親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年10月12日

難易度高すぎ! ダンボール魚雷戦ゲームの作り方 ギミック満載で作って楽しい♪

『魚雷戦ゲーム』ってご存知ですか? 『魚雷戦ゲーム』とは2人でパチンコを使って船を沈没させるゲームのこと。

エポック社から販売された『魚雷戦ゲーム』は相手の船に狙いを定めて、パチンコを撃ち出す仕組みになっており、今回のダンボール工作では複雑な仕組みもしっかり再現。

それでは気になる『魚雷戦ゲーム』を、どうやってダンボールから作るのでしょうか?

ダンボール魚雷戦ゲームに必要な材料と道具

[材料]

  • ダンボール……いっぱい(失敗しても良いように)
  • アイスの棒……いっぱい(失敗しても良いように)
  • パチンコ弾……10個~
  • 爪楊枝……いっぱい(失敗しても良いように)
  • サランラップの芯……1本
  • 青い透明プラバン……1枚~

[道具]

  • カッター
  • デザインナイフ
  • コンパス
  • 定規
  • セロハンテープ
  • ボンド
  • ピンバイス(なければキリで代用)
  • ニッパー

1.砲塔部分をダンボールを切り出す


まずは画像のようにダンボールをカッターで切り出しましょう。
動画では3~5cm幅程度にカットしていますが、細かな作業が苦手なお子さんは表記+2~3cm程度大きめにカットしても良いかも知れません。

ちなみに切り出すパーツは下記を参考にしてください。

  • (A)正方形(5cm✕5cm)のパーツ✕1(真ん中にコンパスで円を描く)
  • (B)台形(7cm✕3cm~)パーツ✕2
  • (C)銃(4cm✕2cm)みたいなパーツ✕2
  • (D)凹(5cm✕3cm)パーツ✕1
  • (E)長方形(7cm✕5cm)のパーツ✕1(真ん中に細長い穴をあける)
  • (F)長方形(7cm✕5cm)パーツ✕2(真ん中に正方形の穴、縦5cm部分に真横に切れ目を入れる)
  • (G)L字(0.5cm✕1cm)パーツ✕4(切ったダンボールをL字に曲げる)

※各ダンボールパーツの大きさは目安です。

2.Cパーツをボンドでくっつける


銃のような形をしたCパーツをボンドでくっつけ1つのパーツにしてください。

3.Aパーツの四隅にGのパーツをそれぞれボンドでくっつける


Aパーツの四隅に、それぞれGパーツをボンドでくっつけてください。

4.3のパーツの左側にB、手前側にDをボンドでくっつけ、奥にEをくっつける


3でくっつけたGパーツにボンドを塗って、さらに3のパーツの左側にBのパーツを、そして手前側にDのパーツをくっつけてください。

そして、奥にはEのパーツをくっつけ画像のようにしてください。

5.アイスの棒を切り出しパーツを作る

  • (H)丸い部分(縦幅2cm)✕3(真ん中に穴をあけおく)
  • (I)長方形(縦幅1cm)パーツ2(もっとたくさん作ってもOK)
  • (J)長い長方形(縦幅4.5cm)✕2
  • (k)もっと長い長方形(縦幅5cm)パーツ✕4
  • (L)えんぴつみたいな(縦幅2cm)パーツ✕2(動画7分21秒を参考)

※各パーツの大きさは目安です。

上記パーツを数本のアイスの棒から切り出して下さい。

6.H✕2とI✕1を組み合わせ、画像のようなパーツを作る


5で切り出した「H」と「I」のパーツを使って画像のようなパーツをボンドで接着してつくりましょう。

この時、動画にあるように先に爪楊枝を通すと作りやすくなります。

7.6のパーツをCのパーツと組み合わせる


6のパーツとCのパーツを組み合わせ、真ん中に爪楊枝を芯として通しましょう。
しっかり稼働できていれば、上手に作れている証拠です。

Cのパーツと組み合わせたら、余分な爪楊枝はニッパーでカット!

