親子の時間研究所

[工作動画] ペットボトルで作る空気車 余ったペットボトルを有効活用!

ジュースや飲料水をよく買うご家庭では、どうしてもペットボトルが余ってしまいますよね……。

でも、そんな余ったペットボトルを使って子どもが喜ぶ空気の力で動く、車のオモチャが出来るとしたら、どうしますか?

ペットボトルを使ったオモチャとしては、やや難易度高めですが小学生ぐらいのお子さんなら、プラモデルを組み立てる感覚でオモチャの車を作ることが出来るでしょう!

ペットボトルで作る空気車

[材料]

  • ペットボトル(四角い500ml)……1本
  • ペットボトル(丸っこい500ml)……1本
  • ペットボトルのフタ……4個
  • ダンボール……1個
  • 竹串 ……1~2本
  • 輪ゴム……6本

[道具]

  • ハサミ
  • カッター
  • 定規
  • キリ
  • ペン
  • セロハンテープ

1.ペットボトルのお尻にキリで穴をあける


ペットボトルのお尻部分にキリを使って、穴をあけましょう。
ペットボトルは見た目以上に硬いので、小さなお子さんは大人の人に手伝ってもらってくださいね!

ちなみに、この時にあける穴は竹串が通るぐらいの太さにしてください。

スポンサーリンク

2.ペットボトルのフタに穴をあける


カッターかデザインナイフを使って、ペットボトルのフタ部分に竹串が通る程度の穴をあけてください。
ペットボトルのフタは思っている以上に硬いので、やっぱりコッチも小さなお子さんは大人の人に手伝ってもらいましょう。

ペットボトルのフタに3個穴をあけてくださいね。

3.穴をあけたペットボトルのフタ✕1の側面を切る


穴をあけたペットボトルのフタの側面部分を画像のようにハサミで切ってください。
ハサミを使って、穴が空いている平らな部分だけが残るようにしましょう。

4.竹串を10cmの長さに切る


竹串を定規で長さを図って、片方が10cm程度の長さになるように印をつけ、ハサミで切ってください。

5.輪ゴムを3本ずつくくり、それを3セット作る


輪ゴムを3本くくり、1本の長い輪ゴムにしてください。
3本の輪ゴムで出来た1本の長い輪ゴムを3セット作ってください。

6.5を竹串にセロハンテープでくくっつける


5で出来た輪ゴム3セットを1本の竹串にセロハンテープをつかって、くっつけましょう。

7.穴をあけたペットボトルのお尻に穴をあけたペットボトルのフタをくっつける


穴をあけたペットボトルのお尻部分に同じく穴をあけたペットボトルのフタをセロハンテープでくっつけましょう。

ペットボトルのお尻にくっつけたペットボトルのフタをセロハンテープでくっつけるとフタの穴が塞がれてしまうので、キリを使ってセロハンテープに穴をあけましょう。

8.7に輪ゴムをつけた竹串を通す


ペットボトルの飲み口から、5で作った竹串を通し輪ゴムを飲み口から出しておきます。

9.ダンボールを丸く切って、タイヤを作る


ダンボールを丸く切って、タイヤを2つ作りましょう。

10.丸っこいペットボトルの飲み口から10cm部分を切り離す


丸っこいペットボトルの飲み口から、10cm程度の部分をハサミで切り離しましょう。

11.10にハサミで切り込みを入れて、プロペラを作る


10にハサミで切り込みを入れて、展開しプロペラを作りましょう。
上手に10を展開できたら、それぞれの羽部分にひねりを入れて、風の力を受け取りやすくします。

12.11に穴をあけたペットボトルのフタをつけ、竹串を通す


11に穴をあけたペットボトルのフタをつけ、竹串を通してください。
竹串を通したら、7の輪ゴムをココで作った竹串にもセロハンテープを使ってくっつけます。

13.12に9で作ったタイヤをくっつける


12に9で作ったタイヤをセロハンテープでくっつけましょう。

さぁ、これで空気の力で動く空気車の完成です!

プロペラを回して、空気の力でペットボトルの車を走らせよう!

やや難易度は高めですが、以上でペットボトルで作る空気で走る車のオモチャの完成です。

プロペラをネジの要領で回し、ゴムの力でプロペラを動かせば、後は勝手に作ったオモチャの車が動き出しますよ~!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク