子どもには、ママに言われて「うれしいことば」があるんです! 〜 上野里江の『こころのママ』(その11)

我が子と毎日顔を合わせているけれど…
今日、どんな会話をしたかしら? 覚えていますか~?

振り返ってみると

忙しい朝は「早く食べて!」「もう時間だよ」
そんな指示命令のことばだったり

一日の終わりの会話は
「今日どうだった?」「○○は出来たの?」など
確認の質問が多くなったり

あなたは、どうかしら?

実は私…かなりの心配性で
我が子が小さい頃は確認と指示命令ばかりしていたんです。

でも、コーチングを通して

子どものやる気や意欲は
指示命令では育たない!ということを学び

子どもの話を聞くことが安心感や意欲につながっていく!と実感。

ついつい
アドバイスしたくなるのは母心ですが…

子どもが自分から話をする時って
認めて欲しい!褒めて欲しい!そんな気持ちがいっぱいなので

大切なのは

その気持ちを満たしてあげること
子どもが言われてうれしいことばをかけてあげること

そう気づきました。

ママに話を聞いてもらえた!という喜び
ママが認めてくれた!という安心感で心が満たされると
子どもは色々なことに挑戦する意欲が出てくるようです。

ということで

子どものやる気や意欲を引き出す
ママに言われて「うれしいことば」をご紹介します!

それは…『言われてうれしい♪ さしすせそ』

…さすが!
…知らなかったわ~
…すごい!、すてき!
…センスいいね~!
…そういうのって○○ちゃんのいいところだね

子どもの話を聞きながら、「さしすせそ」のあいづちをすると
子どもは笑顔になるんです。

きっと、ママのことばに力をもらって、ぐんぐん伸びていきますよ~

是非、子どもの話を聞く時に思い出して使ってみてくださいね!

 

 

リサとガスパール豆知識ルーレット

当たりがでたらリサとガスパール商品をお得に購入できるクーポン付きルーレット

クリックすれば始まります。


他のコラムに移動すれば何度でもルーレットは回せます!

スポンサーリンク