親子の時間研究所

大切なお子さんの歯を守れるのは親だけです!

この記事は約3分で読めます。

子どもが健康な歯でいてほしい願いは皆さんも同じですよね!

 

でも、歯みがきを嫌がったり、いつから口腔ケアをしていけばいいのかどうやってケアしてあげればいいのかわからない事もありますよね。

今回は、そんなお子さんの歯についてまとめてみましたのでご案内します。

子どもの歯磨き、大人がしっかりケアする事が大切。

hamigaki_akachan
たまに、ママ達の間で耳にする「乳歯にむし歯が出来ても、永久歯に生え変わるから!」という会話。

実は、これは大きな間違えなのです。

友だちの歯科医によると、乳歯で出来たむし歯が永久歯にも影響を及ぼすようです。生えかわったばかりの永久歯は歯質がとても弱いため、むし歯になりやすいという特徴があるそうです。

子どもの歯磨き、むし歯の感染源は家族!?

group_hogosya_kyoushi_sei
『ドキッ!』としませんでしたか?

大切に歯みがきケアをしているのに家族が原因だなんて、ショックですよね!!実際にどんなことが原因なのかご紹介します。

まず、生まれたての赤ちゃんには、むし歯菌は存在しません。しかし、一緒に生活をする家族の唾液には沢山のむし歯菌がいます。そんな家族とスキンシップのキスや親が使ったスプーンやフォークでの食器感染などでむし歯菌を大人からもらってしまうのです。


スポンサーリンク

子どもの歯磨き、むし歯菌を感染を防ぐには?

Dad2

 

POINT1 自分自身がしっかり歯みがきする事

これは、絶対!子どもの近くに行くなら菌を減らしておきたいですよね。

POINT2 子どもとの口へのキスは極力さける

これは、お子さんだけにではなくパートナー同士でのキスにも注意が必要です。しかし愛おしい子どもとのスキンシップ!絶対にダメではないので極力避けてあげましょう。

 

POINT3 食べさせ方を変えましょう。

つい、一緒に食べていると自分の使ったスプーンなどで介助してしまったり、熱くないか一度自分の唇に触れてみてから与えたり。スープなどは息を吹きかけ冷ましてみたりしてますよね。親の愛情で行っている事ですがむし歯菌から見ればNGな行動でした。

 

POINT4 うがいコップは一人ひとり専用の物に

確かに、うがい専用コップはばい菌も沢山!専用を用意していきましょう。

 

POINT5 おやつや食事は時間を決めましょう。

虫歯予防のために、甘いものを食べすぎない、ダラダラ食べは避けます。唾液での中和が遅くなり虫歯になりやすくなるようです。

 

POINT6 食後の歯みがき習慣を取り入れる。

なんといっても毎日の歯みがきが一番の大切。食後は親子で歯みがきをする習慣を付けましょう。状況的に歯みがきが難しい場合は、お口を水ですすぐだけでも効果があります。

 

POINT7 家族みんなが定期的に歯科検診を受ること。

むし歯ではないから良くないのではなく、ならない為にフッ素を塗ってもらったり、歯ブラシで磨けてない歯垢を取ってもらったりしていきましょう。

 

POINTを見ていくと色々考えてしまい何をどうすればいいか悩んでしまいますよね!あまり神経質にならなくていいと思います。こんな事が原因になり、こんな事で予防できるんだと感じて頂ければと思います。その中で今できる事をやってみてもいいかもしれません。

 

ha_musibakinn

むし歯・歯みがきに関しての関連コラムはこちら

●むし歯系コラム

●歯みがき系コラム

子どもの歯磨き、そもそもいつから行うの?

歯みがきは、歯が出てから行うものと考えて大丈夫です。しかし、歯がない赤ちゃんの時期からお口の中をきれいにすることに慣れさせておくといざ、歯みがきをする時期になった時にスムーズにできるようです。

子どもの歯磨き、歯が生えていない時期から生え初めのケアとは?

いきなり、歯ブラシはびっくりしたり、痛かったりとトラウマになってしまうので、濡らした綺麗なガーゼなどで舌や上唇の裏あたり歯茎などを優しく触れるようにミルクのかすなどを拭ってあげてください。

子どもの歯磨き、1日何回やるの?

ha_family_hamigaki_shiage
回数はまだこだわらなくて大丈夫です。1日1回の夜なる前が、良いでしょう。一番むし歯菌が増えて来るのが寝ている間なので寝る前のタイミングがベストです。

子どもの歯磨き、生え始めの歯ブラシの注意点は?

力加減が難しいですよね!強く磨くと痛いし、歯垢も取れません。鉛筆を三本の指で優しく滑らせて磨いていきましょう。生え初めの時期が生後3~9ヶ月くらいに生え始めます。(個人差はあります。)離乳食を食べ出す年齢から歯ブラシに切り替え、お子さんにまずは興味を持ってもらいましょう。

最初は、遊びからで構いません。歯みがきが出来ない場合は、お水や緑茶などを飲ましてあげるだけでもいいでしょう。

子どもの歯磨き、歯ブラシはどんなのがいい?

 

●歯の2本分幅の歯ブラシがベスト

赤ちゃんに使う歯ブラシは、小さめのものを選びます。毛の生えている部分が赤ちゃんの歯2本分ほどの幅のものがちょうどいいサイズです。

 

●仕上げ用と2本用意して

赤ちゃんに持たせるマイ歯ブラシと親御さんの仕上げ磨き用にも1本用意します。仕上げ用は絵が長い小さなヘットがオススメです。

 

haburashi_kirei

歯ブラシに関しての関連コラムはこちら

子どもの歯磨きまとめ

お子さんがむし歯にならないように健康な状態を保つことは、親御さんにとって大変な事ですよね。

しかし、乳歯の健康状態は、永久歯に影響をおよします。生え始めの乳歯を守ることが出来るのは親御さんしかいません。可愛い我が子の成長のためには大切なことなので出来る限り寄り添いケアしていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク