親子の時間研究所

0歳児におすすめの絵本3選

この記事は約2分で読めます。

産まれたばかりの赤ちゃんを抱える新米ママは、毎日が試行錯誤の繰り返しですね。
「読み聞かせが良いとは知っているけど、何が良いのか分からない」「この時期に読み聞かせをして意味はあるの?」と悩んでいるママも多いのではないでしょうか。

そこで今回は0歳から読み聞かせができるおすすめの絵本について詳しく紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

イラスト重視のカラフルな絵本

created by Rinker
¥968 (2020/06/03 02:24:11時点 Amazon調べ-詳細)

商品名、あかあかくろくろ
出版社、学研プラス
作者、柏原晃夫

こちらは、白色や黒色を中心にしながら赤色をポイントにした赤ちゃんの「気になる」をうまくとらえた絵本です。
その他にも、りんごや長ぐつ雪だるまなどモノの名前にも触れています。ママが声を出して読み聞かせることで赤ちゃんも喜んでくれること間違いなしですよ。

シリーズラインナップは、しましまぐるぐる、ぶんぶんきいろ、けろけろみどり、みかんオレンジ、などがあります。

ワクワクがいっぱいの仕掛け絵本

created by Rinker
小学館
¥858 (2020/06/03 14:24:22時点 Amazon調べ-詳細)

作品名、とびだす!うごく!どうぶつ
出版社、小学館
作者、塚原信郎

こちらの絵本は、たくさんの動物たちが飛び出してくるワクワクがいっぱいの仕掛け絵本です。
ポケットに忍ばせ置けるほどの手のひらサイズの小さな絵本なので、電車やバスなど赤ちゃんが泣きだしたら困ってしまう場面などに大活躍します。また、赤ちゃんが持てるようになると指先の運動にもなりますよ。

シリーズラインナップはとびだす!うごく! たべもの、とびだす!うごく! うみのいきもの、などがあります。


スポンサーリンク

オノマトペが多くリズムが良い絵本

created by Rinker
¥880 (2020/06/03 14:24:22時点 Amazon調べ-詳細)

作品名、どんどこももんちゃん
出版社、童心社
作者、とよたかずひこ

こちらは、第7回絵本にっぽん賞を受賞し「どんどこどんどこ」とリズム感が心地よい絵本です。
赤ちゃんも思わず夢中になると話題のこの絵本は、モノから生まれる音や心情を表す音、動物の鳴き声といったオノマトペがたくさん書かれており、ママもつい楽しくなってしまうこと間違いなしですよ。

シリーズラインナップは、こちょこちょ ももんちゃん、すりすり ももんちゃん、かくれんぼももんちゃん、ももんちゃん あーん、などがあります。

読み聞かせのコツは?

絵本を読むのが上手いかどうかはあまり関係ありません。
読み聞かせで大事なのはパパやママがリラックスして楽しそうに読んであげることです。文章をそのまま流し読みするのではなく、絵を見せながら「美味しそうだね」「パクパク」など赤ちゃんに語りながら進めると良いでしょう。
また、普段の会話よりもずっとゆっくりのペースを心がけはっきり発音する、言葉が少ないページは間をとって絵を楽しむ時間にするなど、時間をかけて読み聞かせをしてみてください。

以上、0歳の赤ちゃんにおすすめの絵本3選を紹介しました。
新生児の頃は特に大変で絵本絵を読み聞かせる余裕なんてないと感じているママも多く、それがストレスに繋がる可能性もあるので、ママの心に余裕があるときで大丈夫ですよ。

赤ちゃんを抱っこしながら、または一緒に寝転びながら声を出して読んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク