親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年9月7日

《連載コラム》手作りのぬくもり~ミシンカタカタ編~

こんにちは。イラストレーターのはっとりまりです。

前回は、我が家で作っている保存食など、たべものあれこれについて書きました。
今回は、前回の続き、『手作りのぬくもり~ミシンカタカタ編~』と題して、
ミシンで直線縫いして作る、布ものあれこれをご紹介します。

お裁縫は自己流で、難しいことはできませんが、ミシンの直線縫いだけはできるので、
その範囲であれこれ手作りしています。

子どもや私が使うものなので、完璧に作ろう!と気構えず、
出来上がりをイメージしながら、時にはアレンジを加えつつ、楽しく作っています。

アイロンをしっかり掛けて、ぐるりと縫うと、意外ときれいな仕上がりになることも多いですよ!

 

子どもとお揃い

子どもと一緒に、お気に入りの布を見つけに、布地屋さんに行きました。
たまには、お揃いの服を作ってみようかな、と思ったのです。

服といっても、大がかりなものは作れないので、直線縫いでできるスカートを作ってみることにしました。
布地を2枚に断って、脇にジグザグミシン、裾とウェスト、ゴム通し口を縫って、ゴムを通したら完成の簡単なスカートです。

布をたっぷり使うので、ギャザーが入ってなかなかかわいいです。
2種類の布で、2種類のスカートを作りました。

布が余ったので、お揃いのターバンも作りました。

娘は、このお揃いのスカートやターバンを喜んでくれ、朝の支度の時に、
「今日、お揃いにしよう!」
と言ってくれることもしばしばです。
ちょっと照れ臭いのですが、「お揃いにしよう!」と言ってくれるのも、今の時期だけかもしれないな…と思い、お揃いのスカートをはいて、幼稚園に登園しています。

 

 

布団カバーを作ろうと思った大きな布から

買うよりも安いかな…と思い、布団カバー用にリネンの布を買いました。
シーツ用の布なので、幅広でしたが、布団のサイズの方が大きかったので、布を継がないといけません。

まあ、できるかな・・・と思っていましたが、家に帰ると億劫になってしまい、しばらく布を置きっぱなしにしていました。

そのうちに、コットンの布団カバーを手頃な価格で手に入れてしまいました。

リネンの布はお役御免に・・・。
リネンの肌触りが好きなので、リネンの布団カバーに憧れていたのですが・・・。

そこで一念発起。
眠っているリネンの布がもったいないので、クッションカバーを2枚と仕事部屋のカーテンを作ることに。

クッションカバーは、洗い替え用に以前から作りたいと思っていたので、よいきっかけとなりました。

仕事部屋の机に面した窓は、今住んでいる家に引っ越してきてからずっとカーテンを掛けていませんでした。
描いた絵やお気に入りのポスターを貼ったりしていたのです。

けれども、「リネンのカーテンを掛けたら、落ち着いた雰囲気になって、もっと集中できるかも・・・」と思い直し、窓枠の幅、長さに合わせて縫った四角い布をカーテンレールに吊るしました。

思った通り、落ち着いた印象に変わり、気に入っています。

残りの布は、テーブルクロスにしました。
食卓に時々かけてみると、気分が変わって楽しく、家族からも好評です。

布団カバーを作ろうと思っていたリネンの布。

思いがけず、家の中のあちこちで活躍してくれています

 

 

大失敗!紅茶染め

白いワンピースを紅茶色に染めてみたい!と、ある日突然閃きました。

紅茶染めは、家で比較的簡単にできる染物だと以前どこかで聞いて、何も調べもせずに、なんとなく始めてしまいました。

大鍋にたっぷりのお湯を沸かして、紅茶のティーバッグを適当に入れて煮だしたところに、着古したコットンのワンピースを入れて更に煮てみました。
しばらくして火を止めて、ティーバッグを取り出し、冷めるまで放っておきました。

そろそろよいかな~と思って、ワンピースを取り出すと、よい色だけれど、ところどころまだらな濃い茶色い染みが出来てしまい、普段着るには忍びない感じになってしまいました。

思っていたのと違う!

