親子の時間研究所

コラムの書き方   その2、初めて書く人のための5ステップ

コラムとは、そしてコラムの基本ルールについてわかったら、次は実際にコラムを書いてみましょう!
……ただ、実際にコラムを書いてみるとわかると思いますが、正直多くの人が「何を書いて良いのか、わからない!」と思っているのでは。

みんなの役に立つ情報を発信したいけれど、初めてのことで、何を書いて良いのか迷っている方は、このコラムが役に立ちますよ!

「テーマにそって自分なりに文章を書いているはずなのに、どうも上手くまとまらない!」
「私にコラムなんて書けるのかなぁ……」と初めてのコラムの書き方に戸惑っている方は、下記の5ステップにそって自分の考えをまとめることから、はじめてみませんか?

コラムを書くために自分の考えをまとめる5STEP

  1. テーマを深掘りする
  2. ママとしての経験を振り返ってみる
  3. 「これは!」と思ったコトを書き出してみる
  4. 書き出した経験・アイディアの中で使えるものをピックアップする
  5. 書き出した内容を文章にして起承転結でまとめる

[STEP1]コラムを書くために、まずは自分の考えをまとめよう!

例えば、コラムを書くテーマが「子どもの叱り方」だとしたら、アタナはどんなコラムを書きますか?

一口に子どもの叱り方と言っても、人それぞれ考え方が違うので、同じテーマでも書く内容はぜんぜん違います。

例えば、同じ叱り方でも人によっては「子どもの上手な叱り方」「自分がやって効果がなかった叱り方」と《叱り方》から連想するモノは、面白いほど全然違うんですよね~!

1つのテーマから考えられることは、人それぞれ異なりますが、まずはコラムのテーマを自分なりに深掘りして、「テーマにそって何を書くか?」と考えてみましょう。

[STEP2]ママとしての経験を振り返ってみる

テーマを深掘りし、なんとなく自分が書きたいモノが見えてきたら、深掘りしたテーマに、ママとしての経験をプラスしてみましょう!

[テーマ:子どもの叱り方]
叱り方 → 上手な叱り方 → ???

例えば、子どもの叱り方を自分なりに深掘りし、「私は上手な叱り方についてコラムを書こう!」と考えたとします。

次にやるべきことはママとしての経験を振り返り、「自分はどんな上手な叱り方が、これまで出来たかな?」と考えてみましょう。

そう、アナタが子育てで"親"として経験したことこそが、他の人の役に立つことになるんです!

[STEP3]「これは!」と思ったコトを書き出してみる

自分のママとしての経験を振り返ると、いろんなモノが見えてきます。
「あんな事があったな」「こんなコトを思ったな」「アレは便利だった!」など、アナタが振り返った経験の中に「これは誰かに伝えなきゃ!」と思ったモノがあったら、スマホのメモでもなんでも良いので、書き出してみましょう。

どんな内容が思いつくかは人それぞれ。
でも、アナタが試行錯誤して生まれた経験やアイディアが、親子の時間研究所に参加する人の役に立つことは間違いありません!

とにかく「コレは誰かに伝えなきゃ!」って、言葉を思い出したらなんでも良いので、いろいろ書き出してみてください♪

 

[STEP4]書き出した経験・アイディアの中で使えるものをピックアップする

「これは!」と思ったアイディアを書き出したとしても、それが全て使えるワケではありません。
書き出した経験・アイディアの中には、今回のテーマに合わないものもあるかもしれません。
(でも、いつそのアイディアが役に立つかわからないので、メモに書いた内容はとっておきましょう!)

自分が書き出した内容の中から、自分が深掘りした「書きたいテーマ」にふさわしい経験・アイディアをピックアップして、次のステップに進みましょう♪

 

[STEP5]書き出した内容を文章にして起承転結でまとめる

テーマにそった経験やアイディアをピックアップしたら、後は自分なりに深掘りしたテーマにそって、ピックアップした内容をもとに文章にまとめましょう!

◆テーマ:子どもの叱り方

◆深掘りテーマ:子どもの上手な叱り方

◆書き出した経験・アイディア

  • 深呼吸してから叱ったら冷静になれた
  • いっぱい叱りたいことはあったけど、1つのことだけ叱った
  • 叱った後に、ギューって抱きしめたら親子の絆が深まった
  • パパの前で叱ったら逆効果だった etc……

◆ピックアップした経験・アイディア

  • 深呼吸してから叱ったら冷静になれた

上記の内容をもとに考えると、アナタは子どもの上手な叱り方に関するコラムを書きたくて、そのコラムの中で伝えたいことは「深呼吸してから叱ると冷静になる」だったと、するとアナタがコラムとして起承転結に則って書くべきことは、こんな風になります。

 

  • 起:子どもを叱るときに深呼吸をしてみませんか?
  • 承:自分なりに思う叱るときに深呼吸をするメリット
  • 転:実際に深呼吸をしたら、叱る前に深呼吸するときのコツ
  • 結:だから、アナタも叱る前に深呼吸をしましょう!

 

最初は何を書いて良いのかわからなかったアナタも、テーマをしっかり深掘りし、自分の経験・アイディアを思い出し、それを選別することで、テーマにそって自分が書きたい内容がハッキリするので、同じ悩みをもつママに役立つコラムを書けるようになってきますよ!

人それぞれコラムの書き方は違います! 慣れてきたら自分にあったコラムの書き方を見つけてみてください♪

 

「コラムを書きたいけれど、書き方がよくわからな~い!」という方は、ご紹介した5つのステップを参考にすると、アナタならではのコラムを書きやすくなりますよ!

ただ、コラムも何本も書いてくると、書き慣れてきます。
すると自然に「私には、この書き方があってる!」と自分なりのコラムの書き方が見えてくるので、まずは5ステップに則ってコラムを書き上げてみることから、はじめてみましょうね~♪

 

ママサポーターになってコラムを書いてみよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク