親子の時間研究所

コロナ禍だからこそ見つめ直される「古き良きコミュニケーション」

この記事は約3分で読めます。

コロナ禍で私たちの生活様式もずいぶん変わってきたと感じている方も多いのではないでしょうか。

当たり前だったお友だちとのコミュニケーションも、ソーシャルディスタンスが叫ばれる世の中に。
遊び一つとっても不自由に感じてしまうケースがあります。

なにより、子どもたちにとっては大人以上に困惑していると思います。

なにが良くて、なにがいけないのか?

手探りな毎日が続いているのではないでしょうか。

見直される価値観

「お外で自由に遊べない」
「おうちですることがなくなってきた」

同じような日常が続くストレスを子どもたちは感じているのではないでしょうか。

コロナ禍ではありますが、やはり子どもたちには親子や子どもどうしのコミュニケーションが必要です。

 

お子さんがお母さんやお父さん、お友だちと一緒にワイワイとコミュニケーションを取りながら手軽に遊べる身近な玩具として、昭和の遊びが見直されています。

『昭和の遊び。とても懐かしい、割り箸ゴム鉄砲』

のこぎりやハンマーみたいな大がかりな道具も不要で、輪ゴムと割り箸があれば基本OKというのが良いところ♪

 

昭和の遊びは手作りが基本!

そこに親子のコミュニケーションが生まれ、時を共有するという大切な体験ができます。

とはいえパパもママも工作はちょっと・・・なんて方が多いのも事実。

そこで今の子どもたちが意外に触れたことのないらしい、そのゴム鉄砲を簡単に作れる工作キットにして、多くの親子が楽しめるようにしてみました。

【誰もが楽しめる!】

そこが私たち『親子の時間研究所』の想いです。

想いを創る

私たち『親子の時間研究所』では、ただ作るのではなく、何か特別感が欲しいなぁと・・・。

 

そこで生まれたのが、触れる図鑑【連射式のゴム鉄砲】

 

なんとゴム鉄砲なのに!6連射するのがコイツの最大の特徴です!

6連射できる輪ゴム鉄砲を簡単に工作でるのが最大のミッション。
道具や接着剤不要で工作が簡単にでき、完成度もgood!であること。

実際に遊ぶときも、割り箸ゴム鉄砲の良さでもある手軽さを継承し、ゴム鉄砲の木工作パーツをキットにしました。
ゴム鉄砲の部品が木工作用にパーツ化し、パーツには切り目が入って簡単に取り外しが可能です。

この木工パーツを切り離してそれを冊子に記載のある組み立て説明にしたがって組み上げるだけで完成します。

のこぎりやカッター、ハンマーなどの工具も一切不要ですし、木工用ボンドなどの接着剤も使いません。

誰でもゴム鉄砲が簡単に工作できます。
ゴム鉄砲の本体の各部品を組み立てるだけで、6連射のゴム鉄砲が楽しめます。

小学生くらいのお子さんであればお父さんなしでも(笑)、お母さんでも作るのに困ることはないと思います。


スポンサーリンク

こだわりの共和の輪ゴム

ゴム鉄砲に欠かせないものは・・・

そう!【輪ゴム】です。

輪ゴムが無ければ遊ぶことすらできません。
それくらい大切なアイテムなんです。

ここにこだわりが有るのです!

親子の大切な時間、想いを共感していただき、輪ゴムメーカーの 【株式会社 共和さん】にも、輪ゴムに関する知識を含めた様々なご協力をいただきました。

 

ゴム鉄砲の核となる輪ゴムを知り尽くした専門企業 共和さんのお力添えで、子どもたちが満足して楽しめるゴム鉄砲が完成しました!

こだわりの輪ゴムをぜひ親子で楽しんでくださいね!

ママもパパも子ども!慣れ親しんだ輪ゴム 共和さんの公式サイトはこちら

想いは届くよ

海を越え南の島でも、私たちの想いが届きました。

沖縄県石垣島の子どもたちにも、KATARIGIさんとのコラボ企画で素敵な親子の時間をお届けさせて頂きました。

 

この夏、実際に体験してくださった親子の声をお届けします。

・息子が枠から外してる間に組み立ては私(母)が奮闘!「6発も連続で撃てる!」と大喜び。私は、ゴムを引っかけて、カチッとするところが何かホンモノっぽくて好きです。出来上がりもカッコいい!
更に、木の温もりや、香りも感じられて手にしているだけで良い。次の日も息子は「てぃっぷー遊びを楽しい」と。それを見ていた姉も参戦!作る時は興味示さなかったのに~(笑)
・素晴らしい!これは子どもはもちろんっ大人の方がハマるヤツですねっ。もう一丁ほしいぐらい!
・デザインがかわいい。素敵。
・動画を見ながら組み立てるのが楽しかった。(母子でやりました)。
・6発ゴムを設定できるのは斬新でよかった。
・打つときがとにかく楽しい!

子どもたちが夢中で遊んでくれているのを見聞きして、ホッとしました。

どこのご家族も組立の際にはお父さんお母さんが一緒に頑張ってくれていたのも印象的でした。
小学校低学年の子どもたちには組立が少し難しかったようですが、出来上がりを楽しみに子どもたちなりに奮闘してくれていたと聞いています。親子で楽しく過ごすお手伝いが少しでも出来たことを実感して本当に嬉しく思います。

みなさんのご意見に多かったように、やはり6連射が出来て狙い通りゴムが飛ぶという精度の高い本格的な設計が子どもだけでなく大人の心も掴んでくれたのではないかと思います。

 

大切な親子の時間を過ごしてもらえて心から嬉しく思います。

親子の時間研究所は、想いを共にするみなさんと一緒に笑顔でコロナ禍を乗り切っていきたいと思います。

 

Presented by 触れる図鑑

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク