親子の時間研究所

アナログゲームで、子どもと楽しくコミュニケーション♪

この記事は約1分で読めます。

「アナログゲーム」で、子どもと遊んでみませんか?
アナログゲームとは、昔ママたちが遊んだ「トランプ」「オセロ」「ボードゲーム」などのことを指します。

最近のゲームと違って"リアルでのコミュニケーション必須"な、アナログゲームで子どものコミュニケーション力が上がるかも?

アナログゲームに秘められた、そのスゴイ力


画像出典:ひるナマ+ アナログのゲームで子どもと向き合う より
スマホや最新ゲーム機を使っての、いわゆる「デジタルゲーム」はゲームの中だけで、コミュニケーションが完結してしまい子どもの対人力の発達には、あまり効果がありません。

しかし、トランプやカンタンなボードゲームなどは、親子で楽しむことで次のようなメリットがあります。

  • ・誰でも始めやすい、参加しやすい
  • ・人数、場所に合わせて楽しめる
  • ・コミュニケーションを取りながら遊べる
  • ・遊びを通じて、子どもの個性がわかる

ただゲームで遊ぶだけなのに、子どもの成長につながるなんて、改めてアナログゲームってスゴイですよね!

アナログゲームのメリットって結構スゴイんです!


画像出典:ひるナマ+ アナログのゲームで子どもと向き合う より
アナログゲーム――今回はトランプを例にしてあげると、まずトランプ1セットさえあれば「ババ抜き」「七並べ」などのルールがカンタンなゲームだったら、小さなお子さんでも始めやすいし、参加しやすいですよね?

また人数や遊ぶ場所も、極論言えばお外でも車の中でもトランプさえあれば、遊ぶことが可能です。

それにトランプの各ゲームを通じて、おしゃべりしたり、相手に勝つ方法を考えたり、とゲームの中でママや他のお子さんとコミュニケーションをする機会が生まれます。

そして、アナログゲームをプレイすることで、改めて「うちの子は数字に強い」「うちの子は、嘘が顔に出るタイプだ」など、子どもの個性がわかります。

ゲームはテレビゲームだけじゃない!アナログゲームで楽しく遊ぶ&学ぶ♪

私たち親世代の頃に比べると「テレビゲームで遊ぶ」という敷居は、ずいぶんと下がりました。

今ではスマホを使って、いつでも気軽にデジタルゲームが楽しめますが、そんな時代だからこそアナログゲームで遊んで、子どもの「ゲーム以外の能力」を親が伸ばしてみてはいかがでしょうか?

もしかすると、スマホゲームよりも、そっちのアナログゲームの方がお子さんはママと遊べるから、喜んでプレイするかもしれませんよ~?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク