親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2017年12月21日

【入門編】稚児行列に参加するには?親の服装や参加費用など解説します

機会があれば参加しよう~稚児行列。

 

稚児行列1

 

みなさんは「稚児行列」をご存知でしょうか?

稚児行列とは、無病息災を祈るために、子ども自身が神様に仕える日本の伝統行事です。

稚児行列のことや参加する子どもたちのことを「お稚児さん」と呼ぶこともあります。

稚児行列に3回参加すると健康で 健やかに育つ、とか

特に女の子は3回参加すると幸せになれる。などと言われている地域もあります。

一般的にお寺などの大きな行事の時に、稚児行列が行われるようです。

 

どうやって参加できるの?

 

インターネットで告知や募集がある場合もありますが、

大きなお寺、神社でない場合は、檀家さんにチラシが配布されたり、

お寺の掲示板やお寺の近所に募集の貼り紙が出たりするようです。

参加してみたいと思っている方は、「参加してみたいのだけど、どこかでないかな?」と周りのお友達やご家族に話しておくと情報が得られやすいと思います。

毎年決まった行事があって稚児行列を行っているというお寺や神社もあれば、

何十年に1回の大きな行事(神社の社殿やお寺の本堂建て替えなど)の時だけ行っているところも多いです。

頻繁に行われることではないので、近所で稚児行列が行われる際はぜひ参加してみるといいと思います。

稚児衣装うしろ

 

参加年齢は?

 

参加できる年齢は、お寺、神社によって異なりますが、

0歳~小学生の子どもが対象になることが多いようです。

 

参加費用は?

 

お寺、神社によって異なりますが、5千円から1万円としているところが多いようです。

衣装代、お化粧代も含まれている場合が多いです。

 

親はどんな服装?

 

当日は歩きやすい靴がおススメです。

親の服装ですが、付き添い保護者は「スーツ」か「着物」で!と指定がある場合もあります。

指定がない場合も、子どもと一緒に歩くのであれば、それにふさわしい服装で行く方がいいと思います。

 

稚児行列に参加してきました!我が家の場合。

 

お化粧

娘が2歳のときに、初めて稚児行列に参加しました。

衣装は事前にお寺に取りに行って、当日に自宅で衣装を来て集合場所へ向かいます。

集合場所の建物内では、参加する子どもたちのお化粧をしてくれます。

普段ぐずる子どももお手伝いのみなさんが親切なのでおとなしくでき、とても素敵にお化粧してくれました。

頭に乗せる天冠が重くて落ちてくるため、写真撮影のときだけ頭に乗せてあとは親が持っててあげると良いでしょう。

集合場所からお寺まで、普通に歩いたら徒歩10分もかからない距離なのですが、参加のお稚児さんたちとその保護者とで行列を組んで歩くのでペースはのんびりです。お寺近くは渋滞となり止まって待つことも・・・

季節によっては厚さ寒さがこたえることも有りますので、長時間外にいても負担のないようにすることがポイントです。

娘に素敵な稚児の衣装を着せて参加できたこと、家族で見に行けたことはとても素晴らしい記念になることでしょう。

お近くで開催の情報をつかんだら参加してみてくださいね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう