親子の時間研究所

かんたん!牛乳パック工作『まわる風車』

この記事は約2分で読めます。

工作 風車1風車で書いた色を回して、どんな色の変化をするのか・書き方によって変化する面白さを研究課題や遊びとしてやってみましょう。

用意するもの

準備は100円ショップでそろいます

●わりばし(1ぜん)

●紙ざら(直径18㎝ぐらいのものを2こ)

●ヨーグルトなどのカップ(紙コップでもよい小さめのもの)

●はりがね(15㎝ぐらい)※太めでやわらかいソフトワイヤーがおすすめ

●画用紙などの紙(13㎝×13㎝くらい)

●ほそめのストロー(1本)

●ペンや色鉛筆など色をつけるもの

●はさみ

●ホチキス工作 風車 材料作り方

作るのはかんたんです

⒈紙ざらでかざぐるまのはねを作る。

1-1 一枚の紙ざらを半分に2回折り、中心を捉える。

1-2 もう1枚の紙ざらを重ねキリや針で穴をあける。

1-3 3cmくらいの切り込みを書き込む。

1-4 上の図のように切る。

1-5 チョキチョキ

1-6 上の図のように切り込みをひねりはねにする。

工作 風車 はね完成

 

⒉カップにのりしろを作る。

2-1 今回は紙コップの為半分に切りました。

2-2上の図のように切り、折りこむ。 

 

⒊はりがねをわりばしの間に固定し、ストロー ➡ カップ ➡ 紙ざらの順にさしていき、はりがねの先をまげる。

3-1 カップにも真ん中に穴をあける。

3-2 ストローを切る

3-3 はりがねを巻く

3-3 ストロー

3-4 カップ

3-5 はね

 

⒋カップと紙ざらをホチキスでつける。

 

⒌下の回転盤を画用紙に書き、色を塗って切り取る。

5-1コンパスで半径を合わせる

5-2図のように差し込みのはねと切り込みを書く

5-3はさみで切る

5-5色を塗る

 

⒍紙ざらから出ているはりがねに回転盤の切り込みを通して、紙ざらの切り込みに回転盤をさして出来上がり。

☆うまく回るまで、角度などの工夫してみて下さい。

6-1回転盤の真ん中を図のようにおる

6-2回転盤の羽を風車に印をつける

6-3つけた印をカッターなどで切る

是非、色々な種類の回転盤を作り、どのように見えたかまとめてみて下さい。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク