親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2017年11月13日

【片付け術】 勉強後の消しゴムカスを一瞬できれいしちゃう方法

掃除小学生になると毎日宿題がだされますよね!
我が家ではリビング学習を取り入れており、どうしても消ゴムのカスが沢山落ちています。

リビング学習①我が子は、学校から帰ってきても、宿題や明日の支度をすぐには終わらせてはくれません。
ダラダラやっているので18時くらいに全てを終わらせている感じです。

6時から食卓テーブルに食事を準備したい私と子どもの片付けが重なってくるのです。

テーブルの上の消しゴムのカスまできれいに掃除出来ておらず残っています。bunbougu_keshigomu

しかも、無理に拭き取ると床に落ちてしまい片付けまでに時間がかかり困るものです。親子 床掃除

子ども達には消ゴムのカスは、手で集めてテーブルの下に片方の手を置いて、片方の手で書き落とす集め方を教えました。
しかし、子どもの手は小さいので手から消ゴムのカスが落ちているんですよね。

 

 


もっと簡単にきれいに取る方法を

紹介します。


 

それは・・・・!!!

「コロコロ」粘着テープです!

コロコロ

100均にも売っているあの、コロコロ。

本当、色んな場面で役に立ちます。

そのコロコロで、宿題が終わった後のテーブル上にある消しゴムのカスの上を「コロコロコロ・・・・・・」

すると!一瞬で、コロコロに消しゴムのカスが付着し、テーブルの上には、何もない状態!!!

その上から、きれいに、台ふきで拭くだけ!!!

下に落ちていればコロコロで取ればok!
これなら、子どもも簡単に消しゴムのカスをすてられます!

 

 

子ども コロコロ

 

是非、試してみてください。

 

【注意点】

粘着力が強い場合、テーブルに直接コロコロすると、テーブルの上で、テープがくっついてしまうことがありますので、必ず、一度粘着力を落としてから使用されることがいいと思います!

いったんどこかをコロコロしてから、テーブルのカスを取ってみてください!

 

aiku

横浜から山梨へ移住。
保育士・幼稚園教諭の経験を行かし、個性あふれる三姉妹を見守りながら、家族でペンション経営とWebライターとして日々の生活を楽しんでいる「アイク」です。
そんな、ワーママ生活の中で思うことや参加したイベント・勉強会のレポートそして、我が家の三姉妹の奮闘記などをご紹介したいと思います。
我が家のペンション: 「ペンションリュミエール」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう