親子の時間研究所

家族で楽しめる車イベント「ルノーカングージャンボリー2017」潜入!

この記事は約2分で読めます。

◆家族で楽しいイベント「ルノーカングージャンボリー」

5月、山中湖交流プラザ“きらら”で「ルノーカングージャンボリー2017」が開催されました。

今回で9回目の開催になり、過去最高1243台のカングーを含む1977台の車両と、4226人が来場したそうです。

参加費無料で、ルノーの車に乗っている人はもちろん、そうでない方も誰でも一緒に楽しめるイベントです。

メインステージでは参加者全員で記念撮影を終えた後、

カングーの限定車発表会、コラボ車の発表会、などさまざまなイベントが開催されていました。

オフィシャルグッズショップでは開催を記念した限定商品、グッズなどの販売もあります。

そのほかフリーマーケットや子どもが遊べるエリアなども多数あり1日中楽しめます。

車のイベントなんて楽しいのはパパだけ、と思いがちですが

カングージャンボリーは家族全員で楽しめるイベントです。ぜひ一度ドライブがてら足を運んでみてください。


スポンサーリンク

◆会場までの道のりも楽しめる!

カングージャンボリーの当日、会場へ向かうため高速道路を走って行くと、途中で何台ものカングーに出会います。会場に到着するまで何台のカングーに出会うか、子どもと一緒に数えながら向かうのも楽しみ方の1つです。

◆カラフルなカングーたち勢ぞろい!

広い会場はカラフルなカングーたちでいっぱいになります。

キレイに整列したカングー。見ているだけで楽しめます。

カングーに凝った飾りつけをしている人、珍しい色のカングーや、とても古そうな今では珍しいカングーを見ることもできます。

ステッカーをたくさん貼った車でステッカーの販売も行っていたり、フリーマーケットエリアは大賑わいでした。

散策しているだけで華やかで楽しい気分になれ、子どもたちとの会話もはずみます。

◆天気がよければ富士山もみれる

会場は山中湖に隣接しています。トイレもキレイなので子連れも安心です。会場では食べ物も売っていましたが、お弁当など持参して

ステージ前にレジャーシートを敷いて食べてる人も大勢いました。

カングーに乗って来ている方たちは、自分の車の後ろに

テーブルやいすなどを出して、そこでくつろいでいる方が多かったです。

天気がよければ富士山も見えるとのことでしたが、あいにく曇り空でこの日は見ることができませんでした。

◆山中湖で遊ぼう

会場をひと通り回ったあとは、子どもたちと山中湖で遊ぶのもおすすめです。

まだ水に入るのは冷たい季節ですが、サンダルと着替え、タオルは念のため持参されるとよいと思います。

美しい白鳥の姿をみることもできます。

◆カングー誕生20周年!

2017年6月にカングーは誕生20周年を迎えました。

来年(2018年)は第10回目を迎えるカングージャンボリーもますます盛大になりそうです。

来年は会場が変わるのでは?という噂もありますが、例年通りならまた5月に山中湖で開催されるはずです。

ぜひご家族やお友達と一緒にカングージャンボリーに遊びに行ってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク