親子の時間研究所

幼児にもニキビが出来るって知っていますか!?

この記事は約1分で読めます。

初めまして。私にはもうすぐ二歳になる息子がいます。

生後半年までは人並みに乳児湿疹が出ることがあり、その度に小児科で診察・処方していただいた「プロペト」や「ヒルロイド」などの保湿剤を塗ることで、肌トラブルを解決していました。

治らない湿疹

1歳9か月になった頃、口のまわりに小さく赤いプツプツとした湿疹が出てきました。
かかりつけの小児科で診てもらうと「おそらく乾燥が原因による湿疹だろう」との診断で、前回と同じような保湿剤を処方していただきました。
こまめに塗っていたのですが、1週間塗り続けてもなかなか湿疹が治りませんでした。

保育園が終わった後に湿疹が悪化していることもあり、園の先生にも協力してもらい園でもワセリンを塗っていただいたのですが、それでもやはり治らず。
小児科の担当医にお願いをして別の薬を出してもらおうと思っていたところ、担任の先生から「皮膚科に行ってみたらどうですか?」と、アドバイスを受けました。

 

湿疹ではなく『にきび』・・・

その足ですぐに近所の皮膚科に連れて行き、先生が息子の湿疹を虫眼鏡で見るやいなや「これはニキビですね!」と、一言。

1歳児にニキビが出来るなんて思ってもみなかった私は、とにかくびっくりしました。

そして先生は、今まで私が行っていた「ワセリン」を塗るスキンケアは炎症部分に油で蓋をしてしまう行為で、出来てしまったニキビを治すには逆効果であることを教えてくれました。

息子に処方されたのは「アクアチムクリーム」という塗り薬。
私もニキビで悩まされ、皮膚科で処方してもらったことのある薬でした。

ニキビが出来ているところ以外の肌は以前と同じように保湿クリームとワセリンでしっかり保湿し、赤いプツプツが出来ている患部には皮膚科で処方された薬を塗ってあげました。

すると翌日にはニキビが小さくなり、2~3日で綺麗な肌に戻りました。

子どもに関することは、肌トラブルであっても「小児科」と勝手に思い込んでいた部分があったのですが、専門医で診てもらうことの重要性を認識した出来事でした。
あの時、皮膚科をすすめて下さった保育園の先生には本当に感謝しています。

そして何より、ニキビは思春期からのものではないのだと知りとても勉強になりました。
皮膚科の先生によると、「ニキビは乾燥が原因で発生する」こともあり、息子に関してはそれが原因だったのではないかとのことでした。

私のこの体験が、お子さまの肌トラブルでお悩みの方の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク