来たパッチンカエルを連結させることで、より多く、より高く飛ぶことができるパッチンカエルを作ることが可能です。

ちなみに、このパッチンカエルに色を塗ったり、折り紙を貼ったり、もちろんカエルの絵を描いたりすることで、オリジナルのパッチンカエルを作ることが出来ますよ~!

手軽に作れて、ちょっとした工夫次第でいろんな楽しみ方が出来るパッチンカエルを、ぜひアナタも作られてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク