親子の時間研究所

[工作動画]作りごたえ抜群!赤ちゃん用牛乳パック椅子の作り方

赤ちゃん用の椅子って1個じゃ足りない時って、ありませんか?
でも、どうせすぐに使えなくなるし、何個もあってもしょうがないし……。

そんなママやもうすぐ弟・妹が生まれるお子さんは、この「赤ちゃん用牛乳パック椅子」の作り方を覚えて赤ちゃんのために椅子を作ってあげましょう!

赤ちゃん用牛乳パック椅子に必要な材料と道具

[材料]

  • 牛乳パック……24本(失敗しても良いようにもっといっぱい準備しましょう)
  • 新聞紙……いっぱい
  • 包装紙や折り紙……いっぱい
  • ダンボール……いっぱい
  • 布製ガムテープ……2本

[道具]

  • はさみ
  • テープ
  • ペン
  • のり(強度が気になる方はボンドを!)

赤ちゃん用の椅子とはいえ、材料となる空の牛乳パックは本当にいっぱい必要です!
事前に準備しておくか、友だちなどから空の牛乳パックをかき集めておいてくださいね。

1.牛乳パックを切り開き、山型に切る✕24

牛乳パックを切り開き、さらに「飲み口」と「お尻」の部分を山型にハサミでジョキジョキと24本全部切りましょう。
残念ながらすべて手作業で行わなければなりません……。

少しでも作業の負担が楽になるよう「24本の牛乳パックを切り開く」「飲み口を山型に切る」「お尻部分を山型に切る」というように作業の順番を工夫することをオススメします。

スポンサーリンク

2.1の牛乳パックを三角にする✕24

次は1で切り開き、山型に切った牛乳パックをテープを使って、動画のように折りたたみ三角の形にしてください。

もちろん、これも24本全部です!

3.5本の牛乳パックを組み合わせ1つのブロックを作る✕2

5本の三角に追った牛乳パックを組み合わせ、1つのブロックを作りましょう。
画像のような形になったら、テープで牛乳パックを仮止めします。

これを2セット作ります。

4.7本の牛乳パックを組み合わせ1つのブロックを作る✕2

次は7本の牛乳パックを組み合わせ、3の要領でさらに大きな1つのブロックを作ります。
こちらもブロックが崩れてしまわないように、テープで牛乳パックを仮止め。

そして、これも2セット作ります。

5.3と4の牛乳パックを組み合わせ、椅子の形にする

3と4で作ったブロックを組み合わせ、1つの椅子の形にしましょう。
大きな椅子の形になったら、やはりコチラも一旦テープで仮止めしましょう。

6.5の牛乳パックを布製ガムテープでしっかりと固定する

5の牛乳パックを布製ガムテープで2箇所巻き、ちょっとやそっとじゃ崩れないように力を入れて固定してください。

7.6の牛乳パックの座面をダンボールで型取りする

6で赤ちゃん用牛乳パック椅子の中身が完成しました。
ただコレでは赤ちゃんのお尻に優しくないので、お尻を守るべくクッションとなるパーツを作ります。

ダンボールの上に6をのせペンを使って、6の型を2つ取りましょう。

8.7で型をとったダンボールを切り出し、布製ガムテープで接着させる

7で型をとったそれぞれのダンボールを切り出し、布製ガムテープを使って座面と底面に接着させてください。
この時、布製ガムテープのすべての辺に貼りつけるように注意してください!

9.8で出来た椅子の側面に布製ガムテープを巻き、後は画用紙などを使って自由にデコレーション♪

8で出来た椅子の側面に布製ガムテープを巻き、牛乳パックが露出しないようにしてください。
さぁ、これで赤ちゃん用牛乳パック椅子は完成ですが、これじゃ流石に可愛くないですよね?

だから包装紙や折り紙を使って完成した赤ちゃん用牛乳パック椅子を可愛く飾りつけちゃいましょう♪

作りごたえ抜群の大作の完成!実は大人が座っても壊れません。

牛乳パックを24本使い、布製ガムテープもほぼ使い切ることで完成する、赤ちゃん用牛乳パック椅子はほんとうに作りごたえ抜群です。

そして、実は上手に作ると大人の体重も支えられるぐらい、この椅子は丈夫なんですよ!
ということで、ぜひアナタもこの機会に赤ちゃん用牛乳パック椅子を作ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク