親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2019年2月24日

[工作動画]操縦できるぞ!意外に簡単なダンボールラジコンカーの作り方

おもちゃ屋さんで売られている車のラジコンもダンボールから作れちゃうってご存知でしたか?
意外に簡単に作れる、リモコンで動くラジコンカーの作り方をご紹介します。

ダンボールラジコンカーに必要な材料と道具

[材料]

  • ダンボール✕複数枚
  • 細長い注射器✕3
  • 注射器の中を通る棒✕5
  • 輪ゴム✕5
  • モーター✕1
  • 銅線50cm程度✕2
  • コネクタ✕8
  • アダプター✕1
  • 透明なプラバン✕1

[道具]

  • グルーガン
  • 接着剤
  • カッター
  • ニッパー

細い注射器がない場合はプラモデル用などに売られている「穴が空いているプラ棒」とその穴の中をスムーズに動く「丸いプラ棒」で代用してください。

また銅線などは、ホームセンター等で販売されていますよ~。

1.ダンボールから車の本体パーツを切り出す✕2

画像を参考に、ダンボールから車の本体パーツを2つ切り出してください。
画像とまったく同じにする必要はありません。

似たような形で、同じ場所に穴が空いていたらOK!

スポンサーリンク

2.小さなダンボールで1のスキマを埋める

1で作った本体をガイドにスキマ部分を、小さなダンボールを切り出し、そのスキマを埋めてください。

3.細い注射器をカットし、2の本体の穴に固定する

 

細い注射器の外側部分を2の本体と同じぐらいの大きさにカットします。

次に2の本体に空いている穴すべてにカットした注射器を通し、表・裏側それぞれに接着剤で固定します。
(この時に注射器の中に接着剤が入り込まないように注意!)

4.ダンボールから2種のパーツを切り出し、タイヤを作る

  • (A)半径2.5cm円パーツの中心にパイプが通る穴をあけたパーツ✕12
  • (B)半径2.5cm円パーツの半径0.5cmの穴を開けたパーツ✕8

Aのパーツを3枚ずつ重ねて固定し、さらにそのAのパーツの上にBのパーツを2枚重ねてタイヤを作ります。

同じものが4つ出来たら、次のステップに進みましょう。

5.タイヤを動かすベアリグパーツを作る

  • (C)半径1cm円パーツの中心にパイプが通る穴をあけたパーツ✕8
  • (D)半径0.7cm円パーツの中心にパイプが通る穴をあけたパーツ✕4

Dのパーツを2つのCのパーツではさみ、ベアリングパーツを作ります。
同じものを4つ作ります。

6.タイヤにグルーガンで溝(みぞ)を作る

4で作ったタイヤにグルーガンで、ほんもののタイヤのように溝を作ります。
同じ作業を4つのタイヤ全部に行ってください。

7.本体にベアリングとタイヤを通す

車の本体パーツに注射器の間を通る棒を入れ、さらにそれぞれにベアリングとタイヤを通し、外側を固定します。

8.4種のパーツを切り出し、5つのギアを作る

  • (E)半径4cmの円のパーツ✕2
  • (G)半径3.8cmの円のパーツ✕1
  • (H)半径0.3cmの円のパーツ✕8
  • (I)半径0.2cmの円のパーツ✕4

Gのパーツを2つのEのパーツではさみ、接着剤で固定し大きなギアを作ります。
次にIのパーツをHのパーツではさみ、接着剤で固定し小さなギアを4つ作ります。

9.本体に輪ゴムと8で作ったギアを組み合わせる

8で作った「大きなギア」と「輪ゴム」を車本体の真ん中に注射器の中を通る棒で固定します。

次に本体の真ん中から出ている棒の両端に、小さなギアを2つずつ通します。

10.小さなギアと車のベアリングをそれぞれ輪ゴムでつなげる

9で本体の左右から出ている2つずつの小さなギアとタイヤ部分にあるベアリングを輪ゴムで1つずつ連結させてください。

ギアを動かすとタイヤが動くようならOK!

11.本体にモーターを支えるパーツとモーターをグルーガンで固定する

本体の内部にモーターをちょうど支えられるぐらいのパーツをダンボールで作って固定し、さらにその上にモーターを固定します。

この時、モーターの「回る側」が必ず内側に来るように、モーターを固定してください。

その後、大きなギアとモーターを輪ゴムで連結しましょう。

12.モーターに銅線をつなぎ、モーターの反対側に銅線を固定する

モーターに銅線をつなぎ、さらにモーターの反対側に車のタイヤに巻き込まれないように、銅線を固定しましょう。

13.ダンボールを使って"側"を作り、本体の上にかぶせる

  • (J)車の真横の形をしたダンボール✕2
  • (K)7cm✕7cm程度の正方形✕1
  • (N)4cm✕7cmの長方形✕1
  • (M)車の上をおおうパーツ✕1
  • (L)タイヤ部分をのぞく本体と同じ形のパーツ✕4

まずは「J」と「K」「N」のパーツをダンボールから切り出しましょう。
次にKのパーツをJのパーツではさみ、さらにお尻の部分をNのパーツで固定します。

固定したら、Jのパーツをガイドにダンボールから「M」のパーツを切り出し、曲線部分はダンボールを0.5cm間隔で切り込みを入れてから、先程のパーツの上におおい車の形に整えてから、固定します。

車の本体パーツとのスキマをなくすために、本体パーツをガイドに「L」のパーツを切り出し、車の形の"内部"に固定。

最後に車体パーツを本体におおうような形でグルーガンで固定すれば、ラジコンはほぼ完成です。

14.2種のパーツを切り出す

  • (O)3cm✕8cm程度の長方形✕2
  • (P)0.5cm✕2cm程度の小さい長方形✕2

OとPのパーツを切り出し、さらに1枚目のOにPがちょうど入る四角い穴をあけます。

15.14のパーツとアダプター、銅線を組み合わせリモコンを作る

14で切り出したパーツの2枚目にコネクタ・銅線をつなげ、固定します。

さらに1枚目の四角い穴が空いた部分にプラバンをグルーガンで固定し、もう片方のコネクタ・銅線・アダプターをグルーガンで固定します。

最後に2枚目と1枚目を重ねて、四角い穴が空いた部分にダンボールを重ねてグルーガンで固定したらリモコンの完成です!

工作難易度は超高め……作れたら君は神だ!

今回ご紹介した工作は、大人でも匙(さじ)を投げるほど超むずかしい工作物です。

でも、手順通りにやればアナタも、このダンボールラジコンカーが作れるので、ぜひ挑戦してみてくださいね~!

編集部外部ライター 山本

ママの苦手分野を分かりやすくサポートする情報をコラム化します!
「簡単工作レシピ」や「コラムの書き方」など、ママ困ったを解決します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう