親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年10月18日

『体験談』赤ちゃん、0歳児とお出かけ。初ディズニー編

1歳8か月の息子と0歳4か月の娘をもつ母親です。
日頃、お出かけすることが多く、暇を見つけてはお出かけしています。

赤ちゃんと旅行に行くことは結構大変です。しかし、準備をしっかりすること、人手を増やすことでなんとか成功したディズニー旅行について書かせていただきます。

私の体験談が行きたいな、どうしようかなと迷っている方の助けになればと思います。

やっぱり行きたくなるディズニー旅行~準備~

私は、元々ディズニーランドが好きで毎年のように旅行に行っていました。妊娠中(9ヵ月)にも旦那と2人で一度行くくらいでした。
そのため、赤ちゃん連れディズニーにも挑戦してみたいと思っていて、さすがに2人だと難しいと感じたため、実の両親を誘って息子が10ヵ月の時(はいはいで動き回るくらいの時期でした)に初ディズニー旅行となりました。

旅行は1泊旅行で、移動は新幹線を利用し、ホテルはディズニーのオフィシャルホテル(ディズニーリゾートラインで行けるホテル)を予約しました。
さすがに2日間はディズニーはなしで、1日目にディズニーランドに行きました。2日目は朝はのんびりホテルで過ごし、帰りの新幹線の時間まで東京駅で過ごしました。

荷物は、息子の着替えとおむつ、離乳食、子ども用のお茶、抱っこひも、ミルク(スティックのもので2日分)、哺乳瓶、お湯用の水筒を持っていきました。ベビーカーは旅行会社でディズニーランドで借りられるサービスを見つけたので、そこでレンタルしました。
また、パーク内には赤ちゃんルームが1か所あり、お湯やおむつ離乳食等そこで購入することもできました。

そして、一番は息子のあこがれのダッフィー仮装です。ネットで作り方を検索し、ネットでいろいろなものを購入して、なんとか作り上げました。
結果的に私は不器用なので少しぶさいくなダッフィーになってしまいましたが、それを着た息子はみんなに可愛がっていただきました。モフモフパワーの可愛さが勝ちました!

ディズニーランドは本当に夢の国!~いざ、出発~

新幹線に朝一で乗り込み、息子がぐずらないようにお菓子をあげたり、席ではなく入口付近のスペースで抱っこしたりとなんとかディズニーまで到着することができました。
抱っこは大変でしたが、人手があったため代わる代わるでなんとかなりました。抱っこひももかなり活躍しました。

ディズニーに着くと、毎回来ていたときと同じようにすごいわくわくしました。もともと、子どもがいること、自分は2人目妊娠中ということもあり、パレード重視の予定でした。
土日というスケジュールだったため、さすがに人が多く、パレード等は近い席では見れませんでしたが、そこそこキャラクターが見える位置でパレードは干渉することができました。
息子もそこそこ見てくれていましたが、レジャーシートの上でごそごそできたので動けないストレスから少し解放されたようでした。

ショーなどは事前予約が必要なものは取れませんでした。予約のものは本当に知っていないと難しいなと感じました。
アトラクションは結局、列車などの揺れの少ないものに2つくらい乗っただけでした。ちなみに列車に乗ったときは息子は爆睡でした。しかし、雰囲気だけでも十分楽しめましたし、パレードは本当に楽しかったです。

そして、息子も初めて記念のシールをもらえたり、キャラクターと写真を撮るのに優先させてもらえたりとやはりサービスの良さを感じました。本当に夢の国でした。

0歳でも大満足の旅行でした!

行くまではドキドキでしたが、やっぱり行ったら行ったでとても楽しく過ごすことができました。息子は覚えていないだろうですが、これっばかりは親の息抜きに付き合っていただきました。実の両親も一緒に来てくれてとても助かりました。ディズニーランド内は別行動も多かったですが、パレードを一緒に見たり、写真を一緒に撮ったりしてお互い満足していたと思います。
ディズニー旅行は時間の余裕を持って、準備をしっかりしていけば、行けるなと感じました。

旦那はあまり乗り気ではなかったのですが、付いてきてくれて、息子の面倒もみてくれて本当に助かりました。旦那はいつも人任せで旅行にはついてくるだけのスタンスの人なので、息子の面倒さえ見ててくれればよしという感じです。そして、義理の両親(私の両親)とも仲良くしてくれるのでとてもありがたいです。
赤ちゃんと旅行に行くのは大変だとは思いますが、私はもともと旅行好きなのでなんとかなってるのかもしれません。ですが、行きたいなと思った方の参考になればいいなと思い、今回書かせていただきました

。私の念願だった赤ちゃんとディズニー旅行は成功でした。また、大きく成長する子どもたちといけたらいいなと考えている今日この頃です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう