親子の時間研究所

外出時・来客時に「3分でできる手作りお食事シート」作ってみませんか?

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。なつのおやこです。

小さなお子様がいらっしゃる皆さま、子育て本日も本当にお疲れ様です。

外出先でお子様にお食事させるとき、「食べこぼしが多いので気を使う」「後片付けが大変・・・」といった事で、悩んだ事はありませんか?

ちなみに、我が家の子ども達は、毎回豪快に食べこぼししてくれるので、後片付けのお掃除が大変です。

今回は、たまたま、市販で売っていたものを、我が家で作ってみたら、とても便利で経済的だったので、皆様にもご紹介したいと思います。

用意するもの

用意するものは、キッチンタオル・セロテープ・ハサミ。この3つです。

※キッチンタオルは4枚使用します。

2枚繋がっているものを、上の写真のように「たて」に並べて下さい。

 

それでは早速作ってみましょう!

まずは、真四角になるようにたてに並べたキッチンタオルをテープでくっつけます。

上の写真のように、真ん中と両端の3か所に、セロハンテープを短くして止めて。

さらに、上から全体にテープを貼ると、ぴたっと綺麗にくっつける事ができます。

(当然かもしれない事書いてごめんなさい。)

※分かりやすいようにマスキングテープを貼ってますが、普段はセロハンテープを使用しています。

キッチンタオルの「すそ」を3センチ~5センチくらい折り返し、両端をテープで止めます。

こんな感じです。

この折り返し部分は「横」に「一枚だけ」テープを貼るのがポイントです。

色々試していますが、今の所この貼り方が一番ポケットとして広がるので使いやすいです。

ここは、「食べこぼしポケット」になります。

 

これで完成です!

これで「手作りお食事シート」の出来上がりです!!。

このように、幼稚園以上の子どもさんへは、マスキングテープやシール等で可愛くデコレーションしてあげると、大変喜ばれます。

上の写真はシンプルなデコレーションですが、得意な方は是非可愛いものを作ってみてください。

ただシールを剥がしたり食べてしまう赤ちゃんもいらっしゃいますので、とても小さい年齢の子どもさんに使用される時は、デコレーション無しの方がいいかもしれません。

シートは、引っ張っちゃう子もいるので、お料理を食べさせる直前に敷きましょう。

使用したシートは、お掃除に大活躍!

材料がキッチンタオルなので、用途が終わったら裏面や汚れていない部分はお掃除に使っちゃいましょう!

油を吸うので、ソースや油っぽいお料理の食べこぼしがサッと拭き取れます。キッチンタオル4枚分なので面積が広いので、折って床掃除にもサッと使っちゃいます。

我が家で使った時は、使用済みの鍋や台所のコンロの掃除にも使っちゃいます。

 

ポイントまとめ

お食事シートの作り方は以上になりますが、いかがでしたでしょうか?

「キッチンタオルがもったいない」「小さい子だとピリピリ裂いて遊びそう」・・・そういった心配もあるかもしれません。

しかし!!。

■キッチンタオルさえあれば3分で出来る。

■使用後は、掃除に使える。

■外出先はこれ1枚で綺麗に片づけが出来る。

■デコレーションが楽しめる。

この4つの良い点は確実にありますので、是非、一度検討して頂ければと思います。

汚れを防ぐのに新聞紙やナプキンを敷く時もありますが、やはりこのシートを使う方が子どもには可愛くて喜ばれます。

外出先のお出かけの時に。

または、手作りシートで雰囲気を盛り上げ、自宅やご実家でのお食事を楽しい雰囲気にされてみてはいかがでしょうか?。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク