親子の時間研究所

春から気をつけたい、子どもにもUVクリーム

1歳半の息子の育児に奮闘中。
夏には二児の母になる予定のREINAです。

今回は日焼け止めのお話です。女性は男性に比べてしっかりケアしている方も多いのかなと思いますが、子どもの肌ほど弱いものはありません。外遊びに出かける前、水遊びの時などしっかり親が気をつけてあげないと肌がボロボロに。
オススメの商品も紹介していきます。

紫外線とは?

紫外線UV=ultraviolet-rays
紫外線とは太陽から放出される太陽光線の成分のひとつ。紫外線は殺菌作用や日焼けなどの化学変化の作用が大きいのが特徴。皮膚に紫外線が照射されるとコラーゲン繊維および弾性繊維にダメージを与えて皮膚を加齢させる。

簡単に説明するとこうです。つまり、皮膚を加齢させるわけですから、体にとって良くないことがわかります。大人が夏に海やプールで日焼けをした時も、お風呂が痛くて入れなかったりしますよね。子どもの肌は弱いため、なおさら日焼けしやすいです。しっかりと日焼け止めクリームやスプレー、UVカット仕様の服などで予防して、外でも楽しく遊べるようにしましょう。

いつから日焼け止めは塗ればいいのか。

この問いの答えは、「1年中塗った方が良い」が模範解答です。しかし、なかなかその手間をかけてあげられないのが現状です。では特に気をつけなければならないのは、いつかというと「5月〜9月」です。紫外線が最も強いのがこの時期です。そして時間帯は「10:00〜14:00」1日の半分の紫外線がこの4時間で降り注いでいます。この時期、時間帯を抑えておくと日焼けを軽度で済ませられます。

そして、忘れがちなのが塗り直すことです。日焼け止めの効果は塗ったら1日中、日焼けから守ってくれるわけではありません。家を出る前に使い、外遊びの際など水分補給のタイミングや、お昼寝の後また外に出るのであれば、必ず塗り直しましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんから使えるUVクリーム

・ピジョン | UVベビー ウォーターミルク

普段使いに最適なSPF15のこちらの商品は、1ヶ月検診を終えて、短い時間のお散歩デビューした頃から愛用しています。今でも1時間ほどの公園遊びなどでは、顔と皮膚の出ているところに塗っています。サラッとした仕上がりですし、あまり白く残らないのもちょうどいいです。

・和光堂 | ミルふわ ベビーUVケア 水遊び・レジャー用

SPF35なので、赤ちゃんが使える日焼け止めの中では強めの商品です。我が家では普段のお散歩などではなく、長時間の外出や水遊びさせる時に使っています。日々使うには、刺激が強すぎるかなという印象です。赤ちゃん用の石鹸で洗えばしっかり落ちるため、塗りすぎても心配ありません。

ママにオススメUVクリーム

私が産後からずっと愛用しているのが、THE BODY SHOPが販売している、こちらの2種類です。

・スキンディフェンス プロテクションエッセンス SPF50 PA++++

こちらは腕や足、顔以外の出ている部位に使っています。SPF50なので紫外線を気にしなくてよく子どもの外遊びに長く付き合っていても、日焼けを抑えてくれます。みずみずしい触り心地でとても軽いので、伸びもよく塗りやすいです。それでいてオイルも配合されているためうるおいも保てます。とてもオススメです。

・モイスチャープロテクト エマルション E

こちらは顔用で普段使いしています。日中用乳液でありSPF30なので、気兼ねなく使えて重宝しています。特に人と会うことのない日は、化粧水などでお肌を整えた後、このUVクリームを使用してそのまま外出していますが、かなり日焼けから守ってくれます。メイクをする時は、ベースメイクの前にいつもより少なめに顔全体に塗っています。時期を問わず365日使えて、肌のうるおいも保てるためオススメです。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
少しでも読んでいただいたママさん、お子さん
の日焼け対策のご参考になればと思います。

我が子は少し肌が弱く、保湿や日焼け対策を怠るとすぐ発疹が出たり、ザラザラとしてしまうためこれからの季節は特に注意が必要です。肌の弱い弱くないに関わらず、ケアを怠っていると後々肌に悪影響であるのは間違いないため、是非みなさんも実践していただきたいなと思います。

子どもたちの大好きな水遊び、プール、海水浴などこれからの季節は日焼けと向き合わなくてはならないイベントが多いので、保護者である私たちがしっかり子どもたちを守ってあげたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
おそらの絵本バナー1