8.7のパーツと4のパーツ、J、Iを組み合わせる、最後にHをくっつける


7のパーツを囲うように、JとIのパーツを組み合わせ、それを動画を参考に4のパーツのEにくっつけましょう。
なお、この時にCのパーツがEの中で上下に動くように隙間を作りましょう。

そして、最後にCのパーツにHのパーツをボンドでくっつければ、砲塔はほぼ完成です。

9.8のパーツにKを4つくっつけ、Bのパーツもくっつける


8のパーツにあるアイスの棒(J)の上下に、それぞれKのパーツをくっつけ、パチンコのガイドをつくります。

次に中を隠すようにBのパーツを側面にくっつけます。

10.Lのパーツと細長く切ったダンボールをくっつける

Lのパーツと細長く切ったダンボール(1cm✕2cm)をくっつけます。

11.サランラップの芯をカット


サランラップの芯を2cm幅にカッターでカット。

12.サランラップの芯が入る大きさ穴があいたダンボールと大きな四角い穴があいたダンボールを切り出す


画像のようにサランラップの芯が入る大きさの穴があいたダンボールと大きな四角い穴があいたダンボールを、それぞれ切り出してください。

さらに砲身として使うパーツとして、細長く切ったダンボール(1cm✕2cm)をもう1つ切り出します。

丸い穴があいたダンボールを「N」、四角い穴があいたダンボールを「M」、そして砲身として使うパーツを「O」と仮称します。

13.9と10、11、12とFのパーツを組み合わせ砲塔を作る


9の砲塔の本体に、10、11、と12で切り出したパーツを画像のように組み合わせ、土台と砲身を作ります。

画像のようにしっかりと砲塔を作ることが出来たら、最後にFのパーツで蓋をしましょう!
これでダンボール魚雷戦ゲームに必要な砲塔はほぼ完成。

ちょっと大変ですが、この1~13までをもう一度繰り返し、砲塔を2つ作って下さい。

14.アイスの棒を切り出して、船を作る


画像のようにアイスの棒をカッターで切って、切り出しそれぞれのパーツを組み合わせて、お船を作ります。

砲身部分も爪楊枝の先の方をカットして、ボンドでくっつければ立派な軍艦のように見えますよ♪

ある程度、船の形になったらパチンコがあたる的(マト)をくっつけて、船は完成です!
(かなり細かい作業になるので船の絵を描いた紙で代用もOK!)

15.ダンボールを切り出し、マジックで波に見える線を描く

  • (P)29.7×42cm(A3サイズ)パーツ✕1
  • (Q)29.7×52cmパーツ✕1
  • (R)29.7✕5cmパーツ✕2
  • (S)52✕7cmパーツ✕2
  • (T)42✕3cmパーツ✕2
  • (U)5cm✕29.7cmパーツ✕2
  • (V)2cm✕29.7cmパーツ✕2

※各ダンボールパーツの大きさは目安です。

それぞれのパーツをダンボールから切り出したら、Pのパーツに黒マジックで波線を描きましょう。

16.ボンドで15で切り出したパーツを組み合わせ、真ん中に針金を通す

15で切り出したパーツを使って、バトルフィールドを作ります。
イチバン大きなパーツであるQの上にPのパーツを貼りつけ、R、S、T、Uのパーツを囲うようにボンドでくっつけます。

最後に真ん中に針金を通し、しっかり固定したら、バトルフィールドは、ほぼ完成です。

17.青い透明プラバンを切り出し、16のパーツにVを使って固定


A3サイズ程度の青い透明プラバンを画像のように切り出し、16のパーツの上に起き、Vのパーツを使って切り出した青い透明プラバンを挟み込んでバトルフィールドが完成!

18.L字のパーツを切り出す


画像のように29.7×35cmのL字パーツを2つ切り出して下さい。

19.17のパーツに18と2つの砲塔をボンドでくっつけたら完成!


やっとココまで来ましたね!
17で作ったバトルフィールドに18で作ったL字のパーツをくっつけ、最後に対角線上になるように砲塔をボンドでくっつけたら、完成です!

超大作完成! 上手に出来たら友だちに自慢できるよ~

実際に遊ぶ時にはお船をお互いの端っこに引っ掛けるように立て、下にある「的」部分をパチンコで狙って倒し、最終的に船が残っていた方が勝ちとなります。

いや~それにしても、本工作はパーツを切り出すのも大変ですし、ボンドでくっつけるのにもテクニックがいります。
工作初心者にはとてもオススメできませんが「我こそは」という方は、ぜひ頑張って作って欲しい!

この超大作ダンボール工作を完成させたら、友だちに自慢できること間違いなしですよ~!

編集部外部ライター 山本

ママの苦手分野を分かりやすくサポートする情報をコラム化します!
「簡単工作レシピ」や「コラムの書き方」など、ママ困ったを解決します。


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう