親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年10月12日

本物そっくり!ダンボールで作る『スウィートランド』でお家がゲーセンに!?

ゲームセンターなどによくあるお菓子がいっぱい入ったゲーム機、アレのことを『スウィートランド』と呼ぶそうです!

今回はダンボールを使って、ゲーセンにある『スウィートランド』を作っちゃいます!
工作難易度はかなり高め……また、材料もたくさん必要なので、事前にしっかり準備しておきましょうね。

スウィートランドに必要な材料と道具

[材料]

  • 大きいダンボール……いっぱい(失敗しても良いように)
  • 飴……たくさん(味はお好みで)
  • 爪楊枝……8本
  • プラスチック製の氷……2袋ほど
  • 透明な丸いボール……1個(100均の料理用ボールで代用可)

[道具]

  • ペン
  • 赤いマジック
  • 定規
  • カッター
  • ビニールテープ(動画では白、お好きな色でもOK)
  • 蛍光テープ(動画ではピンク、お好きな色でもOK)
  • セロハンテープ

1.ダンボールを切り出してパーツを作る

  • (A)八角形(1辺が10cm程度)のパーツ✕1
  • (B)台形(上辺8cm下辺10cm、縦幅20cm)のパーツ✕8

※各パーツの大きさは目安です

まずは上記2つのパーツを大きめなダンボールから切り出しましょう。

2.Aのパーツに大きな丸い穴をあける


Aのパーツにコンパスなどを使って、大きな丸い穴をあけましょう。

動画のように後で使うダンボールマシーンを覆うプラスチックの半円に大きさを合わせると失敗しませんよ!

3.Bのパーツを2にセロハンテープでくっつける


Bのパーツを2で穴をあけたパーツにセロハンテープでくっつけましょう。
強度のことも考えて、セロハンテープをたくさん使い、隙間なくくっつけるように!

4.操作卓に必要なパーツをダンボールから切り出す

  • (C)長方形(8cm✕4cm)のパーツ✕16
  • (D)小さい長方形(8cm✕6cm)のパーツ✕4(四角い穴をあける)

※各パーツの大きさは目安です

ダンボールから上記のパーツを切り出してください。
特にDのパーツには大きな四角い穴と、お釣りを取り出すための小さな四角い穴をあけてください。

5.4で切り出したパーツを組み合わせ操作卓を作り、3にくっつける


4で切り出したパーツを組み合わせ、四角い操作卓を4つ作ってください。
それを3で作ったパーツにセロハンテープなどを使って画像のようにくっつけます。

6.5のパーツを蛍光テープ、ビニールテープを使って飾りつける


5で作ったパーツを蛍光テープと、ビニールテープを使って飾りつけて行きましょう。
操作卓の部分はピンク、真ん中にある本体部分は白いテープで飾りつけ、ゲームセンターにある本物っぽい見た目に近づけて!

7.内部パーツ用のダンボールのパーツを切り出す

  • (E)8角形(1辺6cm)のパーツ大✕1(真ん中に半径3cmの穴をあける)
  • (F)大きな長方形(20cm✕40cm)のパーツ✕1
  • (G)8角形(1辺4cm)のパーツ小✕1
  • (H)太長い長方形のパーツ(14cm✕6cm)のパーツ✕2
  • (I)幅広い長方形のパーツ(10cm✕6cm)のパーツ✕4
  • (J)先が丸い長方形(12cm✕3cm)のパーツ✕4
  • (K)細長い長方形(10cm✕2cm)のパーツ✕4

※各パーツの大きさは目安です

画像を参考に上記パーツを切り出してください。
ちなみにF、Gは実際に組み立てながら、カッターやハサミで大きさを調整すると出来上がりがキレイになりやすいですよ!

8.7で切り出したパーツを組み合わせ内部パーツを作る

◆8-1.E、F、Gのパーツを組み合わせる

Eのパーツを下に、その円の中にFのパーツを通し、Fのパーツの空洞をGで蓋をします。
(それぞれのパーツの接着にはセロハンテープを)

◆8-2.Fのパーツ部分に穴をあけHを通す

その後、Fのパーツ部分に「H」がスルスルと動けるぐらいの四角い穴をあけ、Hを通します。

◆8-3.Iのパーツをさらにくっつける

Fのパーツの下部分に、Iのパーツをくっつけます。

◆8-4.J、Kのパーツを爪楊枝でくっつける

JとKのパーツを爪楊枝を使って、稼働するようにくっつけます。

9.8の内部パーツを蛍光テープでグルグル巻にし、その後「8-4」のパーツを組み合わせ、6のパーツとドッキング!


8でおおよその形が出来た内部パーツを蛍光テープでグルグル巻にして、最後に「8-4」で作ったパーツを爪楊枝で刺し、内部パーツは完成です。

なお、よりクオリティを高めたいという方は、飴が乗っかる動く板部分も動画のようにテープを貼って色分けしてみてください。
(めんどくさい方は白テープだけでも可)

そしてお待ちかね、6で作った本体パーツに内部パーツを組み合わせると、スウィートランドは、8割完成です!

10.それぞれの操作卓にボタンとお金を入れる投入口を作る ✕4


操作卓に白いテープを2枚張り、その上に黄色く塗った丸いダンボールをくっつけ、ボタンを作ります。
次にゲームセンターにある本物みたいに、赤いマジックで「1」「2」の文字を書きましょう。

最後にもう1枚白いテープを細長く切り、下のダンボールごとコインが入るぐらいの四角い穴をあけます。

この作業を4回繰り返してください。

11.プラスチック製の氷と飴を10の中に入れる


プラスチック製の氷と飴を10の中に入れて、ゲームセンターにあるスウィートランドっぽくしましょう!

なお、飴だけでなく、小さな袋に入ったお菓子で代用やかさ増しもOK♪

12.透明のボールを上からかぶせ完成!


最後に透明のボールを11の上からかぶせたら、スウィートランドの完成です♪

本物みたいなクオリティにびっくり! さぁアナタもダンボールで作ってみない?

キレイに蛍光テープやカラーで色分けすることで、本物のスウィートランドに近づきます。
さすがにボタンを押したら動き出す……ということはありませんが、見た目は本当に本物そっくり!

ゲームセンターのごっこ遊びが捗る『ダンボールスウィートランド』をアナタも作ってみませんか~?

編集部外部ライター 山本

まとめ系や技術系が得意な編集部専属ライター。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう