親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年11月9日

花粉症の咳には要注意!

花粉症は大変です

我が家は主人、私、小学6年生と2年生の兄弟の4人家族です。両親がアレルギーの場合60%の割合で子どもに遺伝するそうです。
私も主人も花粉を始め様々なアレルギーがあります。そして、主人には昔から喘息がありました。
残念なことにアレルギーは子どもたちにも遺伝してしまいました。

その中でも花粉症は兄弟2人とも本当に小さいうちから症状が出てしまいました。弟は赤ちゃんの頃から花粉の時期になると目を掻いたりくしゃみをしたりしていました。
お兄ちゃんは花粉眼鏡をかけて小学校に行っていた時期もありました。
しかし、普段は眼鏡をしていないため見慣れない姿にからかわれたりすることから、今はもうかけなくなってしまいました。

花粉の時期は洗濯物も布団も外には干さず、なるべく家に花粉を持ち込まないようにしています。それでも、子どもたちは学校でおもいっきり外で遊んで帰ってくるので、日中たくさん吸い込んだ花粉のせいで帰宅後目が痒い~となってしまいます。
毎年お薬をもらうのですが花粉の力にはなかなか勝てません。

止まらない咳

お兄ちゃんが1年生の時、年が明けて花粉の季節がきたので病院へお薬をもらいにいきました。
毎日飲み続けていたのですが、だんだんと咳が出るようになってきました。日中は全然気になりません。学校でも元気に遊び、お兄ちゃんも咳で辛そうにしている雰囲気はありませんでした。

ところが、夜の仕上げみがきのため寝る姿勢になってもらうと一気に止まらなくなるのです。ゴホゴホと乾いた咳がずっと出ます。なんとか仕上げみがきをして起き上がると、咳は出なくなります。

夜寝るときや朝方起きてきた時も少し出ていたのですが、もともと鼻炎もあり普段から鼻水も出ていたので風邪かな?と思っていました。

咳も気になっていたのですが、それよりも目が痒い!と掻いてしまうため、目が真っ赤になってしまい眼科に行ったりしているうちに2週間ほど経過していました。その間なかなか咳は治まらず病院へ行くことにしました。

花粉症からの喘息

鼻炎もあったことから普段は耳鼻科でお薬をいただくことが多かったのですが、今回は小児科で診てもらうことにしました。

診察室で、横になると咳が止めらなくなること、朝晩も咳が少し出ることをお伝えしました。その結果、花粉症から喘息になっていると言われました。
主人が喘息持ちのため幼児期は気にかけていたのですが、喘息の気配がなく安心していました。今回もヒューヒュー、ゼーゼー言っていないか様子をみていたのですが、どうやら咳喘息と言うものらしくそのような症状は出ないようでした。
喘息のお薬をいただき飲み続けると少しずつ咳も治まってきました。

それからは少しでも咳が出ると、すぐに病院へ連れていくようにしました。

1年生以降、お兄ちゃんの喘息は酷くなることはありませんでした。アレルギーの薬も検査により秋花粉もあることで1年を通して飲んでいます。
そのため1か月に1回病院へ行くので毎回胸の音を聞いていただき、咳が出ていなくても気管支を拡げるお薬を処方されることもあります。

あの頃、どちらかというと弟の方が気管支が弱く、咳が出るとすぐ気管支炎になっていたのでお兄ちゃんの喘息は予想外でした。もっと早く病院へ行っていれば喘息まで酷くならなかったと思います。お兄ちゃんには申し訳ないことをしたと、後悔しています。

咳が出たら病院へ

現在6年生のお兄ちゃんは、得意ではないですが運動が大好きです。部活でバスケをしたり、陸上をしたり1年を通して動いています。
走ったりしているときに喘息の症状が出ることはありません。
ただ、風邪を引いたとき等、咳が出たときに病院へ行くと喘息のお薬も一緒に処方されるので気管支が狭くなりやすいのだと思います。
アレルギーのお薬を1年を通して飲み続けているので、アレルギーが原因での咳は出ないようになりました。

もっと早く病院へ行っていれば…と私の後悔はなくなりません。咳喘息は鼻水が出ないとありますが、お兄ちゃんのように鼻炎があり鼻水がいつも出てると分かりにくいです。
子どもの咳が続くようなら早めの受診を心がけてください。

rie0510

ただいま小学6年生と2年生の男の子の母です。

息子2人は、タイプは違えどとても元気で毎日がお祭り騒ぎ。優しく注意しても聞かない我が子に大声で怒りながらも、一緒にいられる今が幸せで嬉しくてたまりません。

子どもと一緒にいられる時間はとても少ないものなので、目を見開きながら少しでもその成長を、変化をいつまでも覚えていられるように、子どもたちの旅立ちの日を迎えられたらと願っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう