親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年11月26日

[工作動画]高難易度!ペットボトルの中で風車が回る可愛い貯金箱の作り方

空になったペットボトルを有効活用させたいなら、今回の工作はうってつけ!
ペットボトルの中に入れられた風車がくるくると回る姿は、可愛いですよ~♪

しかも、そんなオモチャを自分で作れたならなおさら……ということで、難易度高めの『ペットボトル3段風車の貯金箱』の作り方をご紹介します。

ペットボトル3段風車の貯金箱に必要な材料と道具

[材料]

  • 2リットルのペットボトル……1本※1
  • 牛乳パック……2本
  • 竹串……5本
  • ストロー……2本
  • ビーズ……2個

[道具]

  • 定規
  • 画鋲
  • キリ
  • ペン
  • ハサミ
  • カッター
  • ホッチキス
  • 瞬間接着剤

※1 出来れば柔らかいミネラルウォーターのもの

必要な道具こそ少なめですが、工作難易度は超高め!
それでは細かな作り方をレクチャーして参りますね。

1.ペットボトルの中央にまっすぐ線を引く

ペットボトルのちょうど縦真ん中部分に、ペンを使っても表も裏もまっすぐ線を引いてください。

スポンサーリンク

2.ペットボトルを定規で測り、印をつける

ペットボトルの底から測り、以下の部分(表も裏も)に印をつけましょう。

  • 75mm
  • 162mm
  • 193mm
  • 232mm

この時「193mm」の部分には中央の線から左右35mmの部分に印をつけてください。

3.ペットボトルに穴をあける

2で印をつけた部分に穴をあけてください。

まず画鋲を使って、下穴をあけます。
中央にある穴は、すべて串がスムーズに回るようにやや大きめな穴をあけ、193cmの左右にあけた穴は串が回らないように、やや小さめの穴をあけましょう。

4.さらにペットボトルに線を引く

本体を分割するために、底から「121mm」の部分に線を引きます。
さらに底部分に「30mm✕20mm」の開け口を線で引いて置きます。

5.4のペットボトルを線にあわせてカッターでカットする

4で線を引いたペットボトルの線にあわせてカッターでカットします。

6.牛乳パックの底を切り落とし、幅40mmの線を引きカット

牛乳パックの底部分を切り落としてください。
その後、底を切り落とした牛乳パックを幅40mm、50mmに線を引きカットします。
そして、もう1つ80mm✕50mmの部分にも線を引きカット。

これで「小」「中」「大」それぞれの風車のパーツの材料が揃いました。

7.6でカットしたパーツを使って風車「小」「中」作る

6でカットしたパーツを「十」の形になるように折り曲げ、ホッチキスで止めます。
さらに端から5mm、6mmの部分に線を引きます。

5mmの部分はハサミでカットし、6mmの部分をガイドに端っこ部分を展開します。
これを2回繰り返してください。

8.風車大のパーツを作る

80mm✕50mmの牛乳パックを4等分し、それぞれを中央でおりまげてください。
その後、ホッチキスを使って風車の形に固定し、さらに端から5mm、6mmの部分に線を引き、6mmの部分を展開させてください。

9.「小」「中」「大」の順にストローを取りつける

風車の中央にそれぞれ対応するストローを刺します。

  • 風車小……ストロー23mm
  • 風車中……ストロー18mm
  • 風車大……ストロー18mm

10.風車小から順に竹串で本体に通す

  • 風車小……本体75mm
  • 風車中……本体162mm
  • 風車大……本体193mm

上記のように風車と穴とを対応させ、それぞれに竹串を通してください。
その後、外側にビーズを通してから接着剤を使って竹串を固定し、3つの風車がくるくると回るようなら完成!

見た目以上に高難易度! 上手に作って飾ってね♪

ペットボトル工作は数あれど、ペットボトルの中に風車を入れる工作はコレぐらいのモノでしょう。

細かで正確な作業が要求される本工作に挑戦して、物作りスキルをアップさせてみてはいかが?

編集部外部ライター 山本

ママの苦手分野を分かりやすくサポートする情報をコラム化します!
「簡単工作レシピ」や「コラムの書き方」など、ママ困ったを解決します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう