親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年10月18日

『体験談』赤ちゃん、0歳児とお出かけ。初の日帰り旅行、京都編

1歳8か月の息子と0歳4か月の娘をもつ母親です。
日頃、お出かけすることが多く、暇を見つけてはお出かけしています。

初めての子育て中したに初の日帰り旅行の体験談を書かせていただきます。
旅行に行きたい方の参考になればと思います。

初めての日帰り旅行でドキドキ!

私と子ども、息子との初めての旅行は京都でした。息子が0歳4か月の時です。
私の家から京都までは高速を使って、2時間弱くらいの距離にあります。
とくに京都を選んだ理由は大きなものはないのですが、GWで旦那の休みがあり、それを利用して2時間程度でいける距離の場所で、と考えた結果、京都に決まりました。ちなみにもともと私は京都が好きで、よく行っていました。妊娠中にも実は1回行きました。

初めてのちょっとした長旅で、ドキドキしながら計画を立てました。我が家では、旅行の計画を立てるのは私の役目です。GWだったこともあり、車の渋滞が予測されたため、早めに起床し早めに家を出ることにしました。
その時、息子は完母で育てていましたので、荷物としてはおむつ、おしりふき、着替え、ベビーカー、抱っこひも、授乳ケープとしても使えるような大きめのブランケット程度でした。

清水寺や祇園を散策。

朝早く出たかいもあってか、目立った渋滞にははまらず、無事に到着することができました。
清水寺やその参道が好きなので、その近辺に車を止めていざ散策しました。そして、抱っこひもで息子を抱っこして清水寺へ行きました。

実際坂が多いので、ベビーカーは不向きと思われます。清水寺自体は早朝から入ることができるので、のんびり駐車場から歩いていきました。
ちょうど参拝してかえってくるところでちらほら店が開き始めていたので、寄り道しながら坂を下りました。抱っこひもだったので比較的息子もぐずらずに散策することができました。

問題になったのは、授乳室がないことでした。完母だったため授乳が必要でしたが、お寺内や参道には授乳室はなく結局車に戻って車の中で授乳することになってしまいました。
なので、目的地にもよるとは思いますが、私の行った祇園や清水寺近辺ではあまり遠くに車を止めない方がいいなと感じました。
そのあとは、近場で昼食をとって帰りました。昼食のときはぐずるか心配でしたが、旦那がずっと抱っこひもで抱っこしながら食べていました。

京都で抹茶を食べたいなと思っていましたが、授乳のこともありカフェインどうかなと心配していたため、今回はあきらめました。カフェインは一杯くらいはいいみたいですが、私は結構気にしてしまうタイプなので、なるべく摂取しないようにしていました。

結果的になんとかなった日帰り旅行

行く前はドキドキしていましたが、行ってしまえば楽しむことができました。

息子はとくに何も感じていなかったと思いますが、親の息抜きに付き合っていただきました。
授乳室の件はもっと調べてから行けばよかったなというのが、この旅での反省点でした。どこかスーパーとか百貨店とかあればあったのかな?いまさらですが。
その他は駐車場は近くの打ち止めに止めれて、お金もさほどかからずに済んだし、渋滞にはまることなく行き帰りできたので、総合的に楽しかったと思います。

この体験が少しでもみなさんのお役に立てればと思います。
息抜きに1、2時間程度で行ける距離であれば日帰り旅行も赤ちゃんといけると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう