親子の時間研究所

お子さんの生理痛には痛み止めよりも 〜 子どもが怪我した時に家でできる対処法?(その1)

この記事は約1分で読めます。
子どもが怪我した時に家でできる対処法?
(その1)お子さんの生理痛には痛み止めよりも
(その2)子どもの風邪予防にはマスクよりもこまめな水分補給

生理痛があるのに、痛みを「がまん」している小中学生は、推定で140万人もいることをご存知ですか?

小学生から冷え性の子が最近すごく多くなってきています。
体が冷えていることにより小さいお子さんでも生理痛で悩んでいる親子がたくさんいます。

お腹が痛い時には痛み止めを服用している方も多いと思いますが、
痛みを感じているときは痛み止めを服用する前に温活をおすすめします。

温活で血流を良くすることで生理痛は軽減できます

自宅でできる簡単な温活とはお風呂や足湯などがあります。
生理痛がでる原因としては冷えが原因で子宮が硬くなってることが挙げられます。

体の中の血液の循環を良くして暖かい血液を体内に循環させる事で冷えが軽減して子宮が柔らかくなる事で生理痛の痛みは軽減していきます。

お風呂で温活をしてみる

半身浴で体の中からポカポカになる。
38度くらいの温度のお湯に30分くらいしっかりと浸かり体の中からポカポカな体に毎日してあげましょう。
体内の血行が良くなる事で、体の細胞にしっかりと栄養が行き渡るようになり疲れていた細胞が元気になります。

細胞が元気になる事で体が元気になります。

足湯で温活をしてみる

毎日浴槽の中に入ることが難しい方は足湯などをおすすめしています。
テレビを見ている30分の間に足湯をしてみるなどの飽きない工夫を考えてしてみると
長続きする秘訣だと思います。

朝一杯のお白湯を飲む

お白湯を朝と夜に一杯ずつ飲む事で体内の基礎体温が上がりやすくなります。
基礎体温が上がると免疫力などの向上の効果もあり、おすすめです。

子どもが怪我した時に家でできる対処法?
(その1)お子さんの生理痛には痛み止めよりも
(その2)子どもの風邪予防にはマスクよりもこまめな水分補給

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク