親子の時間研究所

ママの「疲れた~」は、がんばった証拠です! 〜 上野里江の『こころのママ』(その13)

この記事は約1分で読めます。

仕事から帰ってきた夫、ホッとすると口から出てくるのが
「あぁ~疲れた!」ということば

私は「お疲れさん」と、軽く受け答えはするけれど

実は…
「疲れた!ということばは言わないぞ~」と心に決めてから
私自身は「疲れた!」ということばを使わないように意識しているのです。

それは、我が子が小さかった頃
仕事と子育てと家事に追われて、毎日「疲れた~」と言っていた私

そしたらね

「私がこんなに疲れているのは、子どもたちが言うことを聞かないからだ」とか
「子どもたちのせいで、自分の時間が持てないんだ」という

『我が子のせいで疲れている』という思い込みが生まれて、イライラが倍増してしまったのです。

そこで「疲れた」を「今日も一日がんばりました!」という『ねぎらいのことば』に変えて
「よしよし、よくやったね」って、自分にねぎらいのことばをかけるようにしたんです。

自分で自分をねぎらっていると、なんだかニヤけて一日が笑いで終わるようになってきて…

心も体も癒されるかも?! と、実感しました。

「疲れた~」って感じるのは、がんばった証拠だから…

もしかしたら本当に、大変な一日だったのは事実かもしれないけれど…

その事実の中で自分がどんな気持ちを持つか?
それをどう捉えるか?って、自分で選べるんですよね!

どうせなら自分の気分が良くなることばを使って、良い思い込みをしたほうがお得かも?
私は、そう思っています。

毎日子どものために、家族のためにがんばっているママさん!

子育ては楽じゃないけれど…
見方を変えると新しい発見がいっぱいで、笑えることも面白いこともありますよね!

一日の終わりは「疲れた~」を「よくやったね、私!」に変えて、自分をねぎらってあげよう~

ママがご機嫌だと、家族もご機嫌になれるから…ね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク