親子の時間研究所

《連載コラム》笑顔の1年になりますように

明けましておめでとうございます。
イラストレーター・絵本創作家のはっとりまりです。

のんびりペースで更新させていただいている連載コラム『こもれびエッセイ』を今年もよろしくお願いいたします。

 

子育てされている皆さまは年末年始、帰省等で忙しく過ごされたという方も多いのでは・・・。
我が家は、赤ん坊が生まれたばかりということで、私の実家には帰らず、1日だけ夫の実家(夫の実家には親戚の子どもたちが集まり、とても賑やかでした。)に挨拶に行ったほかは近所でのんびり過ごしていました。
長い休みの間、久し振りに家族4人が毎日揃っていました。

今回は、そんな我が家の年末年始のことなど、お話したいと思います。

大晦日の思い出 ​

大晦日はおせち作りをしました。
おせちと言っても、今年は、煮しめと昆布巻きだけです。
毎年、作りたいものを何品か決めて作るのですが、今年は少なく2品にしました。
それでも、朝10時くらいから作り始め、出来上がった頃には日が暮れていました。

この間に赤ん坊の授乳をしたり、あやしたり、おむつを替えたり。
危うく椎茸の煮物を焦がしそうになったのですが、ぎりぎりのところで気がついて火を消すと、味がよく染みた“おいしいたけ”になっていたので一安心。

おせちを作っていると、実家の母のことを思い出します。
多分、戻した椎茸の出汁の匂いが、思い出を呼んでくるのだろうと思います。
母は、毎年大晦日になると、大掃除が済んだぴかぴかの台所で、道具や材料を広げて、なます、煮しめ、酢蓮、数の子などの準備をしていました。
それから、夕食に食べるお蕎麦や海老の天ぷらの仕込みなんかも。

小さい私はお腹が減るので、母のところに行くのですが、まだ何も食べさせてもらえません。
仕方なく、テレビを観ながら一杯やっている父のそばに行って、つまみの殻付き落花生やスルメイカなどをもらいます。

ストーブが温かい家で、戻した椎茸の出汁のいい匂いがしていた大晦日。
両親にもらったほんわかした温かい家族の思い出を自分の子どもたちにも残せたらと思うので、毎年少ない数ながら母の真似をして、おせちを作っているのかもしれません。

お食い初め ​

赤ん坊は大晦日に生後100日を迎えました。
そこで、お正月の1日にお食い初めをしました。
お食い初めのごちそうは、おせちに似ているので、おせちを少しずつ子ども用の器にのせて、お祝いしようということになったのです。

長女のお食い初めも1月でしたが、お正月とは別にして、お頭付きの鯛を焼いたりしていたような・・。
今回は、鯛を割愛。おせちに作った昆布巻きの中身は出世魚のぶりなので、代わりとしました。

2番目は、愛情たっぷりならばという言い訳のもとに、しばしば手を抜かれるということがありますね!

歯固めの小石は、ハート型です。
初詣に行ったときに、長女が神社の境内で見つけてくれました。「歯固め用の石を見つけてね。」とお願いしていたのですが。こういうことは、子どもに任せるのがいちばんですね。じっくり探して、可愛らしい小石を見つけてくれたのでした。

生後100日、振り返るとあっという間です。
首がすわり、笑うようになり、腹ばいからころんと仰向けになれるようになりました。家族みんなに可愛がられ、すくすく元気に育っています。

そのことを感謝しつつ、お祝いをしました。

スポンサーリンク

髪をばっさり ​

私は長かった髪の毛を切りました。
毛先が傷んでいたので、慣れない手つきで切ったりしていましたが、まさに青天の霹靂、突然「髪を短く切ろうと思い立ち、美容室で切ってもらうことにしました。

美容院に行くのはとても久しぶりです。時間をかけてシャンプーをしてもらった時は、人にお世話をしてもらうのってこんな感じなのかぁと赤ん坊の気持ちになったりしていました。
ゆっくり雑誌を眺めたり、美容師さんのプロフェッショナルなはさみさばきを見たり、おしゃべりしたり、楽しいひと時でした。

その間、夫がきょうだい2人を散歩に連れ出してくれました。夫も2人目育児は手慣れたもので、余裕が感じられます。
本人も、「大したことではない。」と言うのが口癖で、大変ありがたいです。

笑顔の1年になりますように。

赤ん坊が生まれてからというもの、長女と過ごす時間が減ってしまいましたが、この年末年始はなるべく長女との時間をとるように心がけました。
トランプやオセロ、カードゲームなどをしたり、久しぶりに一緒に絵も描きました。

一緒に過ごす中で、大いにしゃべり、笑いました。
笑うことで、たくさんのよいことがおとずれるような気がしました。

産後は、家族にとって慌ただしい3ヶ月でしたが、この年末年始でお互いに心の余裕を取り戻せたように思います。
たまにはのんびり家族で過ごす年末年始もよいものだと思いました。

 

今年一年、笑って過ごせるように。
今年の目標は、「笑顔」にしました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

*イラストの無断転載を禁止致します。

 

プロフィール

はっとりまり
イラストレーター、絵本創作家。

イラストレーター、絵本創作家。
主に保育、子育て、子ども関係の
イラストや絵本の仕事に携わる。
前職は保育士。
乳幼児と保護者のためのおはなしかいや、
親子向けのワークショップなども行っている。
趣味は、ピアノ、鍵盤ハーモニカ演奏。

法政大学社会学部社会学科卒

2児の母です。

HP:www.hattorimari.com

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
おそらの絵本バナー1