親子の時間研究所

ブライダルチェックは必要?項目や費用について紹介

この記事は約2分で読めます。

妊娠前検査という言葉でも認知度が上がってきたブライダルチェック。これは、結婚に先立って、女性が妊娠できる状態にあるかを検査するものです。

子どもが欲しいと望んでいる女性なら、自分の妊娠の可能性に関心があるものではないでしょうか。
でも、ブライダルチェックってどんなことをするの?どこで受けられるの?よく分からないことも多いのが実情。

ここではブライダルチェックの項目や、病院の探し方、費用について解説します。

女性なら受けておきべき「婦人科の健康診断」

ブライダルチェックは、女性が産婦人科で受ける健康診断です。

広い意味では婦人科検診全体をさすこともありますが、女性器に何等かの疾患がないかどうかを調べるものなので一度は受けておきたいですね。

子宮は沈黙の臓器の一つと言われ、奇形や異常があっても自覚症状はほとんどありません。

慢性急性を問わず、病気の早期発見早期治療を行うために20歳以上の女性はブライダルチェックの必要性を知っておいてほしいですね。

ブライダルチェックの具体的な項目

ブライダルチェックの検査項目です。

・内診
・超音波検査
・梅毒
・B型肝炎
・C型肝炎
・淋病
・クラミジア
・貧血検査
・糖尿病
・甲状腺検査

多くの病院で以上の項目について診察を実施しています。
この他に、おたふくかぜ抗体検査や風疹抗体検査を行う場合もあります。妊娠出産にどんな脅威があるか、産婦人科の先生によって見解も様々ということでしょう。

内診ではおりものや外陰部に異常がないか、超音波検査では子宮や卵巣の病気を調べます。

淋病やクラミジア感染症は不妊の原因の一つですので重要な検査項目と言えます。

また、妊娠初期の血糖値が高いと胎児に奇形が出ることがあり、甲状腺値が高いと流産のリスクも高くなります。

このようなことから、ブライダルチェックは元気な赤ちゃんを産むために不安要素を取り除くの検診だということが分かりますね。

ブライダルチェックの費用は?

ブライダルチェックに保険は適用されません。

どんな病院でどの項目の検査を受けるかによって費用はまちまちです。ですがおおむね高額になりやすい検診と言っていいでしょう。

相場は2万円~5万円。高いととらえるか安いと思うかはその人を取り巻く状況次第です。

計画妊娠を考えている人、後継ぎを生むプレッシャーを抱えている人。

費用に見合う検査をしてもらえる病院の情報を集めて、比較してみるといいでしょう。

ブライダルチェックは必須?任意?

未婚の女性で、自分が妊娠のために何の問題も抱えていない、と言い切れる人はいないでしょう。

妊娠はまだまだ不明な点も多く、一人目の子と二人目の子では状況が全く異なることもあります。

「安産の家系」という言い方がありますが、迷信の域を出ないものです。親や親せきが安産だからと言って自分もそうとは限らない。それが子どもを授かることの不思議です。

現状、あくまで任意での検査ですが、不妊や病気を改善するために受診する女性は増える傾向にあります。


スポンサーリンク

女性に必要な体のメンテンナンスと考えて

病気ではなく検診の目的で産婦人科を利用するのは、何となく恥ずかしい、面倒だと感じていませんか。

中には抵抗があって婦人科受診を避けている人もいるようです。確かに、内診がどうしても辛い…ということもあるでしょう。

ですが、婦人科医師は女性がもっと検診を受ける様に推奨してるのです。

女性器の病気や不妊の治療は、早く始めるほど効果が出やすいもの。もう少し早く来てくれていたら重症化しなかったのに、と悔やむ医師も多いのです。

「病気でもないのに病院に行くな」
という考え方が根強い日本ですが、それは救急病院に対しての事。

個人クリニックをかかりつけ医にしておくと、定期的な検診や何となく不調が続くときの相談に便利です。

何もないならそれでいい。安心を買う気持ちで気軽に検診を受けてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク