親子の時間研究所

[工作動画] 本物みたいなガイコツグローブをグルーガンで作る!

まるで本物のガイコツのような、手になっちゃう「ガイコツグローブ」の作り方を今回はご紹介します。
なんと、今回の工作は"グルーガンだけ"で出来ちゃうんです。

「えっ、グルーガンだけでこんなの出来るの!」と思わず、唸るハイクオリティなグローブをどうやって作るのかというと……。

ガイコツグローブの材料

[材料]

  • 紙……1枚(ノートでもOK)
  • 磁石……2個(小さいもの)

[道具]

  • 鉛筆
  • キッチンペーパー
  • サインペン
  • グルーガン

今回の主役はなんと言ってもグルーガン。
ただし、グルーガンの芯はいっぱい使ってしまうので、予めグルーガンの芯を買い足しておくようにしましょう。
(2~3個ぐらいは必要になるかも?)

1.紙に自分の手の型を取る

大きめの紙に自分の手の型をえんぴつを使って取りましょう。
方法は超カンタン。紙の上においた自分の手にそって鉛筆をなぞるだけ。

たったこれだけで自分の手の型が取れちゃいますよ~。

スポンサーリンク

2.画像のような「ガイコツグローブの型」を1の上に描く

1の自分の手の型の上に、画像のような「ガイコツグローブの型」を鉛筆で描いてください。

上手に描けたら、サインペンで上からなぞりましょう。

3.2の上にキッチンペーパーを被せ、サインペンをなぞるようにグルーガンの芯を出す

2の上にキッチンペーパーを被せてください。
するとサインペンの線が浮かび上がってきますよね?

その線をなぞるように、そして動画のように線と線の間の"中身"もグルーガンを使って固まりを作ってください。

4.3のそれぞれの指に横の線をグルーガンで描く

3で作ったガイコツグローブの本体に、さらにグルーガンでパーツを追加します。
グローブのそれぞれの指に画像のように横のラインを入れてください。

5.4のそれぞれの指の横のラインを丸めて指が入る穴を作る

4で追加したそれぞれの指から伸びる横のラインに、実際に自分の指を通してみましょう。
「ちょっと長いな」と思ったら余分な部分はカットし。「もう少し長いほうが良いかも」と思ったら、グルーガンで線を追加します。

ちょうど良い長さになったら、最後は指が入るぐらいの大きさに丸めてグルーガンで固定します。

6.腕の部分から伸びるパーツに磁石を固定したら、完成!

2の段階で紙に描いていたガイコツグローブのちょうど手首の部分から伸びる真横のライン。
このラインのそれぞれの端部分に小さな磁石をグルーガンで固定したら、ガイコツグローブの完成です!

グローブに指を通し、手首部分を磁石で固定したら、グローブがきちんと腕にハマりますよ~♪

カンタンそうに見えるけど、結構むずかしいんですよ……

ほぼグルーガンのみで、今回の工作は完成します。動画や作り方を読んで見ると、どうもカンタンに出来上がるように見えますが結構むずかしいんです!

グルーガンを使って細かなパーツを作っていくのがむずかしく、不器用な人は失敗必須。
グルーガン捌きに自信がある方やグルーガンの芯が余ってしょうがないという方は、ぜひ本工作に挑戦してみてくださいね~。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
おそらの絵本バナー1