さて、どうしようか。

パジャマにしようか…。
絵を描く時のスモッグにしようか…。
とも考えましたが、下半分を切って、ゴムを通してペチコートにすることにしました。

ワンピースの下に重ねたりして着ることにしました。

こんなファッションの人がいたら、私かもしれません。

くたびれたリネンのシーツから

白いリネンのシーツが大分くたびれてきたので、新しいものと買い換えました。

古いものは捨ててしまおうかと思いましたが、なかなか肌触りのよい布地なので、洗ってアイロンを掛けてみると、張りが出て、ところどころ使えそうな部分もあります。

そこで、トイレのカーテン2枚と娘のスカートを作りました。
トイレのカーテンは、突っ張り棒を通して、窓よりも高い位置の壁に渡しました。
リネンの布を通して柔らかい光が差し込むので、とてもよい雰囲気になりました。

ズボンよりもスカート派の娘のためにスカートを作りました。
白い布だと透けてしまうので、2段重ねにしてみました。
気に入って履いてくれるので、作ってよかったなあと思っています。

 

秋に向けて

私はリネンやコットン等の天然の素材が好きです。

先日秋に向けて、ウールリネンの布地を買いました。
娘のものも含めると、何度作ったかわからないくらい作っている直線縫いのスカートを作るためです。
私は凝り性な性格なのか、同じものを何度も作ってしまいます。
同じ形でも布が変わるとがらりと雰囲気が変わるので、毎回新鮮です。
また、作るたびに上達するような気がして、楽しいです。

ウールリネンの布地のスカートはお店で買うとなかなかの値段がします。
そこで、布地を買って作ってみよう!と思ったのですが、布地も思っていたよりも高価でした。
一時は諦めようかと思っていたのですが、あちこち探していると、たまたま手頃な値段で気に入ったものを発見しました。

そこで2メートルほど購入しました。
更に幅が145センチと広かったので、同じ布でストールとターバンも作ることができました。

ストールは、両端の横糸を抜いて、短いフリンジを作りました。
短目の方が大人っぽいかな…と思ったので。
そして、脇を細い三つ折りにして縫いました。

長さと幅がちょうどよく、お気に入りになりました。

 

おまけ~指編みあそび~

私がミシンを踏んだり、裁縫道具を出して、チクチク手縫いをしていると、5歳の娘は興味深げに覗いてきます。

そんな時に、鍵編み用の先が丸い針に毛糸を通して、予め穴を開けておいた厚紙に、縫うのと同じ要領で毛糸を通して遊ぶ遊びをすると、「私も縫えるよ!」と嬉しそうにしていました。

縫い終わると、うさぎの絵が浮かび上がるようにしました。

毛糸を指に絡めて編んでいく簡単な編み物(指編み)も気に入っています。

こちらは編み棒を使わず指だけで編んでいけるので、お子さんと一緒に楽しむことができ、おすすめです。

子どもが新しいことに興味をもった時、その時期を見逃さずに親子で一緒に遊びながらやってみると、そのことを夢中になって覚えていきます。
近いうちに娘と一緒に本物の針と糸を使って、縫物にチャレンジしてみようと思っています。

 

 

手作りと家族

私が楽しみながら手作りしているあれこれが、結果的に家族の栄養になったり、親子の楽しい会話につながったり・・・。

「手作りのぬくもり」として、家族に伝わっていたら、それはとても嬉しいことだな、と思います。

 

 

*イラストの無断転載を禁止致します。

 

 

はっとり まり
イラストレーター、絵本創作家。
乳幼児と保護者のためのおはなしかい講師。

前職は保育士。
主に保育、子育て、子ども関係の
イラストや絵本の仕事に携わる。
趣味は、ピアノ、鍵盤ハーモニカ演奏。
一児の母です。
法政大学社会学部社会学科卒
HP:www.hattorimari.com

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう