親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年7月30日

[工作動画]牛乳パックとトレイで水場で遊べる牛乳パック船を作ろう♪

牛乳パックとトレイで、本物の船みたいに動くオモチャが作れちゃう。

お風呂場などで遊べる、動くオモチャの作り方はカンタンです♪

牛乳パック船に必要な材料と道具

[材料]

  • 牛乳パック……1個
  • 発泡スチロールのトレイ……1個
  • 輪ゴム……2本
  • 紙コップ……1個

[道具]

  • カッター
  • 定規
  • ペン
  • 両面テープ
  • ビニールテープ

1.牛乳パックの高さ3.5cmの所に印をつけて、そこからカッターで半分に切る


牛乳パックを横に倒して、横から高さ3.5cmの所にペンで印をつけましょう、
その印を元に、カッターで牛乳パックを真っ二つにカットします。

この時に長めの定規を使うと、牛乳パックをキレイに半分に切りやすくなりますよ~。

スポンサーリンク

2.発泡スチロールのトレイを切り分け、船のパーツを作る


お刺身やお肉などが入っている発泡スチロールのトレイを以下のように切り分けてください。

  • (A)1.5cm✕3cm……2枚
  • (B)7.5cm✕3cm……1枚

3.1で半分に切った牛乳パックの左右にAのパーツを貼りつける


1で半分に切った牛乳パックの片方に、2でトレイから切り分けたAのパーツを牛乳パックの底の方に両面テープなどを使って貼りつけましょう。

この時に、左右に貼りつけたトレイが牛乳パックの底から半分はみ出すようにしてください。
これが牛乳パック船の本体パーツとなります。

4.3で作った本体パーツをビニールテープを貼りつける


3で作った本体パーツの「側面全体」に巻きつけてください。
ビニールテープは粘着力が強く、いろんな所にくっつくので、ご注意を!

5.Bのパーツに輪ゴムを2本くっつける


2でトレイから切り出したBのパーツの真ん中部分に輪ゴムを貼りつけましょう。
この時に輪ゴムの輪っかにBのパーツを通し、その上からビニールテープで貼りつけると上手くいきますよ。

6.5のパーツにをビニールテープで巻く


5で輪ゴムを貼りつけたBのパーツをビニールテープで巻ましょう。

7.6のパーツと4のパーツをドッキング!はみ出しているパーツに、6の輪ゴムをひっかける


6のパーツと4で作った牛乳パック船の本体パーツを組み合わせます。
6のパーツから出ている輪ゴムを画像のように、本体パーツからはみ出しているトレイに引っかけましょう。

8.7に紙コップを乗せてあげれば、牛乳パック船の完成です!


8で出来たお船に、紙コップを乗せてあげれば、牛乳パック船の完成です。
ちなみに、この紙コップに乗客の絵を描くと、本物の船っぽくなりますよ~♪

水に浮かべて、輪ゴムの力で船を動かして遊ぼう!

完成した牛乳パック船をお風呂場などに浮かべ、輪ゴムをクルクルと巻いて、離すと輪ゴムの力で作った船が動き出します。

難しそうに見えて、結構カンタンな工作なのでお風呂場で遊べるオモチャをこの機会に作ってみてはいかが?

編集部外部ライター 山本

ママの苦手分野を分かりやすくサポートする情報をコラム化します!
「簡単工作レシピ」や「コラムの書き方」など、ママ困ったを解決します。


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう