親子の時間研究所

生後3ヶ月頃の赤ちゃんとお出かけする際の服装や持ち物は?

この記事は約2分で読めます。

何も分からずあたふたしていた新生児期を過ぎ、赤ちゃんとの生活にも慣れてきましたか?
近くのスーパーや軽いお散歩程度の外出から、生後3ヶ月くらいを目途に車に乗って遠出をしたり、大型商業施設に出かけたりと、少しずつ長時間のお出かけにも行くようになったママも多くいることでしょう。

そこで今回は、生後3ヶ月頃の赤ちゃんとお出かけする際の注意点や季節別の服装、あったら便利な持ち物について詳しく紹介します。気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

生後3ヶ月の赤ちゃんとのお出かけする際の注意点

毎日の授乳時間やお昼寝時間をできるだけ崩さないように、基本的には1時間程度のお出かけに留めておくのが安心です。また、室内と室外の温度の変化が大きい夏や冬は、帽子や靴下、薄手のカーディガンなどを持ち歩いておくと赤ちゃんの負担を減らすことができます。新生児期に比べ体力はついてきますが、通勤ラッシュや帰宅ラッシュなどの人込みは避け、天気が比較的良い日にお出かけしましょう。

ママはとにかく荷物が多く、身体も完全に回復したとはいえない状態です。特に平日は1人で面倒を見ているというママは無理にお出かけする必要はありません。パパや同居の方の休みに合わせて「協力」しながら赤ちゃんとのお出かけを楽しんでくださいね。

生後3ヶ月の赤ちゃんの季節別の服装は?

無料写真素材 写真AC

手足の動きがより活発になってくる生後3ヶ月頃の赤ちゃんの服装は、ママの悩みのひとつでもあります。そこでここからは、生後3ヶ月頃の赤ちゃんの服装について季節別に紹介します。

【春】ポカポカ陽気が気持ち良い春ですが、実は寒暖差が大きくなる季節でもあります。気温の変化に対応できるように、薄手のカーディガンなど着脱しやすい服装を心がけましょう。肌着は綿素材のものを、嫌がらなければ靴下を履かせるのも良いですね。

【夏】室内と室外との温度差が大きく汗をたくさんかくので吸水性が良い肌着を着用させ、着替えやカーディガンなどのは織物を持ち歩くと安心です。また、紫外線にも注意し帽子は必ず着用させましょう。

【秋】春と同様に寒暖差が大きいので着脱しやすい服装を選ぶと良いでしょう。半袖肌着の上から厚めのトップスを重ねるなど少し工夫が必要です。

【冬】地域にもよりますが基本的にとても寒くなるので、暖かい素材のものを選びましょう。またロンパースなど上下繋がっている形のものは肌に直接冷たい空気が当たりにくくお腹も出ることがないので安心ですよ。帽子や靴下はもちろん、毛布などの防寒アイテムがあると尚良いですね。


スポンサーリンク

生後3ヶ月の赤ちゃんとのお出かけの際の持ち物は?

以下はどこへ行くにも必須アイテムといえるものですので、ぜひ参考にしてみてください。

オムツ4~5枚
おしりふき
オムツ替えシート
タオルやガーゼ
おもちゃ(なるべく音の出ないもの)
着替え(最低1セット)
哺乳瓶、粉ミルク、お湯、白湯(ミルクの場合)
授乳ケープ(母乳の場合)
母子手帳、保険証、乳児医療証

何かあった時に安心できるように常にバッグに揃えておくようにすると、いざというとき困ることは少なくなります。

【番外編】あったら便利な持ち物

ここからはお出かけ先や季節に応じてあると便利なものです。

ベビーカー(公共交通機関で移動する場合は、時間帯はもちろんエレベーターの有無についても調べておくと安心です)
チェアベルト
バックシートポケット
赤ちゃん用お菓子

おすすめ!チェアベルト

created by Rinker
日本エイテックス
¥1,582 (2021/10/23 13:28:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
日本パフ
¥1,152 (2021/10/23 13:28:22時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ!バックシートポケット

Oasser シートバックポケット 車用収納ポケット キックガード 後部座席収納 防水防汚 多機能 大容量 10”IPad収納 2枚セット ティッシュボックス1個贈り E2
oasser

赤ちゃんもママもストレスなくお出かけできるように

生後3ヶ月の赤ちゃんとのお出かけの際の服装や持ち物からあると便利なものまで紹介しました。

赤ちゃんにとってもママにとっても、ストレスなく楽しんでお出かけできるように、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク