親子の時間研究所

保育園の入園式、親の服装は何が正解?NGな服装はあるの?

これから保育園の入園を迎えるお子さんをお持ちのママさん。
まずはご入園、おめでとうございます!
新年度、子どもの保育園の入園式などは成長を感じられる喜ばしい晴れの日ですよね。
晴れ姿だからこそ、きちんとしたTPOを選んだ服装をしたいところ。
「そういえば保育園の入園式ってどんな服装をしたらいいの?」
そんなママさんのために、調べました!

保育園の入園式は晴れやかさと厳粛さを併せ持つ服装を

多くのママさんが初めての入園式はどんなものを着たら良いのか悩みますよね?

あまりにカッチリしたスーツだと「あら?このあと仕事かしら?」なんて思われたり、あまり華やかすぎると結婚式の参列者のようにもなってしまいます。
そうなると周りからも浮いてしまうという、難しいバランスなのが保育園の入園式です。

一般的にフォーマルさやキチンと感は、お子さんの年齢が上がっていくにつれて比例していくので小学校の卒業式や中学校の入園式・卒業式ではしっかりとした服装の方が多いとされています。
保育園の入園式では、華やかさがプラスされる傾向なので、その辺りも参考にしてみましょう。

保育園の入園式、これが外さない鉄板コーディネート

これを見れば丸わかり!
保育園の入園式での鉄板コーディネートをご紹介します。

「着物」

日本人の正装であり、晴れの日に着るにはまず間違いのない、鉄板なのが着物。
華やかで、キチンとした良い家のお母様といった印象を残してくれるのが着物です。
ですが反対に着付けの作法や所作など、難易度が高く着崩れなども心配になります。
またフォーマルだからと安易に黒を選ぶと喪服っぽかったり「極妻感」が出てしまいますので気を付けて下さい。
なるべく淡い色合いで、小ぶりな柄、子供っぽくない柄などがベターです。
ですが、難易度が高いので着なれず、お子さんを追うのに走れないと困る、なんてママさんはやめておいた方が良いでしょう。

「ワンピース」

とても着やすいのに、キチンと感もあり、かつ女性らしい華やかさが演出できるので人気なのがワンピース。
体型が気になるママさんや、妊娠中のママさんにも人気です。
あまり体のラインが出ないものを選んで、ジャケットを羽織るのがベスト。
さらに小ぶりで控えめなアクセサリーと合わせれば、きちんとしながらもエレガントなママさんを演出してくれます。

「セットアップスーツ」

もう間違いがないです。
最初からデザインも色味もバランスよくコーディネートされているのでオススメ。
ただし、色が深いスーツはどうしても重たく感じてしまうので、コサージュやネックレスなどで華やかさをプラスし、お祝い感を演出しましょう。
カチッとした印象のテーラードスーツなどは1着あれば入園式や卒園式だけでなく、フォーマルなシーンで何度も活躍してくれます。
最近では4wayスーツなど、着回しとアレンジのきくセットアップスーツも増えているので1着あると便利です。


スポンサーリンク

ビジネス感の強いスーツでも、工夫次第で華やかに

そのまま着るとどうしてもビジネス感が漂ってしまうスーツでも、工夫次第では保育園の入園式にピッタリの華やかさが演出できます。

例えばパールのネックレスや、コサージュなどアクセサリーで華やかさを出してみましょう。
さらにネックレスやコサージュをハンドメイドして、世界に一つだけのアクセサリーでお子さんをお祝いするのも素敵です。

またインナーでも華やかさを出すのは可能です。
スーツの中にフリルの付いたブラウスや、レースのチラ見えするキャミソールなどで華やかで女性的な印象に変わります。

ほかの洋服に新調する時間や余裕がない時は、ビジネススーツにひと手間加えて入園式用のスーツに仕上げてしまいましょう。

保育園の入園式で浮かないカラーバランス

入園式では一般的に、白やアイボリー、ベージュ、グレー、淡いピンクや淡いグリーンなど明るい色のスーツを好んで着ているママさんが多いようです。
厳粛な雰囲気の卒園式や卒業式とは違い、華やかでお祝いムード溢れる雰囲気だと思います。
また時期的に、入園式は春なので、淡いミントグリーン、クリームピンク、ペールブルーなども選ばれがちですが、フォーマルな式典ではあるので明るい色を選ぶ場合はデザインがカッチリしたものを選ぶようにするとバランスがとれて良いでしょう。

保育園の入園式で注意したいスカート丈

基本的に膝から膝下程度が好ましいです。
いくら若いママさんでもミニ丈では下品で非常識な印象を与えてしまいます。
またお子さんに何かあった時にすぐ駆け寄れるようにロング丈やミモレ丈、マキシ丈も避けるようにしましょう。
長さがひざ丈だからと言って、ふりふりヒラヒラしたようなスカートも絶対にいけません。

保育園の入園式、コートはどうする?

季節柄、肌寒い日もありますし、地方によってはまだまだ寒い地方もあると思います。
なのでコートは入園式でも卒園式でも着用していって構いません。

ただし、式が始まる体育館や広間、講堂などではコートは脱ぐのが常識です。

冷え性や寒がりの人は、貼るカイロを使用したり、吸湿発熱素材のインナーを着ていくなどして、コートを脱いでも大丈夫なように寒さ対策をしておくと良いです。

保育園の入園式、ストッキングは?

無難なのは肌色のストッキングです。
スキニーベージュやヌードベージュなど引き締め効果がある色味のストッキングを選ぶと脚がキレイに見えるのでオススメです。
また、フォーマルな場なので黒でも良いの?と思われるかもしれませんが、入園入学式や卒園卒業式では黒はNGとされています。
もちろん柄タイツやカラータイツ、網タイツなどもNGです。

保育園の入園式、靴は何をはけばいい?

基本的にはベーシックで上品なパンプスがベターです。
またフォーマルな場なのでヒールは3cm〜7cm程度のものが好ましいでしょう。
ここでもやはり、お子さんに駆け寄りやすい高さのヒールのものを選ぶのが正解です。

色味はスーツの色に合わせるか、差し色に派手すぎない違った色のものもOKです。
あくまでも服装と同じくらいか、それよりも少し低めの明度・彩度のものを選んで下さい。

保育園の入園式、やりがちなNGコーデ

入園式を経験済みのママさんからの意見で多いのは
・ミニスカ
・肩の出るワンピース
・原色使いのファッション
・体のラインの出るファッション
・男性的過ぎるパンツスーツ
・髪の毛を盛りすぎる
・子供っぽいもの(リボンやふりふり過ぎる)
・柄タイツやカラータイツ
・オープントゥのパンプス
・ハイヒール
・大ぶりすぎるアクセサリー
・モノグラムのバッグ
・蛇やワニの革のバッグ
・金髪やプリン頭

まとめ:保育園の入園式、主役は子ども!上品さを心掛けて

子どもの晴れ姿といえば、自慢できるようなキレイなママでいたいと思う女心はよく分かります。
けれど保育園の入園式はママさん同士の品評会の場ではありません。
子ども達が主役の、お祝いの日なのです。
あまりにもセクシーすぎる服や、ギャル服、ロリータ服やふりふりのファッションなど自分の趣味全開の服装はお子さんの社会性にも影響があります。
あくまでも上品に、控えめな中にも華やかな女性らしさを演出するのが、保育園の入園式の上級コーデと言えるでしょう。
そういうキチンとした品の良いママさんこそ「あなたのママってキレイね!」とお子さん同士で褒め合うような良きママさんだったりするものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク