親子の時間研究所

行ってきました!トミカ博&プラレール博

この記事は約2分で読めます。

2歳の息子と0歳7ヶ月の娘の母です。毎日2人の子育てに奮闘してます。
今回は、名古屋で行われたトミカ博と大阪で行われたプラレール博に行ってきたので、その様子をお伝えしたいと思います。行きたい方の参考になればと思います。

プラレールやトミカのミニカーは、男の子たちが夢中になりますよね!

 

トミカ博~名古屋~

トミカ博は名古屋の会場のものに行きました。私の息子はどちらというと電車好きでプラレール派なので、どうかなと思いましたが、そんな息子でも楽しむことができました。

○良かった点
・入場料は前売り券があるので、その方がお得に入れました。JAF会員であれば当日でも安く入れるみたいです。
・アトラクションは、チケットを1枚100円、または11枚1000円で購入し遊ぶことができます。実際には、チケットが2枚、5枚、6枚で遊ぶことができました。
・どのアトラクションに関しても、年齢制限がなく、まだぎりぎり1歳だった息子でも少しの手伝いだけで1人で遊ぶことができました。
・5枚、6枚で遊べるアトラクションは必ず車がもらえるので息子は大喜びでした。
・平日の午後から入場が空いているという情報通りに向かったところ、本当に空いてました。
・限定商品が買えます。

○あまり良くなかった点
・やはり午後から行ったので、アトラクションで遊んだくらいで展示の部分はあまり見れませんでした。時間があればもっと色々見れたかなと思います。
・今回は自分の両親と行ったのですが、実際1人で2人の子どもを連れて行くのは結構きついかなと思いました。会場がそこそこ広く、ずっと娘が抱っこになってしまうのでかなりしんどかったと思います。

下の写真はトミカ釣りの様子です。

プラレール博、大阪の場合

プラレール博は大阪の会場のものに旅行のついでにお正月に行ってきました。電車好きの息子は、大興奮でした。
○良かった点
・こちらも前売り券があるので、その方がお得でした。
・チケットの買い方は同じですが、アトラクションによって、2枚、5枚、7枚、9枚と幅はありました。もらえるものによって金額の違いがありました。息子はただただ、電車をつなげるのが好きなので、中間車をもらえる5枚のアトラクションを中心に遊びました。7枚は先頭車がもらえます。
・シンカリオンやトーマスのブースがあり、色々なものが見れました。

○あまり良くなかった点
・お正月に行ったため、とてつもなく混んでいました。アトラクションは、朝一番で20分待ちから始まり、気づいたらアトラクションによっては、180分待ちとかになってました。
・会場が名古屋より狭く、より混んでいたように感じました。とても暑かったです。
・プラレール自体の限定商品はなかったように思います。トミカ博でも買える品物ばかりだったと思います。

下の写真は、プラレールのジオラマ展示です。これは圧巻でした。


スポンサーリンク

とにかく心の準備を持って行った方が良さそう

今回はトミカ博とプラレール博に行った感想を載せさせていただきました。

本当にプラレール博は、人がすごくて小さい子どもと行くにはかなり辛抱が必要だなと思いました。トミカ博も休日に行っていたらもっとすごかったと思うので、平日に行けるうちしか行けないなと思いました。
どちらの会場もしっかり授乳室完備だったので、赤ちゃん連れでも大丈夫でした。
そして、どのアトラクションも1歳でも楽しめるものばかりで、お土産までもらえるので子どもはとっても楽しかったと思います。まだ、また行きたいと言わないからよいですが、その内また行きたいとか言い出すんだろうなと思うとぞっとします。たくさんアトラクションをやらせるとそれだけお金がかかってくるので。

トミカ博、プラレール博は色々な地域で開催されているようなので、車好きくんや電車好きくんにはもってこいのお出かけスポットだと思います。よければ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク